仕事での出会いでさえ、楽しみな出会いであり、大事な出会いだと思う。

仕事とはいえ、私の仕事は見知らぬ人とお会いする事が、まず最初の緊張である。

今でこそ、沢山の顔なじみのクライアントさんがいらっしゃってくださいますから、この緊張も少なく済みますが・・・笑

もしかしたら・・・ちょっとでもクライアントさんが躊躇したら・・・お互いの予定が合わなければ、一生出会う事が無い、交わる事が無い人間関係であったかも知れないと思うと、物凄く不思議な縁を感じてしまう。

もちろん一見(いちげん)さんもいて当たり前ですから、それで終わってしまったとしても、それはそれで仕方がないですが、それが・・・自分が関係して来たり、関わった人たちの成長や躍進していく姿に関われるような、自分の人生が嬉しく楽しい。

今日のクライアントさんも、10年前くらいにお会いした方で、あいだ5年ほどのブランクがあり、突然鑑定依頼のメールが来たと思ったら、その後は、コンスタントに毎月鑑定の予定を入れてくれて現在に至ってます。

今では、皆さんが自然に受け入れてくれるようになりました、鑑定の時に次回の予約を入れてくれる流れも、不思議と言えば不思議かも知れませんが「神楽さんに会いたいから来るんです」と言われると、まだ何も問題が起こっていない段階で予約を入れてくれる気持ちが、気恥ずかしくもなりますが、嬉しい・・・笑

そんなこんなで、年内はきっちり埋まってしまいました。ありがとうございます。2017年の出会いと人間関係に感謝しながら頑張ります。

そして年明けも・・・ぼうぼつと入り始めている現状です。来年のカレンダーが、まだ発売されていないので、緊張して記帳しています。(汗)

仕事でお会いできる人たちは、私の勝手な考え方ですが、私は縁ある友達だと思っています。

どのくらいの人と、どのくらい続くのか分かりませんが、楽しみでもあり怖くもあり・・・

24年を超えて付き合ってきたクライアントさんもいたりします。の人たちがいるからこそ「実際にあった怖い話の心霊事件簿 神楽京」の原作が書けるのでもあります。感謝しています。

今までの仲間たちに・・・これからもよろしくお願いいたします。

そしてこれから出会う未知なる仲間に・・・よろしく。