妖精道のベジタリアン料理「ドライカレー」

【※12月22日~28日ぐらいの「占いタウン」全体のブログ引越の間
削除されてしまった記事が沢山ありますが
その記事を保存してありましたので もう一度載せていきますね...
今日は以前に載せた「ドライカレー」です】
*************************************************:
doraikaree1.jpg
世の中一般の人々の食生活は「肉系と砂糖まみれ」の病気に直行したダメダメ酸性食品食生活です(>_<)
そんな病気直行食事に終止符を打ちエネルギッシュに生きられる食事の
「食革命」を起こしましょう!(^o^)
私は何年も前にすでに「食革命」と題する本も出しています
今年またさらにリニューアルして出版する予定です...お楽しみに(^_-)☆
今日はとてもヘルシーでおいしい
妖精道のベジタリアン料理「干しぶどうと野菜のドライカレー」をご紹介します
動物性はまったく使っていません...すべて植物性で出来たドライカレーです
カレーというとみなさんは今までは出来上がった「カレーのルー」を買っていたと思います...
細長いパッケージに入っているあの練り固めた「カレーの素」...それを「ルー」と言います...
しかし妖精道のベジタリアン料理ではカレー自体は問題ないのですが
ルーとして出来上がっていない単なる「カレー粉」を使うのです
それはスーパーなどで「こしょう」などを置いてあるコーナーで売っています...
市販のカレールーには肉エキスが入っているので肉を食べているのと同じになるのです
ですので絶対買わないでください...
材料の分量はすべて「適量」で行ってください...食べるご家族の人数ごとに違うわけですので...
**************************************************
[材料]
(1)お米(はい芽米か玄米)
(2)ニンジン
(3)ピーマン
(4)高野どうふ
(5)干しぶどう
(6)青のり粉末
(7)カレー粉
(8)塩
(9)しょうゆ
(10)自家製ダシ(作り方は卵とじ風丼の記事で見て下さい)
(11)一番搾り油

[作り方]
★高野どうふを水に戻したら ぎゅっと絞り
それを何枚かに分けて薄切りにし それをさらに線切りにし
それをさらに5ミリ角ぐらいに細かく切る

★ピーマン・ニンジンも同じく細かく切る
★ニンジンの一部はすりおろして置く
★一番搾り油を少量フライパンに引き「高野どうふ」のみを単独で炒める
途中でしょうゆをかけて味付けする...するととてもこんがりした色になり
しかも味も香ばしい匂いがして単独でもおいしくなる...炒めたら 別の容器に移しておく
★次にニンジンをフライパンで炒めるが 最初は油を使わず 少量の水のみで炒める...
★そしてニンジンが柔 らかくなったら ピーマンを加えるが その時 少量の油を入れて炒める...
★ちょうどいいぐらい炒めたら すりおろしたニンジンを加える...
そして 別容器に取って置いた高野どうふも加える...
★いったん火を止め カレー粉・自家製ダシ・塩...を適量入れる...そして もう一度ザッと炒める...
★この時 味付けは これから混ぜるご飯の分も味を付けておく...油もこれから入れるご飯の分も加える...
★火を止めてから ご飯を混ぜる...このようにすると ご飯一粒一粒に色と味がからまって
そのうえ ご飯がつぶれず 一粒一粒が丸々としてとても味もおいしく 全体がキレイに仕上がるのです...
★仕上げに青のり粉末をかけ 干しぶどうを乗せます...
*************************************************
これで「干しぶどうと野菜のドライカレー」の完成です...と~ってもおいしいですよ~
干しぶどうの甘さと すり下ろしニンジンの甘さとカレーの辛みが絶妙の味わいを作り出します...
あなたも今度作ってみたらいかがでしょう?
このようなヘルシーな食生活をしていたら あなたもプリカポリカのように何才になっても
エネルギッシュにパワフルに生きられます(^_-)☆
これからもドンドン妖精道のヘルシーベジタリアン料理をご紹介して行きますね(^_-)☆