焼肉店経営者らが従業員にクロスボウ使い暴行 その画数

焼肉店の経営者ら3人が、従業員の男性に暴行を加えていたとして逮捕されました。 角材で殴るなどのほか、爪楊枝クロスボウというもので顔に数十本の爪楊枝を刺すなど、およそ人間のすることとは思えぬ暴行を加えていたようです。 その中心である経営者の男は、画数に9,12,22画を持っています。 12,22画はモラル破壊や陰湿さを表す凶数で、内向的になるケースも多いものの、今回のように鬱憤を弱者にぶつけるタイプもいます。 画数の組み合わせという所も大きいですが、9画という破壊数も併せ持ち、凶数の暗示をさらに強めたといえます。 凶数を持つ人全てが、このようになる訳ではもちろんありませんが、様々な暗示の表れ方の中で、特に酷い事例です。