はいー八重桜も咲いてきて、だんだんあったかくなっても朝は寒くて―という感じで、GW過ぎるまでは油断できませんなーという雰囲気ですが、おフランスの春の到来は来月7日まで延期された―という感じですね(^^;。

フランス大統領選の第1回投票は、政界に激震をもたらした

フランス大統領選、マクロンとルペンの決選投票へ

まぁオーラ的にどうなの?というと意外にもあの人がああだ、という感じなので、ひょっとしたらこうですな、という雰囲気ではあるのですが、やはりそこはどこかの国同様、都市部とそれ以外の地区の温度差があって、それがどう出るのかしらーという感じですね。

それで、まぁあんまりフランスの政治についてポカーンと何にも知らないでマスコミ情報だけで人生過ごしているのもどうかと思い、こういった本も少し読んでみました(^^;。

フランス産エリートはなぜ凄いのか (橘木 俊詔著 中公新書ラクレ)

内容的にはこちらの方々のブログにもよく書かれてますね。

フランスのエリートは大学に行きません!【satomia ニュースレター】

フランス番長 日本以上の学歴社会! グランゼコールってなんなのさ

なるほど、番長の記事読むと政治や行政関係では「エナ」ってとこが結構えらいんだな、ということもわかりますね、日本でも中央アルプスに「エナ」っていう山がありますけども、確かに良いパワースポットでなかなか偉いです(^^;。

恵那山

今回の大統領選でも、マクロンさんはエナを出てますね。

エマニュエル・マクロン

でもエリートな人は、どの国でもやはり敬遠されてしまうかもしれませんね...。

日本では考えられない!フランスの格差社会を実感する5つの瞬間

という感じで、選挙はまたアメリカの時のように「例の国」がひそかに介入してくるかもしれませんので、どうなるかわかりませんね(^^;。

ちなみに日本人でも留学先がENAさんでそこで出会って、夫婦になってその後離婚して、どちらも政治家やっているが方々がいますが、オーラ的にもあれなのであまり人気がある感じでもありませんね(^^;。

フランスでは勉強頑張って学歴エリートになるよりも、やはり芸術文化的な方面で努力して勲章をもらうような人になるほうが、ちょうどよく人生楽しめるのかもしれません(^‐^)。

はいーなかなか暖かかったり寒かったりもうちょいという感じですが、もう来週はGWということで、今年は例年以上に早く二倍速くらいで時間が経っていく感じがいたしますね(^^;。人生あっという間なのでやはりコツコツ前向きにと思います。

そんな中、あの大統領がいる国のニュースでは

FOXニュースの人気司会者ビル・オライリー氏、セクハラ疑惑で降板 背景にはSNSによるメディア環境の変化

ということなのですが、このテレビ局自体がもう見ていると目がチカチカするようなオーラを出していて真っ赤ですよね、日本で言えば某広告代理店も近いオーラのような感じですが(^^;自浄作用が働くのはいつ頃になるのかなーと思います(^_^)。

では引き続き昔の本シリーズですね、全体的に女性誌向けの記事が集まっている感じの本でしたね。

以前、亡くなった私の母がこんなことを話してくれました。

あるとき、母のところに現世でとても生真面目に働いてきた男の人がやってきました。...

「自分の人生は、何もしない人生だった。『こんなふうに生きたい』という指針を持たずに、ただ真面目に働いてきた。でも結局自分には何も残っていない。わざわざこの世に生まれた意味がなかった...」と。

ものすごく後悔し、嘆いているその人に、ガイド・スピリットは、「もう一回、生まれて、生き直してきなさい」といったそうです。

ただ生きるだけ、というのも、もちろん立派なことです。けれど、それに加えてやはりこの物質界で学びながら冒険し、チャレンジし、自分の魂を豊かにしていく-それが「生きる」ということではないでしょうか。(21頁)

という感じで、つまり物質的なものだけを追っていてはあの世行って虚しいだけ、ということを言っているのかなーと思いましたね。 私などはもっと真面目に生きろーと言われそうですがσ(^^)、前世来世も考えて、より今生で意味のある生き方を選んでおくというのが良い生き方なのかもしれません(^^。

はいーだいぶ都内も暖かくなり半袖でも昼間でしたら大丈夫かもーという感じになって参りましたね。気持ちもウキウキしますが、幽霊さんも浮かれていて、意外とこの時期方に乗りやすく。影響を受けて落ち込みやすい時期だったりもしますから、運動や体操やお祈りなど、様々な方法で解消する習慣をつけていかれるのが良いかと思います(^^。

さて今日は引き続き昔の本ですね、2001年の発行になります。

幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック―"不思議な力"を味方にする8つのステップ (江原啓之著・王様文庫)

もう中古だと壱円ですな、ということで、私も内容忘れちゃっているのですが(^^;少しよさげなところを書き出していきますと、

学生時代、私は理数系の科目が苦手で、どちらかというと文系タイプでした。...あるとき、次のテストで失敗すると進級も危うい、という切羽詰まった状態になりました。

窮した私は、グループ・ソウルに「どうぞ力を貸してください」とお祈りしたのです。

私のグループ・ソウルの中にいる数学の得意なソウルをイメージし、それに向かって祈りました。にっちもさっちもいかない状況ですから、祈りにも力がこもります。

すると、不思議なことに、今までで一番いい点数を取ることができたのです。

グループソウルは、偉大なホストコンピューターのようなものです。ありとあらゆる知恵が詰まっています。

そのコンピュータにプラグをつなぐことによって、自分の中に、今まで気づかなかった能力が湧き出てくるのです。...これは、練習すればだれでもできるようになります。(28-29頁)

ということで、あーもっと早く知っておけばよかった、いままでもあまりガリ勉しなくてもよかったのにー!というのではなくて(^^;、まぁプラスアルファで教えてくれる、という感じかと思いますが、この世があってこの世があるので、この世の難題もあの世から見れば朝飯前ということのようですね、ただこちらからそちらに聞いていかないと教えてくれないよ、ということで、そのようなお祈りというのが必要になるとのことのようです。

「そんな見えないものに対して頭下げてお祈りとか、そこそこプライドが高い私には無理! かつ、めんどくさい!(´・ω・`)」という方もいらっしゃいますし、私もオーラが分かるようになる前は結構そのような感じだったのですが(^^;どんどんお祈りしていくと、コツがつかめてきて、実際たしかになかなかの色々実用的に教えてくれるので、ホント助かりますよねー。お祈りで全部わかったり治ったりするわけではないわけですが、しないよりはいい効果が出るようです、ただし、良い方向に向かって拝むというか、きちんと良いものとつながっているかどうか?というのが大切だったりはしますよねー(^-^。

というわけで、また次回も本を紹介できればと思います。

はい―さくらもだいぶ散ってきましたが、20170417004006-2e22f6566fbb6a1321b35202b725949b3e26813b.jpg今日はキリスト教のイースターの日でしたね。イースターってイースター島が見つかった日という知識しかほぼなかったのですが、実はクリスマス並みに重要な日とされているということを最近知りましたね(^^;。

イースター(復活祭)の由来とは?

イースターは「第2のハロウィン」となるか? 「ごり押し」反発よそに参戦続々

苦しいレント期間を乗り越えて復活!という感じなので、確かにめでたいですね。卵とかピンクのウサギさんとかもうろうろしているわけですが、春が来たのでめでたい、ということを象徴するようで、まぁどちらかというともともとの教義にはあまり関係ないキャラのようですね(^^;。

それで、こうやって救世主復活の日、ということなので、私も原点に帰りまして、スピリチュアルな勉強を30代になって再び始めるきっかけになった江原さんの本を引っ張り出してきました。もともとは20歳くらいから読んでいたネイティブアメリカン系の本とか、「シルバーバーチの霊訓」が最初ではあるのですが、それらはまた後程ですね(^-^。

人はなぜ生まれいかに生きるのか―新装版・自分のための「霊学」のすすめ

今読んでみるととても懐かしいですね~(^^;。目次見ても「ほかの子供たちのオーラで黒板が見えない!」「心霊病に侵される」「アルバイト先でも次々と心霊現象が!」という大変な青春時代を経て、

「荘厳なる『光』のお告げ」「私の心霊現象の謎が解けた!」「『この世の神』の教えられる」などと、色々なイベントがあって能力も落ち着いてきた、という経緯が書いてあります。

まだとても若いのに「どうせ私なんか生きていたって仕方ないんです」とか「人生なんてつまらない。死んだほうがましです」などと口走る。

このような人を前にしたとき、私はいつもこう問いかけます。

「あなたがここに在るという理由を考えたことがありますか?」

...まず、皆さんに知っていただきたいこと...それは、人間は肉体を持つ霊魂であり、あなたもその一人だということです。

...私たちの霊は無限に続いているのです。肉体は滅び、消えてしまってもなお、私たちの魂は生き続けていくのです。今あなたがどんなに肉体を飾ろうと、そんなものは肉体が消滅すればはかないものです。

...人々がみな幸福になるように、世界が本当に良くなるように、すべての人が願って生きられるとき、はじめてあなたの真実の幸福がやってくるのです。

 なぜならば、世界のすべての人々は霊によって結ばれた兄弟姉妹であり、一体のものだからなのです。人はこれを知ることによって、はじめて他人に貢献し奉仕できるのです。そしてほかに与えたと同じだけのものが、必ずあなたに返ってくる。これが自分の幸福につながり、進歩につながるのです。...

とありますね。ふむーこの本読んでかなり経ちますが、あのころと比べてもまだまだ世界が幸福になっていない感じなので、これからもより与えていく人生にしなくてはーと思いますね。自分の実力もなかなか上がってこなくてそれも精進しなくてはなのですが(^-^;できることからコツコツと思います。

kyo5.jpgはいーもう明日で年度替わりということで、やはり人生あっという間という感じなのですが、まだ都内もあったかかったり寒かったりで天気も忙しい感じですね(^^。そんな中お陰様で赤穂と京都と出張も無事終了いたしまして、おいで頂いた皆様にはとても感謝しております(..)。

なかなかブログも書けませんでしたが、一応英語習いに行っていた短大も卒業できまして、次の通信制四年制大学にも入学が決まり、いろいろ手続きやっておりましたね。卒業したとはいえまだ半分という感じなので実感がありませんが、年取ってからの大学通信教育はやはり早めに何か結果が出るやり方のほうがモチベーションが上がってよかったかもーという感じでもあります(^^;。

続きます。

-----------------------

...というわけで、また間が空いてしまいまいましたが(^^;、京都もとても良かったですね。今回はおばんざい屋さんでお食事して、二条城は大混雑だったので、北野天満宮、それから金閣寺へ参りまして、それから晴明神社、最後に六角堂というなかなかのパワーがてんこもりなコースでしたね。結構今回もかなりの距離を歩いていただきましたが(^^;、皆様遠いところからおいで頂きましてありがとうございました。巡礼はやはり歩いて健康になるのも込みで、と思って今後もたまに開催させていただければと思っております。(._.)

------------------------------

また4月になってからですが、品川で開催されていたデビッド・ボウイの展覧会にも行ってきたのですね。こちらの方のサイトでもよく紹介されています。平日の昼間なのであまり並ばなくて済みましたね。

「DAVID BOWIE is」デビッドボウイ展駆け込みで見てきました。

ボウイ展『DAVID BOWIE is』に行ってきました!入場まで1時間。会場内も混雑!行く前に知っておいて欲しい事を伝えます!

世界各地で開いているようですが、東京では、懐かしの「戦メリ」の名場面とかも、たけしさんや坂本教授のインタビューと共に上映してましたね。そのように不思議と日本ともとてもご縁があった人ですよね。それで、まぁベトナム戦争の時代くらいの世代の人ですから、いろいろぶっ飛んでいたこともしておりまして、それも歌詞に生きていたりしたわけですね。

また宇宙人のようなキャラ演出するときに助かったのが、彼は小さいときにケンカして左目をぶたれて、それ以来片目だけ瞳孔が開きっぱなしになっていて、それをそのままポスターにした、などということもということも今回初めて知りましたねー、タモリさんとか、大横綱の双葉山も片目が良くなかったりして、そうやってあの世とこの世と半分半分でいろいろ感じているのでスゴイのかなー?と思わないでもないですよねー(^^。

それで、展示でもライブやPVの衣装の本物が来ていてなかなかオーラの明るいものもあったのですが、ちょっと変わったところでは、ボウイが若いころ薬を吸引してたときの「マイ匙」なども展示されてましてまぁセキララな感じでしたが(^^;、フーンと思って一応オーラ見てみたら、ドーっと肩になんか乗ってきたような感じがしましたね(^^;。という感じで、全体的に確かにいろいろな面を楽しめる展覧会でした。

それで、その後会場を出て家に帰ったわけですが、しばらくしても憑き物がまだいるな?という感じになりまして、そのままのどが痛くなってぐったり疲れて、翌日には風邪を引いたような感じになってしまいました(^^;。「なんですぐ浄化できないのじゃー!?」と言われちゃうとなんなのですが、憑き物も世界レベル、ということで、ホント少し気を抜くといろいろなところにいろいろな「見えない」人がいるのを忘れちゃうので、つねに人生修行かと思いましたね(^^;。

-----

というわで、もう四月になりまして、次の大学の学生証もテキストも送られてきまして、早速レポートに追われててんてこ舞いしております(^^;。実質三年生なので、もう来年卒論を考えなくてはーというペースですが、この年齢だと記憶力がついてかなくて、オリンピックまでに卒業できるのかーという感じですね(^^;、またコツコツできればと思います。

はいー今日は東京マラソンもありましたが、あっぱれ晴天でなかなか良かったようですね、でも気温が高かったので、ランナーの方々は大変だったかもと思いました(^^;。

また間もなく米国のアカデミー賞の発表もありますが、まぁ作品賞はそのまま本命のあの映画になりそうですね、人種差別がどうこうというのもあるようですが、グラミー賞でもこうだったので...(^^;。

ビヨンセ、アデルのグラミー賞受賞スピーチに涙!

映画の専門家による今年のアカデミー賞受賞予想!

La La Land - Movie References

なるほど懐かしい名場面てんこ盛りの良い作品のようですが、実は少し前にも監督は賞を受賞していて、そちらのほうはなかなかの問題作ですね。

Whiplash(邦題:セッション)

実際にプリンストン高校時代のジャズバンドでの経験が元となっているということですね。

'Whiplash' writer-director loosely based Oscar-nominated film on Princeton HS band experience

プリンストン高校って「プリンストン大学付属高校」かなんなのかと思ったらそうではなくて公立高校なんですね。

Princeton High School (New Jersey)

なんだかレーガンと小ブッシュの就任式の際にバンド演奏をしたということなんですが、それが高校のオーラも自らあらわしているような気がします(^^;。

そしてそこでのやはり厳格な音楽教師がモデルとなっているとのことですが、その方は大腸がんで57歳の若さで亡くなってしまっているんですねー。

PHS's famed Studio Band director, 'Dr. B,' dies

頑固な人は腸のオーラがくすむ、ってオーラの泉で国分くんが言われていましたが(^^;、あまり厳しくしすぎるとやはりなんですなーということかもしれませんね。

ちなみに監督のお父さんはプリンストン大学のコンピュータ科学の教授のようで、音楽や政治に関してのエッセーも書いたりしているようでやっぱりめちゃくちゃ頭いい方なわけですね、家系は侮れない感じですね(^-^。

---------

というわけで今日はこの本ですが、

世界で生きるチカラ 国際バカロレアが子どもたちを強くする(坪谷ニュウエル郁子/著 ダイヤモンド社)

前回の本もそうでしたが、やっぱり教育大事だよーと、いい教育がないと変な人を大統領にしちゃう国になっちゃうよ、ということで、引き続き取り上げました(^^;。

それで、2020年からセンター試験がなくなるというのも最近知ったのですが、

【早わかりQ&A】センター試験廃止へ 2020年度からの新テストは何が変わる?

まぁまだまだ試行錯誤な感じですね、そんな中で黒船的な感じでじわじわきているのがこの「国際バカロレア資格」ということですね。

国際バカロレア - Wikipedia

それで、私もよくわかっていないのですが、これが画期的なのは、学習指導要領以外のものも学べるということかもしれませんね、今までの授業の形式ですと

どうしても受け身になってしまって自分の意見を持てない、持たなくてもいい授業になってしまいますので、それですとこれからの時代ですとなかなかサバイバルできないかもー

という感じにこの国もなりそうなんですよねー。実際の試験問題もこちらにありますが、なかなか暗記だけでは難しい感じですね。また自然と二か国語で学習するようになるというのも魅力ですね。

国際バカロレア・デュアルランゲージ・ディプロマ連絡協議会

世界への切符?「国際バカロレア」は有効か

Q.マイノリティの迫害を引き起こす一番の要因は何か。実例をもって説明せよ。

Q.経済社会問題への対応について、2つの多党制国家の政策を対照して論ぜよ。

などなど、50歳近くなってやってみてもうまく説明できないですなーと思いますね(^^;高3でこれうまく解答できるようになるというのはなかなかーというのもわかります。

これからの世界は変に日本人的に黙っていると無視されてしまって、そのうち軍事国家になったり、いろいろ嫌がらせされても我慢して何とかやり過ごす、ということがむつかしい世の中になりそうなので、きちんと自分の意見をもち、善良な人生観の上に立って行動できる人格形成を行っていくのが良いかしらーと思います(^^。

ただ問題は、まだまだプログラムの学費が高い、というところかもですね、でも変に普通の私立に行かせているよりは、教師の質が高い学校に行かせていたほうが良いかとも思います。公立でもどんどん導入されてくると日本の夜明けも近くなりそうですねー(^^。

plan20167.jpg

はいー確定申告も始まりましたね(^^;といっても会社勤めの方はあまり関係なくて、さらに自営業者でも義務教育などで確定申告しなさい、っては教わってないので、私も最初は結構戸惑いましたが、もっと学校で教えておいてもよい実際の社会の仕組みや手続きもありますよねーと思いますが、なぜかどこかの官庁が取り入れようとはしないですね(^^;。それで、寄付もしたりすると控除を受けられたりもするのですが、もうたしか十年以上ですね、プランジャパンの方で三人の世界のお子さんと交流させていただいているので、上記のように年間十万円近くになったりしてますね。そのままためておけば百万円以上じゃん、と思うわけですが、まぁどんな他人も自分の一部なので、まぁ過去世での反省と、来世への積善ということで、コツコツ今年も納めさせていただいております(^^。あまり寄付しているぞー!っていうのもあれですなーと思うのは、某国大統領や某国チェーン店なども財団作って大々的に寄付活動をしていたりしますが、実はオーラがうーんという感じで、大局的に見るとなんだかマッチポンプ的なというか...、まぁしないよりはする方が良いわけですが、もっと基本的な社会の仕組みを変えていかないといけませんなーとミレニアム世代に期待していくわけでもありますね(^^。

というわけで、今日はこの本ですね。

平安女学院大学の奇跡 小規模大学の生き残り大逆転戦略

改革前の財政状況は

・赤字続きで累積債務

・教職員は京都府下で最高級の待遇

・年収一千万円強はざら、退職金も約四千万

・給与の支払いが不能(銀行が貸してくれず、借金もできない)

・巨額の負債返済が急迫

・強い労働組合

・理事会機能の破綻

・学生・生徒の質の低下

という感じで累積債務は約80億円、簿外債務も18億円ほどあったようです、この本は1月に出たばかりなので、今話題の倒産しそうな某港区芝浦の電気屋さんにも触れていますが、同じような状況だったということですね(^^;。

それで、そこから給与の平均30%カット、経営理念の確立、教授会の改革、債務の大幅な有利な条件での返済、不正を行っていた同窓会の解散、などまで行って、立て直しを図られたようです。当然のようにさまざま反発があったようですが、いい意味での「ワンマン経営」で乗り切ってますね。

ちょうど最近ゴーンさんも日産を辞めるということですが、彼も結構リストラして頑張ったので会社が復活しましたね、日航の稲盛さんもですが、やはりなかなか人格者でしっかりした経営哲学をもって行動していらっしゃるようです。

よくよく世界を見てみると、今やってくること、話題になっていることはほぼ「建て直し」に関してですね、様々な技術革新もあって、それらがスムーズに運ぶ感じでもありますが、まだまだ既存の権益にしがみつこうとするもやもやオーラの人たちもいて、そこをどうするか、という感じになっているかと思います。

あまりこのままですとまた旧約聖書のように洪水がやってきて一気にザーって感じになってしまうかもですが(^^;、そうなる前に少しずつ変革ですよね、物質的価値観のみだけでは行き詰ることは明白なので、これまた徐々に見えないもの、行いなどにも関心が払われ、世界全体をよくしていく方向にそれぞれの方が向かえればと思います(^^。

というわけで、結構内容が濃いのでおすすめですね、ちなみにこの大学はミッションスクールなわけですが、創立者の方のオーラもなかなか良くて、だからいろいろこのような人を連れてきて改革させたのかもーとも思いましたね(^^、教会もあるようなので、また機会があればと思います。

 

はいーこないだ年越しで誰か解散したかと思ったらもう2月ですよーということで、うーむ人生あっという間ですね(^^;。ほんとにいろいろやりたいことをしておかないと光陰矢の如し、という感じなので、

どうでもいいですが今年はさっさと青色確定申告書類を書き上げまして、あとは16日に提出するのを待つばかりであります。別に郵送でもいいわけですが、税務署にも歩いて行ける範囲なのでまぁハンコ貰いにいく区予定ですね(^^;。

------

それで、まだ都内は暖かかったり寒くなったりという感じですが、全国的には寒桜もシーズンだったりしてもうすぐ春が近いですねー、って、いうと、やはり毎日報道される実は「アラブの春」を演出したあの国も実は今度は自分の国に春がやってきているんじゃないの~?という感じですね(^^;。

アラブの春

あのかに座の不人気な大統領も確かに性格そのままなかなか当たってますなー!っと私も西洋占星術占い師なわけではないわけですが(^^;、まぁ結構ふしぎと一致することがありますよね。

【12星座の頭の中】蟹座は恋人と家族! とにかく誰かを愛していたい人

もしあら私オーラなんてぜんぜんわかんない、という方でも、会社でクセが強い上司がいる部署に配属されてしまった時は、まずその人の誕生日と血液型を調べれば、あーなるほどーっ、ということで、とりあえず社内や飲み会でぶつからずうまく付き合っていくことができたりします、というか、私もサラリーマンの時は本当にそうしてなんとか切り抜けてましたね(動物占いでもOK^-^;。

そういえばあのレーガンさんもナンシーさん通じてなのだか占い師さんが裏にいたということなので、今回もそのような人を頼りにすればグレートになるかもしれませんが、変な人に引っかかっちゃうとまぁあれなので、

怪盗、じゃなくて怪僧ラスプーチンって一体誰?

占い師には常に気を付けないといけませんね(^^;。

アメリカの大統領をも左右した占星術師!

---

それで、まぁ国内のマスコミからはCNN筆頭に相変わらずのバッシング具合ですが、たしかに閣僚ではちょっともやもやオーラの人ばかり指名してますよね、だからNSLでもこんな感じになるわけですね(^^;。

メリッサ・マッカーシーチャンネルSNLにショーン・スパイサー

さすがオーラも大きい方は違いますよね(^-^。

メリッサ・マッカーシー、世界で三番目に稼ぐ女優を知っていますか?

この方も女性なわけですが、空港でデモしている方々も女性がとても多いですねー、今年のキーワードはやはり「女性」ということになるでしょうか(^^、

そして4年後の大統領は、最近まで港区赤坂にいたこの方かもしれませんね(^-^。

米大使館「恋ダンス」に大反響 ケネディ大使も踊った! なぜか「くまモン」も

---

また、まぁ指名の中でも比較的穏健なのは

トランプ米大統領、最高裁判事にニール・ゴーサッチ判事を指名

でしょうかねーとは思いますね、実際学歴がすごすぎるんですが、でももうこんな感じでマスコミからはいろいろ言われていますね(^^;、

最高裁判事指名のゴーサッチ氏、一部経歴に疑問

という感じで、このほかにも政治ネタがたくさんあって書ききれないですね(^^;。

このようにまぁどの国の政局みても左右対決ばかりで大変ですが、修行の世の中なのでうまく中道を歩めればと思います(^^。

-----------------------------

それで、3月ですが、また関西出張がありまして、20日21日くらいに久々に「京都オフ会」を開催する予定ですね(^^「伝統産業の日」に合わせてなのですが、

詳細が分かるのが来週のようなので、またその時にと思います(..)。

はいーいよいよ今週は某国の大統領が変わるということで、なかなか大きな時代の変わり目におりますね(^-^;。

Trump Meets With Martin Luther King Jr.'s Son

と、キング牧師の息子さんがそりゃいらっしゃいますよねーって、日本語のウィキもないので今日初めて知ったのですが、オーラ的に見てもなかなか明るく、なんだかお父さんより見た目もビッグな感じになっておりますね(^-^。

ニュースで言っていることはおそらく、いろいろあるけどとりあえずまぁ前を見て問題解決を急ぎましょう、ってな感じのようですね(^-^、でもなかなか過去でも共和党政権の時はいろいろな政策もあったりするので、下の映画のように細かく調べていかないとじわじわ体に来るようなこともあったりするようです。まぁ民主党が政権取ってても変わらなかったので、農業と助成金などの問題は植物扱うだけににいろいろ根が深い、という感じも致しますね...(^^;。

食料危機ドキュメンタリー映画「キングコーン」に学ぶ現在の食の真実

そういえばこちらの映画もまだご紹介していなかったようなのですが、

【マイケル・ムーアの世界侵略のススメ】

まぁ今後目指すべき社会の在り方が明確にわかってスッキリしますので、非常におススメですね(^^。最近はYoutubeでも映画レンタルができるということを知りましていろいろ便利になりましたねー。オンデマンドで見放題のシステムも増えたりして、これらも発祥はアップルなどと同じカルフォルニアあたり?と思うのですが、すごくいい面とすごくモヤモヤな「州」がそれぞれ共存している国なので、いろいろ勉強にもなりますね(^^;。

そういえば「黒船」がやってきてから「明治維新」までの期間を「幕末」とを言う、というのもなるほどそうかーとさっき知ったのですが、ニッポンの新しい夜明けも近いかもしれません(^-^。

黒船来航

-----------------------------

さて、まぁ「だみ声大統領」のオーラ、というよりも、赤い共和党オーラがまた日本に押し寄せて来る前に、少し心身ともに強くなっておきましょう、ということで、時代を大正までに戻してですね、ラジオ体操よりも前の体操法を

ご紹介して参れればと思います(^-^。 簡単なことはこちらにありますので、ご覧いただいて、あとはせっせと朝晩二回毎日行うだけですね(^^。

【元祖インナーマッスル体操】自彊術(じきょうじゅつ)ダイエットに健康におすすめの簡単な体操のまとめ

この療術家だった中井さんがすごいのは、こちらの本の推薦者がそうそうたるメンツであるということを見てもわかりますねー。 結構こちらの体操だけでもいろいろな病気が治っていたそうですが、

なるほど、幽霊さんの出入り口である、首、肩、肩甲骨付近を重点的に動かして血流をよくして、もやもやオーラをこびりつかせないようにしてますよねー。

そういえば体操法といえばチベット体操もありますが、それもいいんですがより動作が多く、そしてすこし筋トレ要素も入っているので、エクササイズ的にもなかなかよろしいかとも思います。

うちの実家の日頃からあまり運動をしない、後期高齢者の親にもすすめまして、やり始めたらだいぶオーラ明るくなってきたようなのであー良かったと思っておりますが、税金も上がる中お金がかかりませんしまぁ有り難いですね(^^;、こちらのおばあさんのように長生きしてもらえればと思います(^^。

日本最高齢、広瀬美和さん96歳の、自彊術(じきょうじゅつ)元気体操

sgs.jpg

はいーあけましておめでとうございます(^^)今年もどうぞよろしくお願い申し上げます(._.)

と、いうことで、ひょうたん島に帰省したり、写真のように雪の甲府で鑑定会をさせていただいたりしまして有り難かったのですが、いろいろな用事でなかなかブログの更新も遅れに遅れて、元旦どころか「十日戎(えびす)」も過ぎちゃったじゃないのー!(´・ω・`;)って感じになりましたね。 まぁ見ているとえべっさんも「三が日」並みに盛り上がっているということで、このタイミングでも良し良し、ということになりますでしょうか(^^;。

商売の神様えべっさん 正月より盛り上がる「十日えびす」が始まった!

雰囲気を感じていくと、なかなかオーラのすっきり明るいお祭りなのですが、ひょっとすると、こちら関東では同時に開催している神社がないんじゃないでしょうか?(残念)、その反対に、11月あたりの「酉の市」というのは、関西じゃやってないようなんですね~(しらんかった^-^;。

酉の市って関東だけ?

こうやってわたくしも、もう50近くにもなるのに、それにケンミンショーも結構欠かさず見てきた割には、人生知らないことばかりなので困りものですが、いろいろ引き続き謙虚に学ばなくてはいけませんなーと「十日戒(いまし)」めになっているお正月であります(^^;。

------

さてそんなことはともかく、今年はホント大変革な感じの年になりそうですねーって予言者のような人は毎年言っている感じですが(^^;、まぁ「備えあれば患いなし」ということで、常日頃から「ブラックマンデー」みたいなことが起きても「心の準備」をしておけば大丈夫ですね。どうせなら経済的にも準備したいわけですが、なかなか流行りの「不動産オーナー」などには、しがない占い師ですと簡単にはなれない感じですね...(^^;。

『笑点』の座布団運びの山田たかおさんは毎月100万を稼ぐ不動産投資家だった

まぁお金持ちとオーラの関係というのは、実はちょっと反比例したりしてますかなー?なんてステレオタイプ的に言うと、ただ僻(ひが)んでいるだけに聞こえてしまいそうですが、まぁそうかもしれませんね(^^;。 資産家でもオーラが輝いて明るい方もいれば、くすんでしまっているような方もたくさんいますね、そう、もやもやだなーという方のほうが「〇〇えもん」のように多かったりするので、やっぱり人間スピリチュアル的に、こう相互扶助で清貧に生きるのが正しい!というモチベーションにつながってよいのかなー...きっとそうなんでしょうねぇ...、とも思います(^-^;。

まぁとにかく、今生だけが人生ではないので、前世も来世も含めた人生設計を長期的にですね、立てて行く感じで行くと良いのかしらーとも思いますね、そういえばこの方も目標が大事、って三年以上前から言ってますねー。

青山学院大学 陸上競技部 監督 原晋さん 「覚悟と挑戦」

オーラ的にも確かに良いというか、ちょっと型破りというか子供っぽいというか楽しい感じが今までの陸上競技界になかったオーラですよね、寮母さんの奥様は大変らしいですが...(^^;。でも実際ボルトさんとか、マラソンでも強いアフリカの選手とかも、なんだか突き抜けたオーラしてますから、そのような選手を育てないと、東京五輪に間に合わないということですよねー。

まぁスポーツの世界のみならず、一般社会でも、長時間労働などして、保守的に物質的な繁栄と安定を求めようとするのか?もしくは人間本来の生きる喜びを求めて、自然の力と共鳴しながらバランスよくリラックスした人生を求めるのか、というところで、岐路に立たされるような年になるのかなーとも思います(^-^。

それではなんだか途中な感じですが、また一息入れて書ければと思います(^^;。