他人の言葉を受け入れて、初めて自分の意見を見つける

頑固な人や、自分の考えが絶対的に正しいと思っている人が、世の中にはたくさんいます。

自分の意志という部分で考えたら、それは必要なことかも知れません。自分の考えや言葉に責任を持つことが出来ない人が多くなってきた世間を考えたら・・・

でも、自分の考えよりも『いいな、この考え方は』とか、『このアイデアは凄い』とかを見つけたときは、それがたとえ自分より年下だろうが、役職的にもキャリア的にも自分より下であっても、『君、凄いね!』と受け入れて褒めたたえる度胸(度量)があれば、あなたもその相手も、ともにいい感じで成長していけるかもしれません。

知識などは、所詮一人の考えなどは狭いものです。

私もたくさんのクライアントさんともお会いしたり、過去の仕事関係でもたくさんの方々、男女を問わず上下関係も問わず色々な人とお会いしてお話をしてきました。時には飲みながら、時には会議など、またある時は得意先の人だったりと・・・

同じ話の内容でも、その人その人の環境で、全然違う考え方を持っていることが驚きでした。

さすがに私の頭には入りきれなかったので、心の引き出しに・・・何とか詰め込んであります。

人の意見を受け入れることは、恥ずかしい事ではなく、これ自体が大切な対人コミュニケーションなのです。

よく聞くから・・・真剣に聞くから、相手も真剣に一生懸命話してくれる、教えてくれる。

いいものは取り入れて、自分の意見に肉付けをして・・・どんどん進化変化していったって仕方がないのです。そんなことは恐れないで。

プライドよりも、謙虚で・・・生きると楽なのです。