タグ「癒し」が付けられているもの

2015-01-30_105638.jpg

[先祖霊の神様を呼ぶ]

1先祖の流れを確認する

「○○さんの魂に聞きます。あなたの先祖の流れを教えて下さい。○○家ですか?」

注 既婚女性の場合、旧姓が先祖の方が居られる。 まれではあるが未婚女性の父方、母ある。

* 特に注意しなければならないのは養子の場合。先祖確認が難しい上に魂を呼んでも反応がない。

2先祖霊を呼ぶ

①二礼二拍手の後、大山積命の名に於いて祐徳稲荷神社に祀られている先祖霊の神様にお願い申し上げます。○○さんの先祖霊の神様、○○家の先祖霊の神様、肉体が今、わたくし○○の前にある○○さんの元へ来て○○さんの魂さんが○○さんとリングTIMで会話をするのに、お力をおかし下さい。3回繰り返した後一拍一礼

②上記動作を続けて3回行う。

③先祖霊の神様がお出で下さっているのを確認。

二礼二拍手の後、大山積命の名に於いて○○さんの元へお出で下さっている○○家の先祖霊の神様にお願い申し上げます。今から○○さんの魂がリングTIMを使って○○さんと会話をします。旨く対話ができるようお力をお貸し下さい。

三回繰り返し一拍一礼

StockSnap_4S23GF9HGW-1024x683.jpg

(18) 水子供養とリングTIMの必要性

相談者が日常的に魂と対話ができるのではなく、施術者の前においてのみ行なうことができる対話技法である。会員以外の人が神仏や魂の想い又は先祖の思いを直接聞くことができるので、行動率が格段に高くなる。

信じて行動することで、相談者の現況が変化し良い結果を生む。

【リングTIMの方法】

  1. 相談者に水子以外の不浄霊が憑いていないことを確認
  2. 相談者の身の周りに魂がいることを確認する。水子が本人に入っている場合は外れている。   

    [事前準備]

    1. リングTIMを相手の利き腕に持たせる。

    (イ) 利き手を高く掲げリングがあごの正面にくるようにする。

    (ロ) 相手には目をとじないように注意しリングを見つめるように支持する。

    (ハ) リングを挟むように両人差し指を差し出す。(10センチ程度)

    (ニ) 「○○さんリングをジット見つめてください。するとリングが私の指に当たるほど左右にゆれますよ。」

    (ホ) 左右にゆれたら、次に両指で円を描き「リングが私の手のように回りだします。」という。

    注 これは催眠術の手法を取り入れています。写真が無いので催眠術関係の本を参考にするといいでしょう。

  3.  全く動かない場合、「これは目の錯覚を利用しています。動かないのがおかしいのですよ」と話す。

    「人間は目からの情報を脳で認識して身体を動かします。あなたは手を高く上げてリングは不安定な状態にあります。その上目を閉じなければ目は疲れて目からの認識が弱くなってきます。微妙に左右に動く私の指を見て、あなたの脳はリングが動いていると錯覚し動くのです。でも、動かしているという感覚は本人にありません。これを不覚筋動といいます。心臓や胃を意識して動かしていないでしょう。あなたは私の指に意識を取られ「動かない」とか考えていたのでしょう。」と説明し再度行う。事務系の方は整合性を求める為に難しい。

    * 確率は低いが説明後も動かない人もいます。その方たちは恐がたり頭が整理されていない場合が多いので、リングを回すことには余り拘らなくてもよい。

    注 クライエントの宗教感を知ることが大事。信じてないとリングTIMは難しい。

7bimechfgfy-ben-white-1024x684.jpg

(3)水子供養が必要な理由

真理の言葉(ダンマバダ)

以前には悪い行いをした人でも、

のちに善によって

つぐなうのならば、

その人はこの世の中を照らす。

雲を離れた月のように。 (ブッダ)

真理のことばはお釈迦さまのことばです。

「悪い行いをした人は善行を行いなさい。そうすることで罪は消え世の役に立てる人間になりますよ。」という私の好きなことばのひとつです。

現世で最も大きな罪は殺人といわれています。

その為、堕胎は現世の罪でいうと殺人になります。

また、不注意による流産、死産などは万引き程度の罪と上座部仏教では考えられています。

過去にその様な悲しい体験をした人は、残りの人生必ず良い行いをして下さい。

旅立ちの時に必ず審判みたいなものがあり、その罪を問われます。

殺人や自殺は最も重い罪ですから、1回の堕胎につき10回以上の善行で天秤があうはずです。

世間にはお寺さんに行って地蔵さんに供物をあげて供養したと思い込もうとしている方も多くいます。

水子供養は仏教の回向の考え方で先祖供養(道教)を元にしています。

1970年代は日本が堕胎天国と呼ばれていた時代でした。

当時は堕胎件数が100万件を超えていました。

毎年100万人もいますから、精神的肉体的にも苦しむ人も出てきて当然なのですが、水子のたたりとの噂が流れました。

そんな中、伝統仏教のお寺さんが、水子供養というのをはじめたと考えられています。(参考文献 大法輪)

ただ、お寺等で行なう水子供養は母親のためであり、水子のためではありません。

協会では「リングTIM」という独自の方法で、水子と会話できるので、母親の心を癒すことができます。

悲しい体験をした人の多くは「幸せに成れない。成ってはいけない。」との想いを無意識に刷り込んでしまいます。

その為に人生を左右する大きな選択の前に立った時、自分にとってベストの道を選んだつもりでも、「幸せにはなってはいけない」という無意識が働き結局不幸な道を選んでしまうのです。

また、神仏との会話は水子霊がこの世を離れたことを確認できるのも大きな利点です。

他ではお坊さんや霊能者のことばを信じるしかありません。

そして、多くの水子霊は母親を許し旅たちますが、水子霊の供養だけでは母親の犯した罪は消えません。

母親がその後の人生で徳積みをすることで、はじめてその罪は相殺されるのです。

なぜ、中絶が大きな罪かというと、勿論殺人ということもありますが、

魂はこの世に生まれ出るまでに300数十年の現世時間を上で過ごします。

(仏教的にいうと天界・阿修羅界・人間界・地獄界・餓鬼界・畜生界の六道がある)

そして、体験したいテーマを見つけたとき、神仏にお願いし、神仏と共に母体を選び母親の体に入ります。

しかし、現世では先輩の魂を持つ(魂のレベルでは逆もある)母親が自らの都合によって、後からくる魂の学びを奪う行為は神仏に対する反逆罪とみなされ大罪となります。

余談ですが、お釈迦様は悟りをえる為には人間界にいなければ成らないといっています。

お釈迦様は人間に生まれる前、兜率天(とそつてん・人間界の上)という世界にいたのですが、悟りを得るために人間界に降りて来たといわれています。

それ程人間に生まれることはすばらしいことなのです。

IMG_2070-1024x683.jpg

(1)スピリヒュアルアドバイザー

スピリチュアルアドバイザーとは

宙叡智の扉を開き、その叡智をもって

人々がかかえる悩みや苦しみを

解決するための提言ができる者の総称である。

人間が作った目に見えない世界の存在、神や仏などと交信をして、その内容を伝えることの出来る者を霊能力者(シャーマン)という。

聖職者が政治の中心であったシャーマニズム文化における聖職者を意味する。

日本では沖縄のユタや恐山のイタコが世界的に知られています。

シャーマニズム文化における霊能力者は、目に見えない世界の存在を自身の体に憑依させる等々の方法で、そのことばを聞いて伝えるという行為ができる者と定義されています。

故に魂を通じ目に見えない存在のことばを聞いて伝えることができる、スピリチュアルアドバイザーは霊能力者であると定義できます。

間違われやすいことばに霊感があります。

霊感とは目に見えない世界の存在を、視覚や聴覚等の五感を使って感じることが出来る能力であり、会話しその内容を伝えることが出来ないので霊能力とは違うのです。

(2)宇宙叡智とは

宇宙叡智とは仏教で言う仏の智恵も意味しますが、私が「宇宙叡智」と考えているのは、「記憶の図書館」みたいなものです。

わたしは死を意識した時がありました。

実際に死を前にすると恐怖で体が動かなくなります。

肉体が無くなるのは怖くないのですが、体験したこと家族や、友人たちとの思い出が一瞬のうちに消えて無くなる。無の恐怖は耐え難いものでした。

そこで「死んだらどうなる」と何年も真剣に考えました。

そして、得た結論が記憶の図書館だったのです。

現在地球上には70億人を超える人々がいます。

年間3割の人々が亡くなっていますので、過去20年を考えても400億人近くの方が亡くなっている計算になります。

新人類が誕生して七万年と言われていますから、現在までに計り知れない人々が亡くなり、目に見えない世界へ旅たったことになります。

では、亡くなった人々の魂はどこへいったのでしょう。

魂といわなくても現世で体験した記憶はどこへいくのでしょう。

前述したように私は記憶が集まる場所があると考えました。

それが記憶の図書館「宇宙の叡智」です。

例えばですが、我々の魂がその記憶の図書館へ行き、相談者が今悩んでいる問題と同じ悩みを過去に経験し解決した人がいると想像できます。その解決した人の体験記録をみることで、解決のヒントを伝えることはできます。