妖精道のベジタリアン料理...「とうふハンバーグと野菜フルーツサラダ」

.*.゜.☆。゜.。*.☆゜.。.*.☆゜.*.゜.☆。゜.。*.☆゜.。.*.☆゜

世の中一般の人々の食生活は「肉系と砂糖まみれ」の
病気に直行したダメダメ酸性食品食生活です(>_<)
そんな病気直行食事に終止符を打ち
エネルギッシュに生きられる食事の
「食革命」を起こしましょう!(^o^)

私は何年も前にすでに「食革命」と題する本も出しています
来年またさらにリニューアルして出版する予定です...
お楽しみに(^_-)☆

今日はとてもヘルシーでおいしい
妖精道のベジタリアン料理
「とうふハンバーグと野菜フルーツサラダ」をご紹介します

touhu1

一見すると「肉」を使ってあるように見えるでしょう?
ところがそういう動物性はまったく使っていません
とうふで出来たハンバーグです=face_01=

しかも入っている材料が豊富なので
食べた後の満足感がスゴイのです=face_01=

材料の分量はすべて「適量」で行ってください...
食べるご家族の人数ごとに違うわけですので...

材料...

[1]とうふハンバーグ

(1)とうふ(もめん)
(2)ニンジン
(3)しいたけ
(4)ピーマン
(5)オートミール
(6)ミカン
(7)レモン
(8)自家製ダシ【前回の料理で作り方をのせてあります】
(9)しょうゆ
(10)塩
(11)一番絞りゴマ油

[2]とうふハンバーグに付けるタレ

(1)水
(2)しょうゆ
(3)塩
(4)かたくり粉
(5)白すりごま
(6)自家製ダシ
(7)青汁

[3]サラダ

(1)レタス
(2)キャベツ
(3)ミニトマト
(4)リンゴ
(5)バナナ

[4]ドレッシング

(1)豆乳(無調整豆乳...砂糖が入っていなくて豆乳そのままです)
(2)白すりごま
(3)きなこ
(4)小麦粉
(5)塩
(6)自家製ダシ
(7)パセリ粉末

作り方...

[1]とうふハンバーグ

=mark_01=とうふは もめんどうふを使います
ボールに入れたつぶしたとうふに みじん切りにした
ニンジン・シイタケ・ピーマン・オートミール・塩・しょうゆ・自家製ダシ・を入れて混ぜ合わせ レモンを適量絞り入れ 色づけのためのミカンも適量絞り入れます

=mark_01=オートミールはとうふの水気を吸い取らせるために使います...
【※注!...世間では 水気を吸い取る用途にパン粉を使ってますが パン粉にはショートニングが入っているので使わないでください】

=mark_01= 形がくずれないハンバーグにするにはとうふの水気を充分抜くことが大事です...その役割をオートミールがします

=mark_01=3分ほど レンジで温めます...
それは中身が充分煮えるために行うのです...
まずは熱を通した方がフライパンで焼く時に助けになるのです...

=mark_01=一番搾りごま油をフライパンに引き 形を整えたとうふハンバーグを並べ 両面を焼きます...

[2]とうふハンバーグのタレ

=mark_01=水・しょうゆ・塩・白すりごま・自家製ダシ・青汁粉末適量を混ぜ合わせ火にかける(ちょっとふっとうしたらすぐに火を弱火にする)

=mark_01=水溶きかたくり粉を加えゆっくり混ぜる...トロッとしたら火を止める

【※青汁粉末は濃厚なタレにする目的のために用います...スーパーなどのお茶売り場などで置いてあります...ただしその材料が中国製の物も中にはありますので必ず日本製の材料で作ってあるものを使ってください】

[3]サラダのタレ

=mark_01=豆乳・白すりごま・きなこ・小麦粉・塩・自家製ダシを適量混ぜ合わせ それを火にかける さいばしで混ぜ合わせながら沸騰したらすぐに火を止める

[4]野菜とフルーツのサラダ

=mark_01=レタスを一枚づつキレイに洗い 平皿に広げます...キャベツも一枚づつキレイに洗い刻んで リンゴ・バナナ・ミニトマトを並べます...

=mark_01=ドレッシングをかけ 最後にパセリ粉末をかけます

これで「とうふハンバーグと野菜フルーツサラダ」の完成です=w04=

と〜ってもおいしいですよ〜=w04=
あなたも今度作ってみたらいかがでしょう?
このようなヘルシーな食生活をしていたら
あなたもプリカポリカのように何才になっても
エネルギッシュにパワフルに生きられます(^_-)☆

これからもドンドン妖精道の
ヘルシーベジタリアン料理をご紹介して行きますね(^_-)☆


トップ最新記事はこちら→