こんにちは。

いつもありがとうございます。

今日はまた、思いこみについて、書きます。

私たちは、意識せずにたくさんの思いこみを持っています。

思いこみの扱いにくいところは、自分では気がつかずに、自分をせまい世界に閉じ込めてしまうことがあるということです。

「あの人がいないと生きていけない」

「あの人がいないと幸せになれない」

こういう思いこみがあると、自分ではとても相手を愛しているような気がしてしまっており、

相手を失ったとき、かなりの悲嘆や絶望を感じることになります。

でも、あえてばっさり言ってしまえば、これらは「思いこみ」 でしかありません。

この思いがエスカレートすると、相手の自由や幸せなどどうでもよい、、

相手は自分が生きるための糧でしかない、、という

扱いになってくることがあります。

自分ではすごく愛しているつもり、、なのですが、自分が生き残るために、ただ必死になっているだけです。

私も、今世でそういう思いに陥ったことがあります。そういう感情的になっているときは、自分のことを冷静にみることは

まず不可能です。思いこみから来た感情と自分が一体化してしまうからです。

「ひとりでは生きていけない」という思いこみがあるときに、別れを告げられたら、

それはまるで死ねと言われているように感じられるかもしれません。

無理に引き剥がされるような痛みを感じるでしょう。

たしかに無理があります。

こういうとき、自分が信じている世界の前提を疑ってみるということが、現状を打開する可能性をひろげます。

「私はひとりでは生きていけない」「あの人がいないと生きていけない」 → 本当にそうですか?

それは思いこみであって、そう信じている間は、確かにひとりで生きていけない気がするでしょう。

でも、その思いこみをやめたら、どうなりますか? 別の思いこみを持ったら、どうですか?

 たとえは 「私はひとりでも生きていける」という思いこみを持っている人の場合、

たとえ恋人に別れを告げられても、ダメージはどうでしょうか?

相手にしがみつく度合いはどうでしょうか?

人は自分が信じているように、世界を体験します。

でも、その「信じていること」は変えることも、やめることもできるのです。

それに気付いているのと、気付いていないのでは、だいぶ変わってきます。

「私にはこれしかない!」 と信じている世界では、本当にそれしかありません。

選択がない世界です。それを失ったら、本当にアウトです。この世の終わりです。

「私にはこれとあれがある」と信じている世界ではどうでしょう。

これがだめなら、あれがある。 になりますね。この世の終わりにはなりません。

だいぶラクになりましたね。

「私にはいろんな可能性がある」と信じている世界ではどうでしょう。

あれも、これも、これも、、だめでも、もっと他に可能性があるかもしれない。

になります。

この人でないとだめ、この人がいないと生きていけない、という思いこみを持つことが

どんなに狭い世界に自分を閉じ込めるか、想像がつきますでしょうか。

そして、人はなぜか

他に道がない、絶望感を、自分がこんなにも相手を愛している という勘違いにすりかえることがあります。

人は、本質的に誰かを愛したいという性質があります。

そうすると、その人しか愛せない、ということは、その人を失ったら愛の体験全体を失うことになります。

人の本質は愛ですので、本質に反することは人にとって本当につらいのです。

ただ、それは勘違いした絶望です。

もしほんとうに愛であれば、相手が離れても、相手の自由や幸せを尊重しながら配慮して愛することはできます。

愛することは、自分の思い通りに相手を操ることではありません。それは愛ではなくコントロールです。

相手を自分の栄養分のように、利用し頼ることでもありません。それは愛ではなく、依存です。

また、愛する対象は、自分を含めて無限に存在しています。

相手がいないと生きていけない=私はこんなにも相手を愛している  ではありません。

そういう思いこみを持っているというだけです。

ぜひ、自分がどんな思いこみをもっているのか調べて、

その思いこみを一度疑ってみてください。

思ってもいない、新しい道がひらけるかもしれません。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

今日は、裁きについて、書きます。

違う言い方をすると、批判、になります。

大変恥ずかしながら、バイロン•ケイティのワークを自分でするようになってから、自分がいかにいろんな人を裁いていたかということに思いいたりました。もう、出てくる出てくる。。

このブログの中でも、実はひそかに批判の気持ちで書いたものがたくさんあります。。もう消してしまいたい気持ちでいっぱいですが、自戒のため、残しておきます。

裁き、批判が消えると、その人のことを本当に慈愛をもって考えることが出来るようになります。

批判の質が悪いのは、あたかも自分が正しく相手が間違っているかのように装いながら、ひそかに自分を上の立場におきながら、相手を攻撃してしまうことです。

怒りや許せないという気持ちはわかりやすい感情ですが、批判は正論という盾の陰に隠れた、巧妙な手段です。

愛をもって批判している、という場合ももちろんあるでしょう。

ただし、批判されて素直に反省するような、批判を信頼して自分に当てはまるか照合する、そんな勇気のある人はあまりいないのではないでしょうか。

おそらく出てくるのは、否定、反感、言い訳、傷付いたという気持ち、、

そして、「あなたは○○すべきである、またはすべきでない」という決めつけは、何より自分の心と体を縛り付けます。

裁きが消えたとき、体の感覚がまったく違うことに気付きます。

平和な、楽な感覚。そして、ありのままの相手への愛を感じることができます。

裁くということが、自分のことも苦しめていたことに気付くことができます。

同じ状況であっても、批判する気持ちが消えた後は、問題に愛をもってアプローチすることが出来るようになるでしょう。

あるいは、相手を変えようとする気持ちを手放し、見守ることが出来るようになるかもしれません。

裁きがないことの平和な感覚を感じたい方は、どうぞケイティのワークをお試しください。

あと、もうひとつ。

どうも、今までの経験や鑑定からわかったことですが、

人は、批判しているもの、相手を人生の中でどうしても引き寄せてしまうようです。

それでは、苦しいですよね。

批判を手放して、早く楽になってしまいましょう。

本日もお読みくださいまして、ありがとうございました。

それでは、前の記事に引き続き、ゆるすための具体的なワークです。

「鏡の法則 +幸せを引き寄せる18のメッセージ」 総合法令出版 より

ゆるすための8つのステップ を紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ステップ1

"ゆるせない人"をリストアップします

A 「この人をゆるすことができたら楽になる」

 「この人と心の底から和解したい」と思える人を紙に書き出します

B リストアップの中の誰に対して「ゆるすための8つのステップ」を行なうかを「ひとり」決めます

ステップ2

自分の感情を吐き出します

A 紙を何枚か用意し、その人に対する自分の感情を書き出します

B その紙を細かく破いて、ゴミ箱に捨てます

ステップ3

行為の動機を探る

A 「ゆるせない」と思った「相手の行為」を紙に書き出します

B 相手がその行為をした「動機」を想像して書き出します

C 相手の行為を「未熟さや不器用さや弱さ」として「理解」します

D 動機に意識を向け、

 「私がそうであるように、○○さんも喜びを味わいたかったんだ」

 「私がそうであるように、○○さんも苦痛を避けたかったんだ」と宣言します。

ステップ4

感謝できることを書き出す

相手に対して「感謝できること」を書き出せるだけ書き出す

ステップ5

言葉の力を使う

A 「私は、私自身の自由とやすらぎと幸せのために、○○さんをゆるします」と一回宣言します。

B「○○さん、ありがとうございます」という言葉を繰り返し唱えます。

ステップ6

誤りたいことを書き出す

相手に対して謝りたいことを書き出します

ステップ7

学んだことを書き出します

その人との関係を通じて何を学んだかを書き出します

ステップ8

「ゆるしました」と宣言します

「私は、○○さんをゆるしました」と宣言します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしょうか。

もちろんこれは、ゆるすことを最初に「選択」することが前提です。

その選択は、誰でもない、ご自分で行なうしかありません。

ゆるす方が楽になるとわかっていても、どうしてもゆるせない、、ということもあるでしょう。

そういうときは、「ゆるせない、そんな自分をゆるす」

そこからはじめてみてください。

いつか ゆるしたい と 思う日が来るかもしれません。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

もう3月です!みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

心の中も、春に近づいていますでしょうか。

以前紹介した、バイロン•ケイティのワーク、やってみた方いますか?

これをやっていると、だんだん問題がなくなってしまい、ヒマになってしまいます(笑

たとえば、ゆるせない思いを持っている人は、「そもそもゆるすもゆるさないもない」し、

苦しみは全部自分でつくっていたこと、もうやめよ〜

という境地にまでワープ?させるものですが、

もしかして、感情にとらわれている方、特にゆるせない、という思いを持ち続けている方にとっては

ゆるせない → ゆるす という移行の方が、想像しやすいことかもしれません。

本日、たまたまテレビでアナ雪が放映されていたのですが、氷がとけることから関連して思うことがあったので

書いておきます。

みなさまは、この世でゆるせない、と思っている相手がいますでしょうか?

ゆるせないことに関しては、心が氷に閉ざされ、こわばり、苦しみにとらわれてしまうのではないでしょうか。

心だけ、冷たく凍りついてしまっているかのように、、

ゆるせないことがあるということは、自分で思うより人生全体に影響し、心の自由からも遠ざかることになります。

過去にも書いたことがあるのですが、ゆるすこと は実は誰にでも出来るヒーリングです。

ゆるされることも、素敵なことです。

それは、まさしく氷の世界がとけていくような奇跡をもたらすことがあります。

アナ雪は、愛は氷をとかす、、というストーリーですが、

ゆるさないうちは、もちろん愛することは出来ないからです。

今日は、有名な「鏡の法則」のコミック版にとてもよい文章がありましたので紹介します。

「鏡の法則 +幸せを引き寄せる18のメッセージ」 総合法令出版 よりの抜粋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「過去から解放されるための「ゆるし」のステップ 

   

「ゆるす」とは「やすらぎ」を選択すること

「ゆるせない」という状態は、過去の出来事に執着して、誰かを責めている心の状態です。

「ゆるせない」と誰かを責めている時、私たちはやすらぎを感じることができません。

ここで私たちは、「ゆるす」か「ゆるさない」かの選択することができます。

中略

ゆるすことで、私たちの体も心もゆるんで、リラックスできます。

そして、過去の呪縛から解放されて、やすらぎと精神的な自由を手に入れることができるのです。

中略

ゆるすとは、過去の出来事へのとらわれを手放し、相手を責めるのをやめ、今この瞬間のやすらぎを選択することです。

ゆるすのは、他の誰でもない、あなた自身のためにゆるすのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とはいえ、どうしたらゆるすことができるかわからない、という方も多いのではないかと思います。

そのために、次の記事で具体的にゆるすためのステップを紹介します。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

今日は「コリ」をほぐす、ということです。

心と体はつながっているな〜 とつくづく感じることが多いのですが、

だいたい、自由に生きられている人って、体のよけいな力が抜けていると思いませんか?

イメージとしては、南国でアロハをきてリラックスしているような感じ?(笑

反対に、

コリがあったり、体が緊張していると、よけいなストレスや老廃物も流れることなく、体に留まってしまうのだそうです。

そうすると、とても切れやすくもなります。

よく融通が効かない人などを「あの人は頭がガチガチだ」という言い方をすることがありますが、

比喩でなく、思考が凝り固まっていると、頭も(物理的にも)凝っているのです。

ほぐす

ゆるめる

ゆさぶる

というのは、体だけでなくて、思考にも必要なんです。

自由に動ける余地を作る、新しいスペースを作る。

凝り固まってしまうと、苦しくても、そこから抜けることが出来ないんですね。

あんまりメンタルのことはわからない、という人は、

体からアプローチする、ほぐすというのもひとつの手です。

また、前の記事に書いた、ケイティのワークなどは、固まっている思考をかなりほぐしてくれます。

もうすぐ、3月、春ですね。

頭も体もやわらかく、健やかに

のびやかに♪

過ごしませんか。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

今日は、本の紹介です。

『新しい自分に目覚める4つの質問』バイロン•ケイティ 著   ダイヤモンド社

これは、驚くべき智慧の本です。

ケイティの日本語HP

http://thework.com/sites/thework/nihongo/thework.asp

よく、苦しみを作っているのは自分だ、といいます。

もう少し言うと、人には信念、価値観、思いこみ等があり、それに現実が反したときにストレスや苦しみを感じます。

なんらかの負の感情が発生しているとき、その背後には、必ず「〜すべき」などという考えがあるということです。

あるいは、特定の決めつけ、解釈があります。

そもそも、自分が何を信じているのか、ということを、普段私たちはあまり自覚していません。

あまりにも自分の中では当たり前になってみて、それを吟味するということがないからです。

仮に、夫に「妻はもっと自分に優しくすべきだ」という考えがあり、実際の妻は優しくないとします。

ここで夫がその考えに執着している限りは、苦しいです。妻を裁いてしまいます。

その考えがなかったら、苦しくないわけです。

そして、その考えが自分の思いこみ、決めつけでしかなかったと気付いたときから

その夫は、苦しみから解放されます。

え? そういう解決のされ方? とびっくりしますか?

確かにこのやり方ですと、心が自由になります。

妻を裁いていなければ、ありのままの妻を愛することが出来るかもしれません。

その方が、結局関係がよくなる可能性もあります。

また、実のところ優しくないのは、夫の方だった、、ことに気付けるかもしれません。

この本では、ストレスになっている自分の考え(思いこみ、信念)などに対して 質問をします。

1それは本当でしょうか(はい、いいえ)

2その考えが本当であると、絶対言い切れますか?(はい、いいえ)

3そう考えるとき(その考えを信じるとき)あなたはどのように反応しますか?

4その考えがなければ、あなたはどうなりますか?

この本では、相手を変えようとすることはしません。状況と戦うこともありません。

あくまで、心の自由を得るための方法です。

おそらく、恒久的な心の平和も、得ることができます。

苦しみを生み出していた自分について、かなりの気づきを喚起されます。

ワークのやり方 

http://thework.com/sites/thework/downloads/little_book/Japanese_LB.pdf

私も、この本を読んでワークを実践してみて、まだたくさん思いこみがあることに気付きました^^:

信念に価値をおいている限り、心はいつまでも自由にならない、ということに気付くことができます。

読んでいて、えっ それも「信念」?

「普通」(当たり前)のことだと思っていた。。ということがたくさんありました。

自分の目には様々なフィルターがかかっていることに気付くことができます。

それが苦しみを作り出しているのですが。

まさに、目からうろこが落ちる、、本と言えます。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

さて、今日は恐れについて書きます。

恐れってきいただけで、何だかいや〜な気がしますか?

そこには、実は触れたくないとか、できれば遭遇したくない。

そんな方が多いと思います。

占いを利用する方の中でも、不安や恐れを回避したくて、それで相談される方が多いようにも感じます。

でも、恐れを何とかしないと、この世界で自由な気持ちで生きていくことは難しいのではないでしょうか。

たとえは、恋愛がしたい、という願いがあったとして、

その楽しい願いの中にさえ、振られるかもしれない、という失恋の恐れはいつも存在します。

恐れを避けて生きることは、実際には不可能なことです。

恐れに関して、

ほとんどの方の反応は、みないふりをする。ないふりをする。が多いです。

ですが、恐れの興味深いところは、逃げているとどこまでも追いかけてくる、ということです。

そもそも、恐れとは何でしょう。

これが恐れです、といって取り出して見せることができますか?

恐れは、自分が頭の中で勝手に作り出した、幻想、です。

それを実際にあるものとして、恐れているのが私たちです。

自分で作り出したものに、おびえて、ふりまわされている。あるいは、とりつかれてしまうことがあります。

私たちは、恐れを感じることを、恐れてしまいます。

そのうち、恐れに遭遇せずにすむ、せまい世界でしか行動できなくなります。

。。。。ではどうしたらいいのでしょう?

恐れから本当に解放されるには、

恐れから逃げるのではなくて、ちょっと大変ですが、正面から直面して、恐れをしっかり感じることです。

。。。。それをしたくないから、逃げているのに? そうです。

逆に、しっかりと感じて、逃げずにしばらくそのままじっとしていることです。

恐れと共にいるということです。

いやなことを言ってすみませんが、これが根本的な解決策です。

覚悟はいります。

そうやって、恐れを感じているとき、

恐れの方が大きく感じますか?

それとも、恐れはあるけれども、自分の全体よりは恐れは小さいと感じますか?

あなたが、自分の作り出した幻想(恐れ)より小さいということはありません。

それなのに、恐れを何か大きな怪物のように拡大して感じてしまいがちです。

実際には、大きな存在のあなたがいて、自分の一部には小さな恐れがあるけれど、

その他の部分では問題なくやっていける、ということに気付くことです。

要は、恐れから自由になるには、恐れと共にいてみて、あ、実は大丈夫なんだ、という感覚をもてるようになることです。

恐れはあるけれども、大丈夫かもしれない。たいしたことない。

自分は、恐れよりずっと大きな存在と思えるようになること。

そうなってしまえば、恐れがあっても、問題にならなくなります。

地味で楽しくないワークかもしれませんが、これをやっておくと

そこから、恐れから解放された人生がはじまります。

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年から記事のタイトルを変えてみました。

今年継続しようと思っているのは、お客さまひとりひとり相談の後、ホオポノポノをすることです。

これは料金に含みません。

ホオポノポノをご存知ない方はこちらから

http://hooponopono-asia.org/www/jp/about_sith/index.html

まあ、これだけではわからないかもしれません^^;

ホオポノポノを初めて知ったとき、私もわかりませんでした。

オカルト? 宗教? と思いました。(占い師がそういうのも変かもしれませんが)

でも、効果があるんです。もちろん程度の差はありますが。。

ホオポノポノでは、問題が起こるのは、潜在意識にある記憶の再生のせいであり、それを消すことで

本来のピュアな状態に帰ると考えます。

確かに私たちは、潜在意識の情報に行動をかなり左右されています。

自分(表層意識)では自由に行動を選択しているつもりでも、実は過去の情報(潜在意識)からくる制限、トラウマ、ブロック、思いこみ、習慣、等々

に無自覚に支配されているところがあります。

運命、宿命、というのも、そういうところから来ている部分があります。

つまり、自由が制限されています。

話が横道にそれましたが、

ホオポノポノは、基本4つの言葉だけでクリーニングができます。

ごめんなさい

ゆるしてください

ありがとう

あいしています

(順番はあまり問題でないそうです)

どうしてこれで情報を消去(クリーニング)できるんでしょう? 不思議ですね。

もちろん、膨大な情報のうちの、一部ではありますが、やってみると確かに何か変わります。

うそだと思ったら、やってみてください。

今年は、お客様が占い師に頼ることなく、自分で自分の心を整えたり、改善できる簡単なツールも

紹介していきたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

12月はなんだか気ぜわしくて、あっという間に時間が過ぎてしまうように感じます。

時間を大切に使いたいときです。

さて、12月にもなると、一年を振り返ってみることもあるかと思います。

今年は「なりたかった自分」に少しでも近づけたのか、、などと考えたりしませんか。

私たちは、よく、「○○がほしい!」「○○になりたい!」とは言いますが、そのための努力をあまり真剣にはせず、

簡単に結果だけがほしい、と思いがちです。

たとえば、お金がほしい、と思ったら、本当はお金を得ている人のように考え、行動するとよいのです。

毎日です。

若さや美しさを保っている人がいたら、そのことで努力している人のように考え、行動する。

毎日の習慣、癖、を変えていくことで、長い間には潜在意識までも変わっていきます。

毎日の積み重ねは大きいです。

3日坊主、という言葉があるように、努力を続けるのは難しく、人格を変えるほどになっていくのには

相当な時間がかかるでしょう。

出会いの中で、この人は素敵だな、と思う人はいますか?

その人はどんな努力をしてその資質を培ってきたのか、想像すると、あるいは質問すると

その人が素敵である理由が見えてきます。

もちろん、どんな人もそありのままで、その人ならでの素晴らしさがあります。

でも、よくなっていこう!と思い、努力するのもとても楽しいことです。

今年を振り返って、そして来年に向けて

何を努力していこう、と決めるのも12月の楽しみかなと思います。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

前出に引き続き、同じ著者の本を紹介したいと思います。

『魂の法則』(ヴィセント•ギリェム署 ナチュラルスピリット社)

この本も、ネット上で無料で公開されています。

霊的存在のイザヤの言葉を伝えたものですが、人生における根本的な疑問に対する答えが書かれています。

「私とは何者か」「なぜ存在するか」「なぜ不公平があるのか」「幸せや不幸とは何か」「真実とは何なのか」

「なぜ生きるのか」「死後にもなにかがあるのだろうか」...

具体的には、「進化の法則」「自由意志の法則」「霊的裁きの法則」「愛の法則」について書かれています。

最初の方で筆者がイザヤに尋ねています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は何のために生まれたのでしょうか?

「君は進化するために生まれてきたのだ。」

進化するとは?

「エゴ(我欲)を愛に変化させていく過程を私は進化と呼ぶ。進化とは、愛することを学ぶことだ。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ただし、「自由意志の法則」があり、魂には自分自身の運命を選び、進化したいか否かを決める自由がある」

のだそうです。それはそうですね。

ただし、真の幸福は愛において進化しないと到達できないとも。

私たちは愛とエゴを混同しているので、愛についての概念が間違ってしまっていることについても詳しく書かれています。

愛しているつもりでも、実はエゴでしかない、ということも多々あるでしょう。

ですが、自分を変えていくには、まず自分をよく知らなければなりません。

自分をよく知るためにも、とても有益な本だと思います。