★占いって当たるの?★

私が鑑定をお受けさせて頂く前に必ずさせて頂いている話しがあります。

もし、占いで「明日あなたは道を歩いていたら車にひかれます。」

という結果を伝えられて、翌日まったくその通りになったらどうしますか?

車に轢かれながら「あ~...占いが当たったなぁ!」なんて呑気に考える人はまずいないと思います(苦笑)

「明日道を歩いていたら車にぶつかる」という未来をどう外すか。

つまり、「悪い未来をどう外すか」が占いなのです。

このように皆さんにお話しさせて頂いています。

そうすると、皆さん「あー...なるほど」と納得されます。

占いというのは実は当てるのは結構簡単なのです。

理由は当たるように出来ているから...。(不思議ですね)


そして、先ほどの例にあるように「どう外すか」をタロットカードだったら、それをカードから読み取ることができるのが真の占い師です。

以上はホームページでも書かせて頂いていることなのですが、こんなことがありました。
(この話しは許可を頂いて書かせて頂いているものです)

鑑定も終わり、雑談中にクライアントの方が

「お盆に連休が取れなかったので、来月の〇日~〇日まで連休を取って、家族サービスをしようと思います。」と、話しをされました。

何となく気になったので、カードを開いてみると(本人の了承を得て)

「決めていた休みの日を1週間ずらしたほうが良い」と出ました。

そのことを伝えてクライアントさんはその通りにお休みの日を変更しました。

結果、元々休みの日を取ろうと思っていた日に行くはずだった旅館が火事になったということでした。
私も後から聞いて、「あぁ、なるほど...」と思ったのと同時に、もしその時に占いで確認していなかったら...と思うとぞっとしました。

このように、カードは悪い未来を避ける対策を出してくれるのです。