森友学園国有地売却問題で政府に批判殺到 理事長の運勢

学校法人森友学園への、国有地売却問題が日増しに大きくなっています。 最初は土地売却の際の不自然な値引きが報じられましたが、首相夫人が名誉校長とされていたこと、学園の偏り過ぎた教育方針など、この一連の報道は収まる気配がありません。 理事長は、今年後厄年で、画数からみる運勢は混成です。 厄年は人生の節目となる3年間で、混成は最悪の運気です。 本人も今の状況を袋叩きと評しましたが、それは更に悪化を見せるでしょう。