森友学園への国有地売却問題で、 国との癒着疑惑のもととなったのが、安倍昭恵夫人の名誉校長就任でした。 ホームページに記載されていたものの、発覚してすぐ削除されましたが、学園内のイベントで挨拶をする彼女の映像も、いくつか残っていたようです。 今までのファーストレディの中でも、その活動が目立つ方でしたが、その活発さが仇になったようです。 彼女は星回りでみても、アクティブで好奇心旺盛、多少身体を酷使してでも、様々な活動に挑戦するタイプです。 活動すべき場所を間違ったのが、今回の結果でしょう。 支援者に不当な優遇をしたのか、偏り過ぎた教育方針や、子供への厳しすぎる指導を知りながら学園を支持していたのか、真相が明らかにされるべきです。
学校法人森友学園への、国有地売却問題が日増しに大きくなっています。 最初は土地売却の際の不自然な値引きが報じられましたが、首相夫人が名誉校長とされていたこと、学園の偏り過ぎた教育方針など、この一連の報道は収まる気配がありません。 理事長は、今年後厄年で、画数からみる運勢は混成です。 厄年は人生の節目となる3年間で、混成は最悪の運気です。 本人も今の状況を袋叩きと評しましたが、それは更に悪化を見せるでしょう。
シンガーソングライターのかまやつひろしさんが、今月初めに亡くなっていたと報じられました。 長く闘病中だったそうで、各方面でその死が悔やまれています。 今年は本厄年で、人生の節目の時期でした。 前厄年である昨年から、辛い病気と闘っていたのでしょう。 ご冥福をお祈り致します。
女優の堀北真希さんが引退を発表しました。 家族との時間を大切にするため、キャリアも順調でしたが引退を決めたそうです。 彼女は本厄年に出産しており、その厄年の人生の転換期の流れから、今回の件に至っているようです。 また、今年の運勢は隠退です。 文字通り環境を変えること、積極的な変化よりは、落ち着いた方向への変化が暗示されています。 人生の転換期は、偶然の産物ではありません。
タレントの細川茂樹さんが、昨年末に突如所属事務所から契約解除をされた件で、裁判が行われました。 三ヶ月前からの解雇通知を怠り、急な通告だったために細川さんに有利な結果になりましたが、マネージャーへの暴力行為、パワハラが明らかになり、イメージはガタ落ちです。 彼の生年月日の星回りでは、一見悠然と構えているように見えても、内面に不平不満が溜まりやすい性格と出ています。 また、画数にも主運に14画、それ以外には27画を2つ持っています。 14画も、まさに鬱憤をためやすく、コントロール下手な性質を暗示しています。 また、27画も2つ併せ持つと、非常に攻撃的で、手を付けられない爆発を見せる性格になります。 14画のような鬱屈とした暗示と、27画のような攻撃的でキツい性格の暗示を持つと、両方の双極にある感情を行ったり来たりの、不安定で極端な面が強調されるでしょう。
大手配送業で勤務していた男が、在宅中の男性を刺し殺す事件がありました。 逮捕された男は数年前まで配送会社に勤務しており、被害男性の家はその担当配送区域内であったそうです。 この男は画数に27画を持っています。 27画は、最悪の場合刑事罰に繋がるという凶数で、刃傷沙汰に注意という暗示があります。 被害者の立場であってもこの画数を持つ人がおり、どちらの立場であれ、トラブルとは距離を置くよう注意が必要ですし、感情のコントロールが出来ない人にとっては、別の注意が必要です。 凶数を持つ人全てではありませんが、他の画数との兼ね合いによっても、人格に多かれ少なかれ影響を及ぼすのが画数の暗示です。
故金正日総書記の長男、金正男氏がマレーシアの空港で暗殺され、現地で事件の捜査が進んでいます。 三兄弟の長男でありながら、北朝鮮の政治とは一線を画し、より民主的な政治を望む姿勢を隠していませんでした。 一家で最も聡明と思える人間は、現政権にとっては脅威となっていたのでしょうか、ここにも正恩氏の自信のなさが表れています。 正男氏の人柄は星回りからも表れており、人情に厚く、誠実な人格者です。 また理不尽な事に対して見過ごす事が出来ず、堂々と声を上げたり、行動したりという所も、星回りから暗示されています。本音のままに生きる人なのです。 彼の今年の運勢は混成で、12種の運勢中最悪の運勢です。 彼のような地位の人間でなくとも、トラブル含め全てに注意が必要な時期です。 また、画数からも20画のトラブル運があり、なかなか落ち着かず、葛藤の多い生涯だった事が伺えます。
安倍首相が訪米し、新大統領になってからの初めての首脳会談が行われ、まずまずの評価を得ています。 トランプ大統領は思いのほか好意的な態度を取り、関係性の変化の可能性を示唆しつつも、相性が良いようだと話しました。 実は星回りからみても、二人の相性は悪くありません。 距離を縮めすぎると居心地が悪くなるものの、ビジネスなど一定の距離を保つ関係では、どちらかというとトランプ氏の方が、相手を気にかけ世話を焼きたくなるような気持ちに駆られます。 強引にでも、互いに信頼し合っているという前提を作り、相手をコントロールする狙いもあるでしょうが、だからといっておべっかを使う人間でもありません。 トランプ大統領の発言は、本心からの評価や気持ちが現れていたのでしょう。 相性が比較的良いとは言っても、もちろん二人の考え方は正反対の位置に当たります。
声優の金田朋子さんが、第一子の妊娠を発表しました。 彼女は今年前厄年で、人生の転換期の3年間の最初の年です。 最近はバラエティでも活躍していますが、これからは公私ともに人生が一変し、生活が変わるでしょう。
日本ハムファイターズの大谷選手が、故障を理由にWBCの出場を辞退しました。 期待されていただけに、本人も周囲もショックが大きいようです。 彼の今年の運勢は混成で、12種の運勢中で最悪の運勢です。 故障も含め成績に関しても、葛藤の多い一年になるかもしれません。