★様々な占い★①の続きです。

カード占い以外の占いを簡単に説明します。


〇占星術

占星術はいわゆる「星占い」です。
太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の惑星も天体の位置や動きなどを利用する占い。
一番有名なホロスコープは人が生まれた時刻と場所から見た星の位置をもとに占う方法。
ホロスコープは人の生まれた時間と生まれた場所をもとに円が12の部屋に分けられている図(チャート)のことです。この12の部屋の中に星座や惑星が入り、その角度とバランスを読み取ります。
今回はざっくりした説明です。
ホロスコープは1分でも生まれた時間が違えば惑星の角度が違ってくるので、例えば双子であったとしても1人1人違う運命を持っているといえます。


〇水晶球

水晶球占いは水晶の中に浮かんできたイメージで占います。これをスクライイングといいます。
一般的にハロウィンとして親しまれている魔女のソーウィンというお祭りは、1年の中で占いをするのに最も適した日と言われています。
この日にその年1年(翌年のソーウィンまで)がどのような年になるかを占うのです。

それが見えるようになるためには高度な訓練が必要です。


〇ダウジング占い

ダウジングはYESかNOか見たり、失くした物を探したり、数字を使って確率を出したりする占いです。
ヒモの先に石や金属(真鍮が一番多いようです)がついており、これをペンデュラムといいます。
そもそもダウジングとは、金属の棒等(L型やY型のロッド)を使い地下水脈や金の鉱脈のある場所を探し当てるものでした。


〇紅茶占い

紅茶占いが流行った19世紀頃は、紅茶を注ぐときにちゃこしが使われることがあまりありませんでした。
そのため、飲み干したカップの中には紅茶の茶葉がよく残ったのです。その茶葉の形をシンボルに見立てたり、枚数から吉凶を占いました。
映画「ハリーポッター」でも紅茶占いが登場しています。
そしてこちらは、紅茶占い用に作られた占いキットです。カフェオレボウルサイズの大きなカップです。

^27538141716D31F40E54F1913512F5117EF02BF849C05DC584^pimgpsh_fullsize_distr.jpg

〇手相(手相画像)

手相といえば東洋の手相占いをイメージされる方が多いと思いますが、西洋にも手相占いはあります。
西洋の手相占いは、西洋占星術と深くかかわっています。手のひら全体に7つの惑星が割り当てられていたり、ライン、形、シミなどから読んでいきます。
英語ではこれをAstro palmistry占星手相学と呼びます。

いかがでしたか?

興味のある占いはありましたか?

★占いって当たるの?★では、タロットカードを例にしましたが、他にもたくさんあります。

占星術、手相、易、水晶球、ダウジング、ルーン等...。

一度は見たり聞いたりしたことのあるものばかりだと思います。

これらの違いは占い方だけでなく、東洋か西洋かの2つにも分けることができます。(東洋といえば手相や易をイメージされる方も多いと思いますが、西洋にも手相占いがあります)

占い方は知りたい内容によって使い分けることもできます。


ここでは西洋の占いをメインにご紹介します。


◆カード占い◆
カード占いには一般に「トランプ」「タロット」占いのことをさします。
特にトランプは魔女の占い道具としてよく使われていました。
タロットもトランプも基本的には近い未来のことや現在の隠れた秘密などのことを見るのにとても有効な占い方法です。


〇タロットカード

タロットカードの起源ははっきりとわかっていませんが、1377年ドイツ僧のヨハネスが「タロットカードらしきカード」が輸入されたと記録を残しています。
現存している最も古いタロットカードは1392年に作られたジャックマン・グランゴヌール版です。これはシャルル6世が宮廷画家に描かせたもので、パリの国立図書館に所蔵されています。
このカードは現在主流になっているウェイト版のようにすべてが絵札ではなく、絵札と数札のデッキのようです。
グランゴヌール作の別セットのタロットが存在しますが、タロットはグランゴヌールのオリジナルの作品というわけではなく、シャルル6世に「模写して描け」と指示されたという記録が残されています。
このグランゴヌール版のもとになったものが何なのかははっきりとした記述がなくわかっていません。

★ウェイト版あれこれ①②③★ウェイト版の紹介はこちら

〇トランプ占い

占い道具としては最も人の手に触れられているのがトランプといえるでしょう。このトランプでも占いができます。
実はこのトランプ発祥についてもよくわかっていません。中国やインド、エジプトで生まれたのではないかと言われていて、13世紀に中東へ、19世紀にはヨーロッパで大ブームになりました。

ハート、スペード、ダイヤ、クラブのマークをスートといい、暗示されているものがあり、カード1枚1枚が意味を持っています。

ちなみにこのトランプという呼び名は外国人がゲーム中に「Trump!切り札!」と叫んだのを日本人が聞いて、「トランプ」と日本では呼ばれるようになったそうです。

②へ続く...

私が鑑定をお受けさせて頂く前に必ずさせて頂いている話しがあります。

もし、占いで「明日あなたは道を歩いていたら車にひかれます。」

という結果を伝えられて、翌日まったくその通りになったらどうしますか?

車に轢かれながら「あ~...占いが当たったなぁ!」なんて呑気に考える人はまずいないと思います(苦笑)

「明日道を歩いていたら車にぶつかる」という未来をどう外すか。

つまり、「悪い未来をどう外すか」が占いなのです。

このように皆さんにお話しさせて頂いています。

そうすると、皆さん「あー...なるほど」と納得されます。

占いというのは実は当てるのは結構簡単なのです。

理由は当たるように出来ているから...。(不思議ですね)


そして、先ほどの例にあるように「どう外すか」をタロットカードだったら、それをカードから読み取ることができるのが真の占い師です。

以上はホームページでも書かせて頂いていることなのですが、こんなことがありました。
(この話しは許可を頂いて書かせて頂いているものです)

鑑定も終わり、雑談中にクライアントの方が

「お盆に連休が取れなかったので、来月の〇日~〇日まで連休を取って、家族サービスをしようと思います。」と、話しをされました。

何となく気になったので、カードを開いてみると(本人の了承を得て)

「決めていた休みの日を1週間ずらしたほうが良い」と出ました。

そのことを伝えてクライアントさんはその通りにお休みの日を変更しました。

結果、元々休みの日を取ろうと思っていた日に行くはずだった旅館が火事になったということでした。
私も後から聞いて、「あぁ、なるほど...」と思ったのと同時に、もしその時に占いで確認していなかったら...と思うとぞっとしました。

このように、カードは悪い未来を避ける対策を出してくれるのです。

皆さん、こんばんは。

気付けばもう3月です。すみません、ブログの更新をまたサボっていました...。

実は先月に頸を痛めまして、まだお仕事の完全復活ができておりません。一時は痛くて起き上がることもできないような状態だったのですが、今は何とか動けるようにはなりました。体調はまだ悪く、皆様に大変ご迷惑をお掛けしています。

少しづつ、何かできることを...と思ったときに、このブログの存在を思い出しました。

県外でのイベントのお知らせ、ウェイト版タロットカードの紹介をさせて頂いていましたが、皆さんに知って頂きたいことは占いや魔女についてなどまだまだたくさんあります!

今までサボっていた分、1日3記事を目標に更新していきたいと思いますので、皆さまぜひ楽しみにしていてくださいね!(ドキドキ)

突然ですが、年末年始に向けて少しでも皆さんにつつがなく過ごして頂くお手伝いをさせていただきたいと思い、

「無料!遠隔一斉ヒーリング」

を行います。

お申込み頂いた方全員に同日同時刻に一斉ヒーリングをさせて頂きます。女性の方ならどなたでもお申込み頂けます。
締め切りは 12/4 23:00 迄 とさせて頂きます。
ヒーリング日時などの詳細はお申込み頂いた方に、締め切り後にお送り致します。

ご希望の方は必要事項を記入してメール(bastet.ld.lab*gmail.com *の部分を@に換えて下さい)にてお申し込みください。
皆さまからのご応募お待ちしております。

■お名前
■年齢
■血液型
■お住まい(都道府県市町村)
■応募の動機
例)最近疲れがたまっている、ストレスが多いなど
■特にヒーリングしてほしい箇所

☆ここからは必須ではありませんがより高い効果をお望みの場合は下記もお送りください。
1.最近3か月以内の写真(※プリクラやアプリで修正・加工された写真は使えません)
2.生年月日
3.市町村以降の住所

以上のうち1つでも多くあればより効果があります。
また、より効果的なものから順に1~3にしてあります。
(2よりも1がある方、3よりも2のある方がより効果的、という意味です)

御質問、ご要望等誤差いましたらなんでもお気軽にお尋ねください。

占い師としての話、魔女としての話というのを今までここを含めてあちこちで書いてきましたが、このブログではそれに加えて実際にご相談があったことや師匠に教わったことなどを含めて霊についてや霊障、あの世などの事についてもいろいろ書いてみようかと思います。そうした

「見えない世界」

についてもこれからは力を入れて書いていきたいと思っています。

読んでくださっている方からもし「こんなのは?」というご質問を頂いたらそうしたご質問についてもできるだけ書いていきたいと思っています。

今回はウエイトベースタロットについてです。

ウエイト版は色々なカードのベースになっています。 今世界中で次々と生まれている様々なカードの殆どがウエイト版をベースにしている、といっても過言ではありません。マルセイユ版などのウエイト版とは関係がないものでも有名なデッキはありますが、やはりウエイト版ベースが圧倒的です。その中でも、ウエイト版をベースに、というよりも「ウエイト版に何かをした」というデッキもいくつか出てきています。今回取り上げるのはその例の一部です。

まず「UNIVERSAL WAIT」です。

UNIVERSAL WAIT.jpg

これは、全体的に線を淡くして、その分色を強烈にした感じにアレンジされています。構図などは本来のウエイト版と同じですが、広げてみるとかなり違うカードという感じがします。裏面は紺に金の星です。

次は「TAROT OF THE NEW VISION」です。

TAROT OF THE NEW VISION.jpg

このカードはよく見るとお分かりのように「ウエイト版の絵柄を全て後ろから見た絵」にしてしまっています。ともかくひたすら後姿の数々で見ているだけでもとても面白いデッキです。当然、本来のカードにはまるで描かれていない部分も描くわけですから作者の想像もかなり入っています。しかし、それは突拍子もない想像ばかりではなく「ああ、なるほど」と思わせる、本来のカードを忠実に解釈した上の想像になっているものが多いように思います。もちろん、突拍子もない想像と言えなくもないものも多少ありますが、それはそれで面白いです。

そしてその次は「UNIVERSAL TRANSPARENT TAROT」です。

UNIVERSAL TRANSPARENT TAROT.jpg

これは透明のプラスチックに印刷された独特のカードです。ちょっとこれで占いをするのは無理がありすぎると思いますが面白いデッキなのは間違いありません。写真の愚者はカードの左上に描かれていますが、他にも左上、右下、左下とカードによって色々な位置に配置されています。残念なのはカードと同じ材質で作られた透明のケースがかなりもろく、ふたなどの折り曲げるところが割れてきてしまう事です。でも、このカードと同じ大きさの背景の絵を差し込めば(箱には愚者の人物と犬だけが描かれているので)、愚者を色々な所に旅させることが出黄、文字通り「愚者の旅」をいろいろ想像して遊べます。

このようにウエイト版の絵柄を構図そのままに描きなおしたもの、裏側などといった形に描きなおしたもの、構図は変わらないものの透明な材質といった遊び心のあるものなどが生まれています。次回は、ウエイト版そのものを何かしたのではなく、ウエイト版の構図をもとに自由に創られたいわゆる「ウエイト系デッキ」のお話を書く予定です。

次は「Pamela Colman Smith Commemorative Set」です。

ウエイト版が初めて製作された1909年当時の原画を(原画自体は残っていないので)資料に基づいて忠実に再現したタロットデッキを中心に、パメラに関連するものなどが「これでもか!」という感じに詰め込まれています。まず外側のボックスです。外箱表面と外箱背表紙の縮尺が同じではないので、大きがわかるように比較対象として中に入っているカードデッキを並べてあります。

ウエイト004.jpg

箱を開くと、このようになっていて、

ウエイト005.jpgのサムネイル画像

これを観音開きにさらにあけると、

ウエイト006.jpg

このようになっています。

セット内容は、
1 タロットカード「The Smith-Waite Centennial Tarot Deck
2 タロットバッグ
3 「The Artwork and Times of Pamela Colman Smith by Stuart R. Kaplan(全102P)」というブックレット
4 ウエイトが書いたウエイト版タロット解説書である「The Pictorial Key to the Tarot(全239P 英文)」
5 Pamela Colman Smithのアートワーク(3枚)
6 Pamela Colman Smithの写真(1枚)
7 ポストカード(6枚)
8 スプレッドガイドシート(1枚)

となっています。まず、箱の左側に3~8が入っています。本が2冊です。左は「パメラの画集」(上記3)で右が「タロット図説」(上記4)です。

ウエイト007.jpgのサムネイル画像

さらに、

ウエイト008.jpg

上段中央:Pamela Colman Smithの写真(1枚、上記6)
上段両脇・中段右:Pamela Colman Smithのアートワーク(3枚、上記5)

中段左:ポストカード(6枚、上記7)

下段右:スプレッドガイドシート(1枚、上記8)
下段左:セット内容一覧

となっています。続いてはこの右側には、

20160828204925-8ebbc6648e53d5e613a767ae086bdcd47e68118f.jpg

タロットカードThe Smith-Waite Centennial Tarot Deck」 (上記1)と「タロットバッグ」(上記2)が入っています。尚、この記事の一番上の写真のカードデッキは箱に入っていますが、これは場カードだけ別売りしているもので、このセットに入っているのはこの写真をよく見て頂くとわかるように「中箱なし」になっています。

これはこの豪華セットの他に一番上の写真のような箱入りのカードのみのものと、下の写真のようなスチール缶入りのミニサイズがあります。

ウエイト010.jpgのサムネイル画像

以上ここまででご紹介したウエイト版がパメラ・コールマン・スミスの筆によるオリジナルのウエイト版タロットです。次はこれをベースにしたウエイト版(厳密にはウエイト版系)のカードのご紹介をします。

ここから数回に分けてウエイト版タロットについてを書いていきます。
私のもう一つのブログ「乙月あやめの日々是好日」に以前書いたものに加筆訂正したものです。

タロットカードといえばなんといってもウエイト版です。
このウエイト版は

①多くのカードのベースになっている(世界中で次々と生まれているタロットカードの殆どはウエイト版をベースにアレンジしています)
②初めてのオール絵札(これ以前のカードは小アルカナがトランプと同じような数札のものが全てと言っていいくらいにです)

という主に2点の特徴から「タロットを学ぶにはウエイトから」と言えると思っています。事実、ウエイトが使いこなせれば他のカードを使うことは(トート版のような特殊なものを除いては)簡単です。そんなわけで、師匠の所のコレクションをお借りして写真を沢山撮らせて頂いたので、それらの写真をご紹介しつつ、これから数回に分けてウエイト版とその周辺についてを書いていこうと思っています。

下の写真がいわゆるライダー・ウエイト版と呼ばれるものの代表的なもの3つです。

ウエイト001.jpg

・左の青い箱が1909年に出されたものと同じ元々のライダー版(Original Rider)です。
・中央の黄色い箱が今普通に売られているものです。
・右側はウエイト版タロット誕生100周年記念で2009年に作られた豪華8点セットの「Pamela Colman Smith Commemorative Set」です。

基本的に図柄はどれも同じなのですが、下の写真でもわかるように色合いなどが結構異なります。

ウエイト002.jpg

一番左が「Pamela Colman Smith Commemorative Set」のカードでこれが一番パメラ・コールマン・スミスの原画に忠実な印刷です。
真ん中が青箱のものです。原画より色がよく言えばはっきりとした感じ、意地の悪い言い方をしてしまうとどぎつい感じになってきますが、それでも一番左の普及版である黄色い箱のものよりも色合いが柔らかいです。ウエイト版の色の変遷をこうして並べてみると面白いと思います。

一番左の一番ポピュラーなデッキ(カードの組の事です)は単に箱の中にカードが入っているだけですが、他はカード以外のものも入っています。まづ、写真真ん中のオリジナル・ライダー・ウエイト版が下の写真です。

20160827024746-b16d81e818dd7e5624f3153cbc52d6fa4efa5f8d.jpg

今でこそ「ライダー版=黄色」というイメージが定着していますが、元々はこの青箱だったのです。箱の中には「解説書」「カード」「ケルト十字スプレッドの配置が書いてある紙」が入っています。しかも「ライダー版」という名前は本当はこの「ライダー社から出たウエイト版」という意味からきているのです。ですから、ウエイト版=ライダー版と思っている人は多いですが、本当は「ライダー版と言ったらこの青箱のものだけ」を指しているのです。

さて、ウエイトはケルト十字スプレッドを強く推奨していました。なので、その配置図のかいた紙が入っています。また、写真左上に移っている箱の中に入っている長細い小さな本が「The Key to the Tarot (タロットの鍵)」というタイトルのウエイト自身の手によるウエイト版の解説書です。ウエイトの英語彼が凝った言い回しが好きな上にそんなに文章が上手ではなかったという事情で大変読みにくい英語で書かれています。これは別に私の個人的な感想ではなく、知り合いのイギリス人、アメリカ人数人から見てもへたくそで読みにくい英語で書かれているとのことでした。この本はカードとのセットだけではなく、独立した出版物としても出されていて、そちらはタイトルもちょっと変わっていて「The Pictorial Key to the Tarot(タロット図解)」となっています。でもどちらも文章だけの構成で大きさと表紙などの体裁以外は全く同じですからなぜタイトルが違うのかよくわかりません。尚この本は全訳が出版されていないのですが(抄訳はアレクサンドリア・木星王氏の手により何度か判型を変えて出版されています)、最近ではなんとWeb上に無料で読める形で全訳が紹介されています。

(その2に続く)

記事について

今までもう一つのブログで書いたものや、他のメディアなどで発表したものなどに加筆訂正を加えてこちらでアップしていこうか、と思います。

今までやりっぱなしが多かったので、これを機会に少しづつですが、まとめていきたいと思います。