モデルのミランダ・カーさんが、かねてより交際していたスナップチャット運営会社のCEOと結婚しました。 彼女は今年前厄年で、人生の転換期の3年間の最初の年です。 また、運命の相手は、繊細な性格で、時代の先を読む力のある人です。 彼女自身は自分が損をしないような計算がしっかりとできるタイプで、社会的な成功を収めている人を手中にする運命にあります。
フジテレビの亀山千広社長が、6月に退任を控え、会見でフジテレビの視聴率低迷と、改善に至らなかったことに触れました。 キー局で視聴率は4位と、トップを独占していた時代に戻る事はできませんでした。 彼の今年の運勢は混成で、12種の運勢中最悪の運勢です。 力が及ばなかったとして退任するわけですが、栄転ではない異動の場合、こういった運勢低調期に起こることもしばしばです。
京都府で、近所の住人に脅迫と暴言を繰り返し、執行猶予付き有罪判決を受けた男が、出所してすぐに同じ脅迫をしたとして、逮捕されました。 この逮捕された男の画数には、27・34画があります。 27画はトラブル運を有し、誤解や軋轢、攻撃的な側面を持っています。 攻撃する側にもされる側にもなりやすい画数ですが、最悪の場合刑事罰に至るという暗示です。 34画も同じくトラブル運で、27画と併せ持った事で、更に人生の浮沈は免れなくなります。 また、今年の運勢は混成という、12種の運勢中最悪の運気です。 拘置所は辛かったと漏らしていたそうですが、更に辛い刑務所で実刑を受けることになります。
WBA世界ミドル級王座決定戦で、不可解な判定により破れた村田諒太選手ですが、WBA会長が誤審を認め再戦を指示しました。 前向きに検討したいとしましたが、今回の判定負けは世界中で話題になるほど酷いものでした。 今年の村田選手の運勢は混成で、12種の運勢中最悪の運気です。 今回のような事態に巻き込まれた事もアンラッキーでしたが、今年中はまだ、様々なことへの注意が必要です。
元KAT-TUNの田中聖さんが、大麻所持の現行犯で逮捕されました。 田中容疑者は、自分のものではないと否定しているそうです。 今年は混成という、12種の運勢中最悪の運気です。 また、画数には22画があります。 色難や鬱憤の溜まりやすい性格を暗示していますが、楽な方向へ流れる、誘惑に弱いという暗示もあります。 このことから、嗜好品等にも依存しやすい性質もあり、むろん薬物はもってのほか、注意が必要です。
「がん患者は働かなければいい」発言で連日ニュースに取り上げられる大西議員ですが、その星回りをみると、騒動続きも頷けます。 ここのところ毎年のように失言を繰り返していますが、星回りからも、思った事を後先考えずに口に出す性格が暗示されています。 本人に悪気が無いため反省もなく、一生を通して失言と誤解を繰り返すでしょう。 前の記事にもありますが、やはり軋轢と非難を産む27画の暗示もあり、星回りとの兼ね合いも考えると、言葉の力が大事な政治家という職業は向いていないと思います。 失言・放言は収まらず、そのうちに誰も彼をかばう事はなくなるでしょう。
大西英男議員が、自民党厚生労働部会で「がん患者は働かなければいい」と発言し、釈明に追われています。 昨年は「巫女さんのくせに」発言もあり、遡れば他にも多くの失言があります。 27画を持っており、トラブル運と軋轢を暗示しています。 また、混成という12種の運勢中最悪の運気です。 これからも失言は続くでしょう。 周囲から見放されるときが、来るかもしれません。
スポーツコメンテーターとして活躍する田中雅美さんが、再婚と妊娠を発表しました。 今年は画数からみる運勢では助成の運勢、そして前厄年です。 厄年のあいだは運命の出会いのチャンスがあり、また結婚にも適した時期です。 一般的な厄年とは違い、凶事ばかりが起こる3年間ではなく、転換期の3年間です。 また、助成は恋愛運の盛り上がりが12種の運勢中、最も高く、やはり恋愛や結婚、妊娠の時期でもあります。 運命の法則どおりの結婚と言えます。
バイオリニストの葉加瀬太郎さんが、年上女性との写真を週刊誌に掲載され、ニュースになりました。 今年は混成の運勢で、月運は助成です。 混成は12種の運勢中最悪の運勢、助成は異性運の盛り上がりがあります。 このような時は、異性トラブルを起こしやすく、場合によってはあまり良くない異性と縁ができるなど、運勢低調期の助成の運勢は、気をつけなくてはならない場合もあります。 不倫などはもってのほか、すぐに転落が始まるでしょう。
タレントの阿川佐和子さんが、結婚を発表しました。 お相手は、6歳年上の元大学教授の方です。 2014-2017年にかけ、お二人は厄年の時期が重なっています。 厄年は運命の出会いの時期でもあり、この間に仲を深めたのでしょう。 厄年での出会いは結婚に繋がるものが多く、まさに運命の法則どおりの展開と言えます。