何があるか分からない、災害の時の豆知識➀

なんだろう・・・今年の夏は。毎日の様に雨が降る。

日照時間もとても短い夏です。(東日本)豪雨や天変地異的災害が、いつ起こるかは分からない時代です。

そこで、少し耳にしました自販機のプラスになるかと思う情報を書きますので、念のために覚えておくといいと思います。

~~~~~~~~~~

自動販売機って、どのくらいあるかご存知ですか?全国に250万台もあるそうです。国民50人に1台ある計算だそうです。(地域によっては違うと思いますが)

これらが災害時にはフル稼働して支援に回る災害ロボだと言うのです。

コカ・コーラの自販機は、電光掲示板が付いていて、非常時には災害情報をテロップで流す仕組みになっているとの事です。(どういう仕組みかは分かりませんが、凄い事ですね。)自治体からのお知らせやニュースなども速報されると言います。

また、アサヒ飲料の最新型自販機には、非常用バッテリーがあり、パソコンや携帯の充電などが出来るそうです。

サントリーなど他の自販機も、災害時協定で、中の飲料を無料で配布するそうです。帰宅困難者対応をするとの事・・・ですが。

それから、ほとんどの自販機には、非常用電源があって、停電時でも使用可能で街頭が消えて暗闇の中でも、夜道を照らしてくれる有難い自販機なのだそうです。

また、道に迷った時には、自販機を見てください。自販機には必ず住所表示がされていますので、迷子になっても位置確認できるのです。

普段は飲料水だけを買う自販機ですが、こんな対策が練られていることを考えると、物凄い数がある自販機も、心強く見えて参りますね。

* あと・・・災害の時は、充電用のコードと三又コンセントなどを持って居るといいようです。避難所などでも、コンセントの確保が大変だったという声が沢山聴かれていますので、あるととても便利の様ですからね。