20171014085642-f7a97863e8c2f8f5b0504eb10f3765c3251b5de4.jpgサイトで外国人観光客が不快に感じる日本人の外国人への行動なる記事を見つけました。

以下に紹介します。

・街中で、電車の中で、バスの中で外国人を見かけると、目で追うのに、目が合えば、気まずそうに目をそらす。

そうですかねえ。

私は特に外国人だからといって、特に注目はしませんが、それはいいとして、別に見てもいいでしょう。

他の国でも外国人が珍しくて、見るだけではなく、人が寄ってくるなんて普通のことです。

目が合うと、逸らすのは日本人の羞恥心の表れで、それを矯正する必要がありますか。

来る方が自分たちは外国人だと認識すればいいだけのことでしょう。

・「箸を使うのが上手ですね」と褒められるのを嫌がる外国人は意外にも多い。

ごく最近まで、箸の使い方が下手な外国人が多く(今でも沢山います)、日本食の店でナイフやフォークを要求するなんてことが結構にありましたよ。

大体、褒められて文句を言うほうが失礼じゃないですか。

・何かしら外国人を褒める機会があった場合、外国人の褒め方は「わー凄い!」であるとか「凄い!」と言いながら拍手をする。

なんでも、こうした褒め方は、外国人からすると、まるで大人が子供を褒める時と同じに見えるのだそうです。

そして「少し考えればわかることですが、海外旅行をした際に英語を話したり、食器をその国のマナーに従って使っただけで「凄い!」と驚かれて拍手されるような場面があるでしょうか?」と続きます。

そうかなあ。

私にはありましたよ。

私の場合はフランス語ですが、少し話しただけで、上手いと褒められました。

それに、日本のマナーは特殊ですから知っていることに驚くことは当たり前でしょう。

長くなるので明日に続きます。

では。

20171013082312-89988c19f7d9b323d2039b5400654818a20d8e82.jpgあるテレビ番組で「弁当に冷凍食品は手抜きか」といったアンケートを実施し、その結果を発表していました。

賛成派は、冷凍食品は手間がはぶける上に美味しいし、何の問題もないと主張します。

反対派は、冷凍食品は味が落ちるし、何より愛情が入っていないと考えるようです。

味については、好き好きですからどちらが正しいとは言えないでしょう。

個人的には私はあまり好きではありません。

味はまあまあ以上ではないし、量も少ないように感じるからです。

それはいいとして、反対派の回答の一つが気になりました。

「冷凍食品はやはり手作りの料理よりも味が落ちるが、妻がいろいろと大変なのはわかっているので文句は言わない」との意見です。

何でしょう。

この人には、自分で作るという考えがすっぽりと抜けているようです。

気に入らなければ自分で作ればいいでしょう。

奥さんが専業主婦であってもです。

多分、家事を一切手伝わないんでしょうね。

だから「文句は言わない」なんて恩きせがましい言葉が出てくる。

また自分のことで申し訳ありませんが、私は結婚していた時は妻の弁当を毎朝作っていました。

フランスにいましたから弁当に入れられるような冷凍食品なんてありませんから、すべて手作り。

共稼ぎで、家事を分担していましたからね。

日本の男性の家事に対する考え方もかなり変わったと言われていますが、実際にはそれほどでもないのでしょうか。

それこそ今の時代は冷凍食品が沢山あるんですから、男性も母親や奥さんに任せず自分で作るようにしたほうがいいでしょう。

では。

20171012074601-2054dbc3d5b99c241023a50ffefd187637253c3c.jpg昨日の続きです。

ゲームは認知能力を高めるとの報告もあります。

アメリカのある大学で、弱視の視覚テストで、満点を取った生徒たちがいました。

全員が満点を取るというのは、異常なことなので、生徒たちの共通点を調べたところ、満点を取った生徒たちは、全員「チーム・フォートレス・クラシック」というゲームをプレイしていたことがわかりました。

ゲームによりアップする能力を、以下に上げます。

細部の注意力、コントラストによる認知力、空間認知能力、 同時に複数の作業をこなすマルチタスク能力、正確で細かい作業、プレッシャーの掛かる状況下での適切な判断力等々。

一つ例を上げると、腹腔鏡手術を手がける医師がビデオゲーム好きのゲーマーである場合、十分な正確さを保ちながら短時間で手術を終えるとのことです。

もちろん、ゲームは長所ばかりで、欠点がないわけというわけではありません。

ゲームを過度に行なうと、脳の前頭葉が萎縮する可能性があります。

脳の前頭葉には、衝動性を制御する自制心の機能があり、これが萎縮すれば、自制機能が働かなくなり、依存症に陥ります。

自分の意志でゲームを辞められないのであれば、注意が必要です。

1日9時間以上もプレイするゲーマーに、中毒の危険性があるとのことです。

また、ゲームは五感を使った遊びにはかないません。

特に幼少期では、五感をフルに使う遊びが重要です。

これらのことを十分にわきまえた上であれば、子供がゲームに興じることに目くじらを立てることはないでしょう。

では。

20171011083328-20e6a5bdf64901cce3a83382e0474956ed688473.jpg少し前に、ゲーム脳という言葉が流行ったことがあります。

簡単に説明すると、ある大学教授が唱えた「ゲームをやってる奴の脳みそは、認知症の患者と同じ状態になっている」との主張から生まれた造語です。

しかし、その根拠になっているのは「この大学教授の主観・推測」と「オリジナル設計の簡易脳波計」でしかありません。

さらに正式な論文もまったく書かれていない。

そのため、まともな学会では議論の対象にすらなったことがないんですね。

にも関わらず、新聞やテレビは興味本位でこぞってこの「ゲーム脳」との造語を取り上げました。

一定の年齢の人間が持っているゲームへの反感にぴったりはまったんでしょう。

そして、この造語はさも本当の脳神経学に基づくものあるかのように一人歩きし始めました。

今でもマスメディアや教育関係者を中心に強力な支持者がいます。

また、多数の親が「ゲームばっかりやってるとゲーム脳になる」などといまだにのたまっているわけです。

ところが、最近の「きちんとした」研究によって、「ゲーム脳」にまつわる思い込みがまったくの間違いであり、ゲームにはさまざまな好ましい効能があることが証明されました。

まず、ゲームは眼に悪いと考えている人が多いと思いますが、実はゲームは眼に良いんです。

カナダのマクマスター大学の研究チームが行った実験によれば、長年白内障を患っている人に、1カ月で計40時間ゲームをプレイしてもらったところ、6人の被験者のうち5人に良い兆候が見られたとのことです。

ゲームをプレイしている間に、ドーパミン・アドレナリンの分泌が活発になり、それによって目を含む脳の各部位が刺激されるからだそうです。

長くなるので明日に続きます。

では。

20171010075129-60911b6d29a0d878fbb1d3037ac93b879b91e435.jpg小池都知事が新党を立ち上げるにあたって、「日本をリセットするために・・・」と宣言ししました。

このリセットとの言葉について、いろいろと批判的な発言をする人がいます。

しかし、こんなのはいわゆるスローガンで、キャッチーな言葉を選んだだけですから、まともに捉えることもないでしょう。

ところで、これに関連して、「あなたは自分の人生をリセットしたいですか?」といったアンケートが行なわれています。

私は、「今度生まれ変わるとしたら男性がいいですか女がいいですか」とか「行けるとすれば過去がいいですか、未来がいいですか」といった絶対に実現するはずがない仮定の質問が嫌いなんですが、それは置くとして、このアンケートの結果を見ると、リセットしたいという人が結構いるんですね。

要するに過去の人生において失敗したことがあるということでしょう。

たとえばもっときちんと勉強して良い大学に行っておけばよかったとか、あの時、転職しなければ良かった感じですね。

まあ、人間は後悔する生き物ですから、仕方がないのでしょうが、わかってないとしか言いようがないですね。

過去のどんな出来事もすべて因果で起きたことです。

なるべくしてなったのであって、他の選択肢なんかなかった。

厳しいことを言わせていただけば、過去を変えたいと考える人は、自分の人生の不調を他者のせいにする傾向があるのではないでしょうか。

現在に不満があり、過去を悔やむ暇があったら、現在を良くする努力をするべきですね。

少々、舌足らずの感がありますが、今日はこれで終わりにします。

では。