20170927202302-1c9e3879f41c777533e946c32a5067882b4eefb7.jpg

心のブロックってなんで出来るかご存知ですか??

これは、自己防衛のなれの果てなんです。

すごく悲しい思いやショックなことがあったとします。

悲しい!辛い!そんなことされたくない!って言えない状況が続いた時に、人は感情を出すのを諦めます。

そして、悲しい、辛い、そんなことされたくない、に蓋をして、
何も感じないように努める...それが長い間続いたらどうなると思いますか??


無感情になるんです。


感情を出すのが下手になったり、笑えなくなったり、いつも心のどこかに虚しさを抱えるようになります。

そして、いつしか蓋をつくったことすら忘れて色んなものに埋もれていってしまったものが、
心のブロックとして残るんですね。

悲しい、辛いを感じたくない!っていうブロックになるんです。

感じたくないの下には何が隠れているかというと、
感じたことを伝えると無視される、とか、受け入れてもらえない、とかです。

無視されたり受け入れてもらえなかったりすると、傷つきます。

傷つくのが怖いのです。怖くて怖くて仕方ないから、
自分を守るために「悲しい、辛い」に蓋をして感じないようにしてきただけなんですよね。

これは悲しい、辛いを感じきることでブロックがはずれて蓋が消えます。

そうすることで、パートナーや周りに「それをされると傷つく」という言葉が言えるようになるんです。

感じきるってどうするのか?

大きく息を吐いて、小難しいことを考えずに辛い!悲しい!を体感する。
怖い!こんな自分もう嫌だ!とか言いながら(笑)

そうすると感じなくなる瞬間がきます。

それはまるで子供の頃、何か悲しいことがあって泣いていたのに
最終的に何が悲しくて泣いていたのか忘れちゃって泣き止んだ状況と似てるなーと、
私は思うんですよね。(分かりにくいかもですけど。笑)

大人になると知識がつくので、アレコレ余計なことを考えてしまいがち...
実際はそういうことは必要なくて、ただ泣く、ただ怒るという具合に、
ただ湧きあがる感情を感じるだけ
でいいというすごくシンプルなものなんです。

これをするのが、ものすっごく怖いんですけどね(笑)

自分の核から出ている正真正銘の「本音」の部分ですから。

心のブロックは「自己防衛」...今の自分には必要ないなと思ったら、
手放すために今日ご紹介した方法を実践してみてはいかがでしょうか?


占い・鑑定 ブログランキングへ

20170927195321-977215d705da2141b195da8b642b0fc92bc138a3.jpg

日本には古代より、空気を揺るがすことによって、内なる神を呼び起こし、魂を奮い立たせようとする儀式がありました。

空気を揺るがすといっても、特殊なことをするわけではありません。

今でも行なわれている行為...たとえば、神社で柏手を打ったり、鈴を鳴らしたりといったことなんですね。

これを、「魂振(タマフリ)」の儀式と呼びます。

この儀式は今、いたって日常的な習慣として、定着しているのです。

出かける人を見送る時に「行ってらっしゃい」と手を振って見送りますね。

子供が学校に行く際にもそうしますし、長旅に出る人を見送る時にも、手を振ります。

万葉の時代になると、この「魂振(タマフリ)」の儀式は、恋のまじないにも活用されてきました。

これらは、手や着物の袖を振ることで、神を招き、そのお加護のもとに

安全に旅ができるように、
意中の相手に想いが伝わるように、

そういう祈りから始まっているんだとか。

生きている者の魂というのは不安定なもので、放っておくと体から遊離してしまうと考えられてきたんです。

魂が体から完全に遊離してしまうと、人は死んでしまいます。

この遊離しようとする魂を体へ鎮め、繋ぎとめておくのが「鎮魂(タマシズメ)」の儀式となるわけです。

魂を体にとどめておくのは、魂の活力ということになるわけですが、
活力が無くなってくる、というのは生気がなくなり、「氣」が枯れることに通じます。

人が活き活きと生きていくためには、
この穢れを祓い、魂を活性化させなければならないわけです。

肉体へ魂をとどめて、活性化させる...これが、鎮魂と魂振の儀式になるわけなんですね。


占い・鑑定 ブログランキングへ

20170924213645-02e47f2d10fa87abf7427f08fd4c96271c332846.jpg

自分のためになることって何故かお金はかからなかったり、
もしかかったとしてもいつの間にか使った分のお金が戻ってきたり、
その月の出費が思ったほどいかなくて結果的にトントンになったりします。

もしも、お金の循環が悪いと感じているならば、
感情に「蓋」をしているせいで不要なものにエネルギーやお金を使っている可能性大!!

どういうことかというと、自分の本音と向き合わず、
自分の中にある不安感や寂しさなんかに蓋をして、
そのすり替えで自分を満たそうといるってことなんですね。

本質的な行動のベースが、不安感、寂しさ、無価値観などのすり替えだった場合、
根本的な解決にはなりませんから、自分の中の何かを満たしたり、解消したりすることは出来ません。

一時的に満足感は得られるかもしれませんが、
問題をすり替えているわけですから、すぐに渇いて、何か別のもので満たそうとし始めます。

つまり、エネルギーとお金は無駄に浪費されただけで、
自分の中にあった不安感も寂しさも無価値観も何も満たされず、
下手すると部屋で一人になった時に途方もない「虚しさ」や「疲れ」が
追加されてしまうこともあるかもしれません!

じゃあ、どうしたらいいのか?

すごく嫌な作業ですが、
自分の中にある、寂しさ、悲しさ、無価値観、不安などを一度取り出して、見て感じてみることです。

本当は随分前に感じきれば良かっただけの感情が長い年月放置された結果、
何が何やら分からないほどに渦を巻いていたりするかもしれません。

それを丸ごと感じてみることで、
自分の中の満たされなかった思いが少しずつ解消されていくんですね。

この時に、これはいつの感情だろう?とは頭で考えないこと。

「悲しい」なら「悲しい」、「不安」なら「不安」、それを感じるだけでOK。

何も考えなくても映像でポコポコ浮かんでくる方もいらっしゃるだろうし、
色だったり、温度だったり、味だったりする人もいるかもしれません。

理由やなんで?はどうでもいいんですよ。
だって、「悲しい」もんは「悲しい」んだし、「怖い」もんは「怖い」んですもん(笑)

大事なのはその感情を昇華してあげるという行為なんです。

以前も少しお話しましたが、
自分の中には自分自身を幸せにしてくれるエネルギーで溢れています。

それが自分の中にある「何か」と向き合ってこなかったばかりに
「満たされない自分」を作り出す状況を常に引き寄せていただけのことだったんです。

自分と向き合うってすごく勇気のいることですけどね。

怖くて怖くて、「降ります!!」って叫びたくなるくらいです(笑)

ビックリするくらい情けない自分を見つけてしまったり、
私はそんな人間じゃない!って言いたくなるくらい真っ黒な自分と出会ったり...(笑)

でも、それもひっくるめて自分自身です。

自分の中を見てみて、そんな自分もアリだよね!と言ってあげると、
自分の核との繋がりが強くなるような気がします。

核と繋がることで、ブレない自分になるし、不思議と大きく人の道から逸れたりすることはないんですよ。

真っ黒な自分であっても、それは自分自身を守るために存在しているんだと思いますしね。

攻撃されっぱなしでニコニコ笑ってるほど素晴らしい人間だと思うなよ!!
ってことなんじゃないかなーって(笑)

無駄なエネルギーを使うのをやめることで、
自分の必要な場所へその分エネルギーが向かうことになるわけですから、
上手くいかないはずがないんですよね。

お金が必要なのであれば、お金を運んできてくれるし、
人脈が必要なのであれば、出会いを運んできてくれます。

だから、本当に必要なことにお金を使っても巡り巡って戻ってくるんですよね。不思議なことですけど。

自分を大事にするってことは、自分の中にある感情や自分の意外な一面なんかも
「そんな私もいいじゃん!」って言ってあげることなんじゃないかなーって思います。

今日のブログでなんか分からないけどザワザワしたって方は、
少しばかり立ち止まって自分の中を見てみるチャンスかもしれませんよ。


占い・鑑定 ブログランキングへ

20170924203711-5e6e86328cf7be68034cbb91ccb7c9eeb741e375.jpg

お経を読むということ、お祈りをするということ...
何かマイナスに考えてしまった時、しばしば映画やドラマなんかで
牧師さまや神父さまに「祈りなさい」と言われる場面を見ますよね?

スピリチュアルな日記を書く方々も
しばしばそのようにおっしゃることもあるようです。

私自身もお遍路や巡礼なんかで「経を読む」機会が多いこともあり、
以前、ブログにも書いた拝み屋のおじいさんから教えて頂いたことが
「あぁ、なるほど。本当にそうだよな」と実感できることが増えてきました。

▼その記事が気になる方はコチラ
http://www.uranaiblog.net/user/ajhu/ajhu/2014/03/post-60.html

弘法大師は「加持の義・加とは諸仏の護念なり。持とは我が自行なり」
と説いています。

加持とは本来、仏や菩薩が不思議な力によって衆生を守るという鎮加護持のことを指し、
仏や菩薩の慈悲の力が衆生に加えられ、一方衆生の信心が仏や菩薩に伝わることで
その効果を発揮する
とされているんですが...

密教においての加持とは、仏が慈悲・大智によって衆生に応じることを「加(加被)」、

衆生がそれを受け入れることを「持(摂持)」といい、

双方が相応一致することで仏と衆生、それぞれの三密が入り混じって他を己におさめ持ち、

死後の成仏をはじめとする各種の効果を成就させるといわれます。

三密というのは、身、口、心のことで、
仏に使われる場合は、仏の身・口・意(心)の三つの働きが衆生の思慮の及ばざるものである、
ということを示す言葉です。

それと同時に
衆生の三業(身口意のこと...動作を行う身と、言語表現を行う口、精神作用をなす心の意)
それに相応するとされます。

身に印を結び、口に真言を唱え、意(こころ)に本尊を念ずることで、
身そのものが仏になるのだ
、と弘法大師は説いたわけです。

経を読む時というのは、読み進めるにしたがって頭の中がからっぽになってぼんやりしてきます。

内へ内へと意識が向き始めるというか...ある種の瞑想状態に近い感じになる。

そして、経本というのは教えの書かれた書物です。

それを自ら口から出して自分の内へと沈めていく作業になります。

口から言葉が出て耳から入り心へと落ちる、それがまた口から出て耳から入り...というループです。

聖書もお経もそうですが、「祈り」にはネガティブな言葉は一切使われていません。

ただ純粋にそれを唱えれば、内なる心と繋がり、頭の中をリセットすることが出来る
私は、そんな気がするんですよね。

そうすることで、なんだか前向きになれる、前向きになったら活力も湧いてくる...
自分を前向きにセンタリングしてくれるもののような気がしてなりません。

もちろん、繋がりという意味でも大切なことなのですけど...。

合掌とは、すべての神仏に結べる印だと、以前ブログでも書かせて頂きました。

身に印(合掌)を結び、口に経を唱え、意(こころ)に本尊を念ずること...
もしも何かマイナスな思考に支配されているならば、
頭をからっぽにして「ただただ祈って」みるのもいいかもしれませんよ?

最近では、
意味が分からなくてもただ唱えるだけで心が軽くなるお経を集めた本なんかも
発売されているので、あながち間違いではないのかも(笑)

私のオススメは、「般若心経」「光明真言」、聖書だったら「ミカエルの祈り」ですね!
もちろん「大祓祝詞」でも良いと思います。
悶々と考えてとまらない時は、ぜひお試しください!!


占い・鑑定 ブログランキングへ

photo.jpg

タロットカードで一番悪いと言われるカードに「塔」のカードがあります。

一説には、バベルの塔がモチーフにされているという話もあるので、
物事の崩壊という側面を持っています。

カードの読み方一つでもあるとは思うのですが、
このカードは「凝り固まってしまったものを一度破壊してゼロから始める必要がある」
と教えてくれているのかもしれないなと思うのです。

人はどうしようもない困難な状況に陥ってしまうこともあります。

それは、
お金などの富に対する価値観であったり、
自分自身への条件付けや人格構造、
人に対する見方、生き方...はたまた、
思考パターンやエゴに関することもあるでしょう。


「塔」のカードが象徴している状況というのは、

これまで確固たるものとして存在していた
内面的(精神)、外面的(肉体)な安定が突然崩壊し、

新しいパターンが築かれる時なので、
これまでの見方や感じ方、対処が通用しなくなり、

いまだに古いパターンでいる脳という「思考」が、
混乱し途方に暮れてしまっている状況なのではないかなと思うのです。

それはある種、自己の内側や目に見えない「後ろ」の存在たちが、
強制的に古いパターンを壊しにかかっているということかもしれません。

ここで注目すべきは起こっている表面上の事柄ではなく、
もっと深くにある自分自身の中の何が「崩壊」しているのか、という点です。

何か物事が起こり、
自分自身がどうしようもなく揺さぶられるとき、それには何か理由があります。

脳(思考)というのは安定した状況を好みますが、自己の核(魂)は進化を望みます。

つまり、安定を好む脳にとったら、安定して存在していた古いものが崩壊する
なんて変化をなかなか受け入れることができないわけです。

だから最初は古いパターンにしがみつこうともがきます。

脳がもがいている間、混乱、恐怖、不安、怒りなんかが湧き上がってくると思います。

ただ、見かけのものに騙されないでください。

これは、大きく変化出来るチャンスが訪れているということなんです。

自分の中の古いパターンが生まれ変わり、新しいパターンに変化したということ。

何が変化したのかなんて、突然すぎてきっと分からないし、
今はまだ作られている最中かもしれません。

だからまずは、違和感や湧き上がる感情に目を向ける。

それも怖ければ「どうしてそう在らねばならないのか?」を問いかけてみる。

そうするとフッと何か分からないけど、抜ける瞬間がきます。

その時に感じていたことが、何が崩壊したのか、どうして崩壊したのかの理由です。

脳って結構男性性が強いのかなと思います。

理論派というか...なので、
一度、体感して「あーそういうことだったんだ」って思わせる必要がある。

それでようやく新しいパターンが受け取れる準備が出来るんですね。

いつもお話していますが、
自己の核というのは「自分を幸せにする」ために存在しています。

それはもう本当に揺るぎないくらいにです。

そういう目で見ると、脳を男とするならば、自己の核(魂)は女なのかなと。

だから、脳は傷つかないように必死で自分の女(自己の核)を
守ろうとしているだけなんだと思います。理詰めでね(笑)

守るための存在の脳を否定しないであげてくださいね。

保守的な脳であっても、こういう変化を繰り返していくうちに、
本当の意味で守りサポートしてくれる存在になっていきます。

自分自身を味方につけるということは決して特別なことではなく、
一番簡単で、一番確実に幸せになれる方法です。

もしも、今まさに過渡期だという方がいましたら、参考にしてみてくださいね。


占い・鑑定 ブログランキングへ

sad-women-1008789_640.jpg

なんであの人ばっかり!?

なんか私ばっかり損している気がする!!

そんな風に思うことってありますよね??

それは「あなたのトリートメントが出来ていないですよ!」というサインかもしれません。

他人のことばかりが気になって、
自分のことがおろそかになると、
心がささくれて、モヤモヤやイライラが加速するものです。

つまり他人目線で物事を考えてしまっていて、それに振り回されている状態。

そういう時って感情を感じたりすることが難しかったりしますよね??

じゃあどうしたらいいかというと、まず自分の在り様を見て、

「今は何が一番したいのか?」

を問いかけること。

エステに行きたい!
温泉でゆっくりしたい!
贅沢な時間を過ごしたい!

そんなことがふと浮かぶと思います。

後は素直にそれを実践すること。
(あなたがあなたにしてあげることだから上質な方がいいけれど、
 まずは自分の出来る範囲でOK)

実践した後は、あんなにあの人のあの態度が気になって
モヤモヤ、イライラしていた自分が嘘みたいに気にならなくなるんです。

自分のために時間が使えていなかったり、
自分のことがおろそかになると、
そういう状態を招きやすかったりします。

そういう時はエステティシャンやセラピスト、リラクゼーション施設等の
「他人の手」をフルに活用することで、
あなた自身の目線に戻すことが出来るので、感情の排出がしやすくなるんだと思います。

リラックスした後にじんわりと感情が出てくることもありますが、
満たされた自分で受け止めることになるので、それに振り回されることは少なくなります。

トライしてみたけど、全然そうならない!という方は、
あなた自身に使ったお金や時間が少なかったんだと思います。
(つまり、あなたが思っているよりももっともっとあなた自身はお高いということ!)

重要視して欲しいのはあなたがリラックスできるか、ゆったりできるかということ。

それに重きをおいて考えて頂ければ、
あまり失敗はしないと思いますよ!

もしも、妬みや嫉みに翻弄されてほとほと疲れてしまった
という方がいらっしゃればお試しくださいね♪

今日も素敵な一日になりますように♪

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


占い・鑑定 ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ タロット占いへ
hammock-2036336_640.jpg

本当にやりたいことほど、
悶々と考えちゃって尻込みしたりすることありますよね?

なんと!その悶々と考えちゃってることは全て「妄想」なんです!!

「妄想」ってどういうことなの?というと、

「まだ起こっていない」ってことです。

つまり、「まだ起こっていない」ことだから、
それは全て「事実」ではないということ。

間違いなく起こった「事実」というのは、
「過去の記憶」以外にありません。
(人によってはそれすら感情のデコレーションが行われて、
 原型をとどめていない場合もありますけど...)

「現実」でもない、まだ起こってもいない「妄想」に翻弄されるのって
馬鹿馬鹿しいと思いませんか??

よく考えてみてください。

あなたが何かをやる前に、「悶々と考えたこと」が
全くその通りになったことってありますか??

それを考える人ってだいたい
「最悪を考えておけば、いざそうなった時に対処できる」
って言うんですけど、
だいたいそれを考えている時は論理的な思考ではないので、
ただ悶々と「答えの出ない押し問答」を続けているだけなんですよね。

つまり、それは何の対策にもなっていないということなんです。

なんでそうなっちゃうの?って言うと、
傷つくのが怖いから、「やらなくてもいい理由」を自分の中で探しているだけの話。

だから、本音はやりたいんです。

じゃあどうしたらいいの?って言うと、
ほんの少しの「勇気」を持つだけです。

その「やらなくてもいい理由」を思い切って飛び越えるだけの
ほんの少しの「勇気」。

この勇気を持つということが、
あなたの「自分の人生への責任」を持つってことなんだと思います。

「責任」が伴うとやっぱりみんな怖いし、尻込みしちゃいますよね?

でも、今まで「やらなくてもいい理由」を探し続けていた人は、
あなたの人生なのに、あなたじゃない人に「責任転嫁」していたってことなんです。

最高責任者のあなたを差し置いて、
誰があなたの人生の決定権があるんでしょうか?

それではあなたの人生が上手くいくわけがないし、
自分の人生に不平不満が多くなるのは当たり前のことですよね。

何かをやると決めるのも「勇気」、
それをやらないと決めるのも「勇気」だと思います。

それでもどうしても「怖い」時には、ヘッドスパに行くことがオススメ!

悶々と考えてしまう人は、
考えなくなってしまうと「見なければならない」ことが出てくるので、
わざと「考えること」をやめないようにしている場合が多いんです。

それが「考えることをやめないように」と執着に繋がり、
頭が凝り固まってしまっているわけですね。

ヘッドスパなんかで頭をほぐすと、
その執着が緩み、「考えなくなる」という状況が生まれます。

考えることで恐怖政治をしてきたわけですから、
頭が緩むことによって、あんなに考えていたことが
「どうでもよく」なったりするんです。

考えることがやめられなかったり、
怖さが拭えなかったりする人にはオススメです。お試しくださいね♪

今日も素敵な一日になりますように♪

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


占い・鑑定 ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ タロット占いへ
women-1784755_640.jpg
何をするにもまずは自分が自分を大切にしてあげること!
自分の好きなことをして充電してあげることが大切!

と、常々お伝えしていますが、

そうは言っても、家事や育児をしていると
自分の好きなことをする時間を作れない!!

っていう方もいらっしゃいますよね?

実は1日、ほんの数分であっても
あなたにとって価値ある時間であればフル充電することが可能なんです。

1日のほんの数分をいかに自分のためにコーディネートできるのかってことですね。

例えば、

朝少し早く起きてコンビニまで歩いて朝の空気を吸い込んでみる。
コンビニでいつもは買わない少しお高めの飲み物を買って、ゆっくり飲みながら家に帰る。

午後の数分を特別なお茶会にしようと設定して、
いつもの買い物の時に少しいい紅茶を買って、少しいい焼き菓子も買ったりして、
少しお花を飾って、お気に入りのカップで音楽なんか流しながら紅茶を飲む。

普段の日常に少し手を加えてあげるだけで、
どこかに行かなくても「特別な時間」を演出することが出来ます。

旅行やエステに行くほどお金もかからないし、
入念な事前準備も必要ありません。

そういえば頂きもののお菓子があったわね。
最近できたコーヒーショップで豆を買って、久しぶりにコーヒーでも淹れようかしら!

そんな感じで出来るんですね。

ようは、あなたがあなたを整える、トリートメントするということが大切。

その時間を取ってあげないと、人間ってどんどん辛くなります。

挙句の果てに「私って何のために生きているんだろう?」なんて思ってしまう。

人間は自分の人生を全うするために生きています。

家族のために生きているのではありません。
(手助けは出来ても、家族の人生を変わりに歩くことはできないという意味)

1日の数分でもいいので、自分のための「特別な時間」をコーディネートしてみてくださいね!

今日も素敵な一日になりますように♪

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


占い・鑑定 ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ タロット占いへ
inari-65796_640.jpg

節分も過ぎると「初午」の日がやってきますね。

初午というのは節分以降で1番最初の午の日のことを指していて、
お稲荷さんの誕生日とも言われています。

711年の初午の日に稲荷社の総本山である伏見稲荷のご祭神
「宇迦御霊神(ウカノミタマノカミ)」が
伊奈利山に降り立ったと言い伝えられています。

このことから稲荷社では初午に祝い事をするとされているのです。

2月の初午の日には「初午大祭」という行事が行われます。

これは、どんなに小さなお稲荷さんでも行われますが、
伏見稲荷は稲荷社の総本山ということもあり、とても盛大なんだとか...。

日本三大稲荷に数えられる豊川稲荷の初午大祭にうかがったことがありますが、
たくさんの人で賑わっていました。

お稲荷さんというと、五穀豊穣、商売繁盛の神様です。

この神様のお誕生日ということなので、

この日に財布を新調すると金運が上がる

と言われています。

ポイントは、

初午の日にお稲荷さんをお参りしてからお財布を買いに行く。
すぐに使い始めず、1週間~10日ほど寝室のタンスの中に入れて、
寝かせてから使い始める。

この2点です。

タンスで寝かせている間に、
自分が大金だ!と思うだけのお金を入れておくとなお良し。

これは、多くのお札の束を新しいお財布に入れることで、
お札が沢山入っている状態を覚えさせて、この状態を保とうとする
"意識"を植え付けるというわけです。

入れるお札は新札が良いですよ!!

お金は五行で言うところの「金」、「金」を作るのは「土」です。

寝室やタンスは「土」の気が強いとされているので、
ここに財布を置いておくと良いというわけ。

そういう意味合いから、財布の色も「土」の気が強い
黄色、茶色、ベージュなどが良いとされているんですね。

今年の初午は2月12日(日)になります。

そろそろお財布を新調しようか...なんて思っていたなら、
是非、初午の日に合わせて金運アップしてみてくださいね!!

今日も素敵な一日になりますように♪

▼2月のイベント情報
●URALA WEDDING EXPO 2017(フェニックスプラザ)@福井市
2月18日(土)13:00〜19:00
2月19日(日)11:00〜17:00
⇒詳しくはコチラ:http://www.uranaiblog.net/user/ajhu/ajhu/2017/01/218sat219sunurala-wedding-expo-2017.html

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


占い・鑑定 ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ タロット占いへ
couple-1719660_640.jpg

どうしてこうしてくれないの!?

と怒りに任せてパートナーに当たり散らしてしまう女性って
多いんじゃないでしょうか?

母性が強い女性は、
「私が彼を立たせてあげなくちゃ」って思うこともあるようです。

お恥ずかしながら、昔の私もそうでした。

でも、これって相手をコントロールしようとしているってこと。

相手のためと言いながら、
自分好みに相手を動かそうとしているってことなんですよね。

だから、パートナーから抵抗が出る。

誰だってコントロールされたくないですからね。

思うように動かなくて、更にイライラムカムカ...そうなった時に、
「どうしてそうしたいのか?」を自分に問いかけてみてください。

そうすると「あの人が!」の下には全然違うことが沈んでいることが多いです。

その「全然違うこと」を直視したくなくて、
「あの人」をコントロールして「すり替えよう」としているだけなんですよね。

自分の心がパートナーの行動でザワザワ反応していて、
それが気になるが故に原因を排除すべくコントロールしようとしていたということ。

「私が彼を...」と思う人にも同じことが言えます。

「彼のためになる」と思ってやっていることがあったとしても、
それは結果的に相手のためにならないことがほとんど。

経験も感情も失敗も、それはパートナーの人生に必要なもので、
パートナー自身が感じなければ意味のないモノなんです。

それに、あなたはその人のパートナーであって、
「お母さん」ではありません(笑)
だから、それよりも自分の本音に耳を傾けて、
自分自身の人生をよりよくするためにはどうしたらいいか
を考えていた方がよほど建設的だし、
不思議なことですが、そうすることで
あんなに言っても聞かなかったパートナーに変化が訪れる場合もあります。

ただし、それは「決別」の場合もあるでしょう。

何故かと言うとお互いに
「真剣に相手とも自分とも向き合っていく」という腹が決まっていない場合は、
残念なことですが進む道が違うのでそういう形に納まります。

けれども、一度腹を決めてしまえば、
同じような志のパートナーと自然にめぐり合うことができるんです。

もしも、今のパートナーが本当にあなたのことが好きで、
真剣に考えてくれている場合は、お互いにザワザワしたり反発が出たりすることも
ちゃんと乗り越えていけますのでご安心くださいね。

逆に別れてしまう結果になる場合は、
残念ですが相手はそれだけ真剣ではなかったということ。

悲しい気持ちに蓋をすることなく、
泣くだけ泣いて、
泣き言を言うだけ言って、

その足でいつも参拝している神社で

「悲しい思いをした!そうならない、いい男をください!!」

ってお願いしてみるのも手じゃないかなと。

以前からブログに書いていますが、
お願い事が本音であればあるほど、ご神仏のご助力はあります!!

コントロールすることをやめるとすごく気持ちが楽になり、
コントロールすることに使っていたエネルギーを全て自分に使うことができるので、
今までだったら思いつかないアイディアや、
やってみたいことがたくさん出てくることもあります!

だから、なんだか日々が充実してきたり、
なんか楽しいかもなんて思える瞬間が増えるし、

何よりもすごーく「楽」です(笑)

こんなに「楽」だったのか、
そんなに「足かせ」だったのかと痛感してしまうほど(笑)

だから、相手のことは相手に任せる!
それは乗り越えられると相手を信じてあげること...

それも愛情なんじゃないのかななんて思いますよ。

ちなみにこれは、パートナーシップのみならず、
普通の人間関係にも当てはまったりもします。

背負っている不要な荷物はおろして、
少しでも身軽に少しでもご機嫌に一日を過ごしてくださいね。

今日も素敵な一日になりますように♪

▼2月のイベント情報
●URALA WEDDING EXPO 2017(フェニックスプラザ)@福井市
2月18日(土)13:00〜19:00
2月19日(日)11:00〜17:00
⇒詳しくはコチラ:http://www.uranaiblog.net/user/ajhu/ajhu/2017/01/218sat219sunurala-wedding-expo-2017.html

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


占い・鑑定 ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ タロット占いへ