横浜市でマンションの一室から60代の男性遺体が発見される事件があり、その妻と娘2人が逮捕されました。 男性の退職金を巡り家族内でトラブルになっており、普段から家族はこの男性をアゴで使う、怒鳴るなどしているのが目撃されています。 母親のみならず娘2人もその家庭内暴力に関わっていたそうです。 長女は14,17画、次女は26,12,33画、妻は14,20,27画を持っています。 3人がそれぞれ凶数を複数持っています。 14画や12,26画は、性格面に影響を及ぼす凶数で、モラル破壊や執念深い気質などの暗示です。 17画や33画も、それ自体が凶数ではありませんが、強すぎる性格と、凶数と合わさると他者を顧みない性質が出るなど、組み合わせ次第では悪い暗示になります。 家族内の破綻が原因の事件も増えていますが、その裏には画数の影響も隠れているケースも多くあります。
千葉県の老人ホームで、職員の飲み物に睡眠薬を混入させていたとして、准看護師の女が逮捕されました。 画数には31画があり、本来であれば温厚で温和な暗示の吉数ですが、人格を形成する主運の位置に、24画があります。 これは財運を示しますが、数字の一桁が2あるいは4は、性格に暗さや、ネガティヴで鬱憤を溜めやすいなどの特徴が出て来ます。 また、17画も持っており、自我が強く調和を取れず、最悪の場合孤立する暗示です。 これ自体は凶数とも言えませんが、他の画数との兼ね合いが悪いようです。
盛岡市の保育施設で、乳児に食塩水を飲ませ死亡させたとして、従業員の女が逮捕されました。 女の画数には、9,22画があります。 9画は転落とトラブルの凶数、22画は鬱憤を溜めやすい、難のある凶数です。 体調を悪くさせる意図は無かったと供述していますが、一抹の嘘を感じます。 画数の暗示の現れ方は様々ですが、その組み合わせや星回りによって、事件とつながるケースも多々あります。
松居一代さんの投稿した動画が、物議を醸しています。 自宅で恐ろしい内容が書かれたノートを見つけたこと、夫の船越氏に裏切られたこと、週刊文春に裏切られたと切迫した表情で切々と訴える中身でした。 ノートの内容は芸能界の闇としてみたり、夫の企みが書かれていると示唆してみたりとはっきりとしません。 文春の新刊では船越氏から離婚調停を起こされている事もわかり、泥沼の中でパニックになっているようです。 彼女は、星回りでみると事業運を持っています。 ですが大変に我が強く、自分の思い通りに行かないことには我慢がならず、その我儘を自重しなければ、大事な人さえも遠ざけてしまう、と出ています。 また、松居さんの前厄年である01年に結婚しています。 ここでは、厄年は凶事のみが起こる年でなく、人生の転換期として吉凶様々な事が起こります。 そして、来年からは松居さんが厄年が始まり、船越さんが今年後厄年にあたります。 画数からみた運勢でも、来年が船越さんの明道の運勢にあたります。 環境の変化の運勢です。 どうあがいても、来年には離婚が決まるでしょう。 来年からの3年間、松居さんには運勢的にも長い冬が訪れます。
目黒区で、生後2ヶ月の乳児に高血圧や糖尿の薬を飲ませ殺害したとして、母親が逮捕されました。 容疑を否認していますが、ミルクから薬の成分が検出されています。 この母親は、画数に31画を持っています。 本来であれば良妻賢母となり得る吉数ですが、14画、17画は二つ持っています。 17画は凶数とまではいきませんが、強情で譲らず、他の凶数と併せ持つと、身勝手さや軋轢が目立ちます。 また、14画も精神面に影響を及ぼす凶数で、鬱憤を溜めやすい暗示です。 画数は吉運があればいいという事でもなく、他の画数との兼ね合いや凶数の暗示によって、その運は大きく左右されます。
独特のキャラクターで人気の加藤一二三九段が、引退を発表しました。 藤井四段の台頭で仕事が更に増えましたが、ギャラ交渉はかなりしっかりとしていると囁かれています。 画数には22画がありますが、執着・執念深さも数ある暗示のひとつです。 様々な現れ方がありますが、精神・物質両面でその暗示が現れ、金銭もそのひとつです。 何らかのコレクターや研究者もこの画数を持っている事があり、性格的特徴がそのまま職業に繋がることもあるのです。
堺市で、勤務していた会社から2700万円を着服していたとして、エステサロン経営の女が逮捕されました。 画数には、22画をふたつ持ち、43画も持っています。 43画は、破財運と呼ばれる、金銭問題で身を持ち崩す暗示の画数です。 また、22画は性格に難が現れる凶数でもあり、嘘が多く、43画と併せもつと、まさに業務上横領や詐欺など、金銭面の犯罪との繋がりが強くなります。 画数は性格から人生の全てに影響を及ぼし、その人の顔相にさえも、それが現れます。 日々ニュースを見ていますが、顔からその人の画数まで分かる程です。 画数は、その人の人生に影響を及ぼします。
将棋で連勝記録を塗り替えている藤井四段ですが、この記録はまだ続きそうです。 特に来年からは、厄年が始まります。 今の努力と記録を糧にし、更に飛躍できます。 画数からみた運勢も助成という運気で、人気運・金運ともに高まるときです。 しばらくは良い時期が続くでしょう。
米国での欠陥品エアバッグを巡る事故で、多額の賠償金を請求されたタカタの会長が、引責辞任しました。 エアバッグの作動と共に金属片が飛び出す、恐ろしい欠陥もさることながら、対応が遅れたことも更なる被害を引き起こす原因となりました。 画数には、27,14画があります。 14画は性格の難と人生の浮沈を示し、また27画も、非難と軋轢を暗示します。 順風満帆に見えても、画数からの暗示には逃れられないものがあります。
秘書達に日常的にパワハラを行なっていたとして、豊田真由子衆議院議員が離党届を提出しました。 秘書への言葉と直接的な暴力について録音が残っており、本人も動揺から入院しています。 星回りでみると、彼女は気短かで、感情表現の激しいタイプと出ています。 そのため活動的でもありますが、感情から動くために、周囲からの信頼は今ひとつ得られない人です。 星回りからの暗示が、更に強調されたのが今回の事態でしょう。 今年は隠退という区切りの運勢ですが、来年からは更に運勢の低下が始まります。