亡くなったお父様とのコンタクト

前回のブログで、初めての亡くなった方とのコンタクトを書きましたが、その続きで印象に残った亡くなった方とのコンタクトを書いてみます。

2年ほど前になりますが、お父様が亡くなって間もない方がお見えになりました。その方はお父様との接触が希望ではなく、夫婦関係の悩み相談でした。離婚するかしないか...のような内容です。彼女がこう言いました。

「亡くなった父は元からあの人との結婚には賛成していなかったのです...」

その瞬間、また暖かい光に包まれ、男性の声で「もう、十分だ、早くしなさい。」と言われました。私が心の中でなにを早くするの?あなたは誰?と聞いたら、目の前の方のお父様だと分かりました。死後49日は亡くなった方とコンタクトできないと聞いてましたが、そんなことはなく短い言葉でポツリと話しかけてこられました。

早くしなさい、ときうのは離婚のことで、離婚したほうが彼女のためだというのです。「今、多分お父さんと思われる方のエネルギーがここにいて、早く離婚するように言ってます。」と伝えました。

この現象は、多分、近しい存在だった娘が父に想いを馳せたことから、突然のお父様とのコンタクトになったのだと思います。お父様は生前からずっと、彼女が幸せではないことを見抜いており、心配しておられたのです。

彼女はワッと泣きだし、父親の最後のときの病院での様子を語り始めました。すると、お父様は私に話しかけてきてこう言ったのです。「最後は痛みはなかった、観音様が迎えに来たんだ。」そして、私に大船の観音様のような美しい白い観音像を見せてきたのです。私はクレアボヤンスはそんなに発達している意識がなかったのですが、ハッキリとこの時、観音菩薩の映像が私の脳裏に見えました。

「お父さんが、最後は痛くなかった、観音様が迎えに来たって言ってますよ。」とお伝えすると、彼女はさらに号泣しながら、「父は生前、観音信仰をしていたのです。」と事実を明かしてくれました。私は自分で見えたものを話しただけでしたが、そのことが、事実を語った形となり、私自身がびっくりしました。

その後、彼女はお父さんの遺志も感じたのか離婚に向けて歩みだしていきました。

近しい亡くなった方は肉体が無くなってもなお、肉親のそばにいて愛情を注がれているのです。いつでも呼べば側にきてくれているのです。

今日も長文お読みいただき、ありがとうございます。

癒阿弥(ゆあみ)