妖精道のベジタリアン料理「甘酒」

世の中一般の人々の食生活は「肉系と砂糖まみれ」の
病気に直行したダメダメ酸性食品食生活です(>_<)

その詳しい内容については カテゴリー欄の「妖精道のススメ講座」に載っていますので

そちらから入ってごらんください☆


そんな病気直行食事に終止符を打ち エネルギッシュに生きられる食事の
「食革命」を起こしましょう!

私は何年も前にすでに「食革命」と題する本も出しています
今年またさらにリニューアルして出版する予定です... お楽しみに(^_-)☆
今日はとてもヘルシーでおいしい
妖精道のベジタリアン料理「玄米甘酒」をご紹介します...☆
amazake.jpg
飲み物と言うと 普通 ほとんどの人が気軽に手に入れることのできる もう出来上がっている物...
しかもほとんど砂糖入りの物「コーヒーとか 紅茶とか コーラとか サイダーとか
砂糖入りで果汁?%ジュースとか」を買い 飲んでいます...
しかし 前に「ショウガ湯」を紹介したのですが 「ショウガ」は体の芯から暖める作用を持っていますので
今現在の寒さまっただ中には 特にもちろんのこと 夏でもいつでも飲む習慣をつけてくださいと説明しました...
通勤の人などは 昼食の際の飲み物として持参するのもいいですよね(^_-)☆
そして 今回も とてもヘルシーな自家製飲み物をご紹介します...
それは「甘酒」...これは「甘酒」と言っても別にアルコールが入っているわけではありません...
飲み物としてももちろんいいですし また「自家製甘味料」として 砂糖の代わりに使うとすごく健康的です
*****************************************************
【材料】

(1)玄米1合
(2)米こうじ...200グラム(スーパーなどで すでに200グラム入りで売っています 冷蔵品コーナーにあります)

********************************************************
【作り方】
★玄米1合をまず おかゆにします...
玄米は白米より固いので 普通の炊き方でも 玄米1合の場合
炊飯器の1合の水加減ではなく「1合半ぐらいのメモリ分」入れて炊くお米なのですが
おかゆにする場合は なおのこと水量を多くします...
★普通のお米をおかゆにする場合 普通のお米1合に付き
「3合のメモリ」の水量を入れるのですが 玄米では「3合半の水量」が必要です...
★しかも玄米は固いので 炊飯のスイッチを入れる前に 約2時間ほど水につけたままにしてふやかしてください
★しかし あなたの炊飯器が「3合炊き」の場合 3合までの水量しか入れることができないので
3合半分の水量を入れると 沸騰した時 吹きこぼれますので
※3合炊きの炊飯器では 3合のメモリまでの水量で炊き そして炊きあがった玄米を 大きめのナベに移して
炊きあがった玄米より水を多めに入れ そして水と混ぜて ちょうど雑炊を炊くようにして
おかゆにしてください...
★以下からは↓ 3合炊飯器で炊いた後 ナベに移しておかゆにする例で説明していきます...
★そして沸騰したら 火を弱火にし さいばしで ゆっくりかきまぜながら やわらかさ加減を見ています...
そして 充分やわらかそうになり とろみが出てきたらできあがりなので 火を止めます...
【※注意!どんな時でも料理の間は絶対 火のそばを離れないでください!火のそばを離れることで
うっかりして火災が起こったりするのです...私がいつも言っている『大丈夫・安心』を唱える生活は
このようにいつも危機感知能力の大事さの上に成り立っていることをも 私は同時に教えていますよね?】
★そして できあがったおかゆをフタをせず さまします...しかし完全には冷まさず ちょうど60度ぐらいまで冷ますのです...
【※その60度の温度は みそ汁などの例で言うと「熱いみそ汁」という温度ではなく 
ちょうど「なまぬるい熱さのみそ汁」...ぐらいの温度だと思ってください】
★60度ぐらいにさましたおかゆに もみほぐしてバラバラにした米こうじを入れていきます...
★そして 混ぜ合わせたら それを今度は3合炊きの炊飯器に戻します...
★そして 炊飯器のフタは閉めずに開けっ放しにして フタの代わりにキレイなフキンをかけて
炊飯器の「保温」にセットします...
★炊飯器の「保温」がちょうど 60度ぐらいを保ってくれる温度なので炊飯器を利用するのです...
★この状態で10時間ほど保温しますが 10時間の間 途中で1回~2回かきまぜてください...
★ですから お休みの日などに朝8時頃作り出して 夕方6時頃には出来上がっていることになりますね...
★そして10時間経ったら完成です!
**********************************************************
★時間はこうなのですが 材料的には2つだけなので そんなにめんどうはなく作れますよ...
一度挑戦してみたら いかがでしょう?
★出来上がった時 その甘さにホントにビックリしますよ!
★ちょうど比べると たとえば あるカップ1杯の飲み物に 砂糖をティースプーン4杯ぐらい入れると
もう甘過ぎるほど甘い状態になるわけですが その10倍ぐらい砂糖を入れた甘さに匹敵するのが甘酒の甘さなのです...
★つまり甘酒は 「砂糖の10倍の甘みがあります」!(>_<)!ですから自家製甘味料としてピッタリですし
私はよく「ココナッツシュガー」をオススメしていますが もちろんココナッツシュガーもすごくいいのですが
それよりもお安く自分で作れる甘味料が この「甘酒」ですので これも利用してください...
★しかも保存が利きますので 冷蔵庫にて保存しつつ 甘味料として みりんの代わりに またその他 色々な料理にお使いください
また小分けして冷凍庫に保存したり または 普通に飲み物として お好きなように水でうすめてお飲み下さい...
★通勤の方なども 昼食時の飲み物に持っていくといいと思います...
 

このようなヘルシーな食生活をしていたら あなたもプリカポリカのように何才になっても
エネルギッシュにパワフルに生きられます(^_-)☆
これからもドンドン妖精道の ヘルシーベジタリアン料理をご紹介し て行きますね(^_-)☆