感謝する気持ち、大切に思う人の再確認を・・・・

あなたは大切だと思う相手はいますか?

奥さんや旦那さんかも知れない。 恋人かも知れない。 子供かも知れない。 友達かも知れない。 仕事で助けてくれる同僚かも知れない。

大切だとは分かっていても、こういう相手には甘えられたり甘えさせてくれるので、意外と大切にすると言う事とは逆の態度を取ってしまってはいませんか?

分かってくれている筈だと思う気持ちが、いい加減な・感謝の気持ちを適当にしていたりするものです。

こういう事の結果が、よくいう「無くしてから分かる」事なのだと思います。

まあ世の中切羽詰まっていたりすると、優先順位というものは、他人を一番に考えがちですが、もう一度 足元と言うかいちばん身近な位置の大切な人を確認してみてください。あらゆる当然と思っている人の事です。

そして、心底 大切にしてみてください。その人がいてくれてよかったと思えませんか?

味方は無くさずに増やすから意味があるのです。

まずは自分の中心部にいる、一番の理解者たちを大切にしましょう。

人の心は、浮き草のようなものです。気に掛けなければそっとどこかへ流れて行ってしまうものかも知れませんからね・・・

感謝をする相手って・・・「大切」な人が一番先ですからね。