人生の苦難とどう向き合うと生きやすくなるのか?

app11angelsale.jpg

自分に与えられた運命をすべて受け入れることが出来るものばかりではないでしょう。

幼い頃の家族とのトラウマ、貧しい家庭に生まれ育ったことへのコンプレックス、学生時代の思い出したくない過去、社会人になってからの理不尽な現実等。

自分ではどうすることも出来ない重荷をどうすればいいのか?

重過ぎる自分との過去と向き合うことが出来るのか?

「なぜ、こんな親の下に生まれて来たのか?」

「なぜ、こんな過酷な境遇を背負ったのだろうか?」

「なぜ、この土地に生まれ変わったのだろうか?」

「なぜ、この時代に生まれ変わったのだろうか?」

「なぜ、お金のことで心配ばかりしなければならない貧しい家庭に生まれたのだろうか?」

「なぜ、虐められるのだろうか?」

「なぜ、孤独なのだろうか?」

「なぜ、結婚できないのだろうか?」

「なぜ、子供を持つことが出来ないのだろうか?」

誰もが自分の人生に対して受け入れがたい現実の1つや2つは抱えているはずです。

なぜ?どうして?と思って後悔し、受け入れ難い過去は、誰でも、背負いたくなかったことでしょう。

生まれたことを悔やむほど重い過去があったとしても、その過去を消し去ることは出来ません。

rainbo-girl.jpg

もしも、こんな親の下で生まれて来たことを悔やんだとしても、変えることは出来ません。

貧しさ、喧嘩の絶えない家庭、両親の離婚、親の不倫、経済的に負担が掛かるという理由で才能を伸ばすことができない環境、肉体的、または、精神的な障害、病弱な身体、自らが犯してしまった罪、愛する人との別れ・・・。

そのような過去の重荷を抱えながら生きて行かなければなりません。

変えることは不可能ですが、その胸に痞えて、辛くなる過去の重荷に対して、どのようにすれば良いのでしょうか。

人によっては、恵まれた環境にいて、不満、不平など持ちようのない人生であるはずなのに、その人自身の運命を受け入れることが出来ない場合もあります。

この地球上に生まれ変わった人間であれば、人生に背負った条件のすべてに満足している人は誰もいないでしょう。

巨額な富を保持していても、絶世の美女であったとしても、誰もが、何らかの受け入れ難い過去を抱いて生きているのが現実です。

しかし、恵まれない環境だからといって、その人が不幸になるとも限りません。

また、恵まれた環境でも、何かしらのコンプレックスを抱いていることで、苦しみを背負って生きている場合もあります。

様々な背景を持つ方々との出会いを持つ中で、確信したことがあります。

それは、どのような辛い過去、厳しい人生を強いられたとしても、本人がその運命を引き受ける覚悟を持ったとき、人生観が変わり、どんなに辛い条件の中にも、人生の意味を見出すことが出来るという事です。

その条件という言葉にヒントがあるので、意味を調べて見ました。英語では、conditionと訳されます。

《1・ 約束や決定をする際に、その内容に関しての前提や制約となる事柄。「条件をのむ」「条件をつける」「一日だけという条件で借りる」「条件のいい会社」

2 ・ある物事が成立・実現するために必要な、または充分な事柄。「いつ倒産してもおかしくない条件がそろっている」「一定の条件を満たす物件」「条件が整う」》

自分の合った最高の条件であったとしても、人生の意味を見出すことが出来なければ、本当に生まれて来た意味を実感することなく、生きて行くのは、航海で羅針盤も地図を持たないで放浪している船のような、どこに向かえば良いのか、分からない生き方は、無難な生き方で若い人であれば、そのような時期もあるでしょうが、中年期を過ぎても、同じような生き方をしていては、本来の生まれた意味を果たすことなく、過去の辛いことばかりに意識を集中していても、誰かが手を差し伸べてくれたとしても、「だって、でも、面倒だし」というような否定的な気持ちが先に内面で芽生えて、自分の人生を惨めな方向に持って行っているのは、自分自身だということに気づかないでいることになります。

pink-girl-hat.jpg

辛い現実を受け入れることで、少しずつ、自分が変化して行きます。

辛い思い出は、脳裏に深い傷として刻まれていることでしょうが、それでも、生きて行かなければなりません。

辛い条件で人生を出発した人も、その過去の痛みを受け入れることが出来れば、必ず、その苦難を乗り越えることが出来ます。

悲しい出来事を体験した人ほど、声を揃えて言います。

「この悲しみも叡智に変わることがあり、それは楽な事ではありませんが、幸福を齎すこともそこにはあります。それは、その体験を生かして、誰かの役に立てればと思うようになったことで、生き方が変わり、幸福に満たされることが増えました。」

自分の為だけに生きている人は、その現実を受け入れることが出来ないため、些細なことでも、文句を言い、すこしずつ、波動を下げていることに気づかない人もいます。

過酷な人生を体験した人は、そんな些細なことで文句を言える人には興味を示しません。

どんなに辛い条件で生まれ変わったとしても、その条件には深い意味が隠されています。

例えば、弱者、醜いもの、不完全なもの、未熟なもの、病気、老い、痛み、悲しみ・・・。この1つでもあれば、人生の重荷として、それを隠して生きて行こうとすればするだけ、生きる意味を見出すことが難しくなって行きます。

女性ですと、老化を受け入れることが出来ず、周りからの視線を気にするあまり、顔を弄ってしまい過ぎて、その人の笑顔で励まされていた人もいたはずですが、笑えなくなってしまい、更なるトラウマを作ってしまう人もいます。

その本人は気になる部分でしょうが、意外と他人はそれほど気にしていないことの方が多いです。

ですから、過去の重荷を人生の汚点として、削除しようと考えることで、気持ちが重たくなります。

しかし、本当にその過去に意味がないと言えるでしょうか?

人生に起きるすべての出来事には意味があります。

私たちはすべて自分達で選んで、その条件の下に生まれ変わっています。

この時代、両親、環境、価値観等も、選び抜いた上で、地域や国を選択しています。

そして、今の時代、少しずつ、すべて条件も変わって来ています。

ある意味、通信機が進化したことで、瞬時にインターネットを通じて、海外にいる人とも連絡が取れる時代が当たり前になりました。

この20年間で、急速に変化して行っています。

親や学校の先生の価値観を鵜呑みにして来た人ほど、もっと、広い世界を学ぶと良いでしょう。

自分の中で拭い去りたいほどの辛い過去であるほど、本当は、そのかけがえのない出来事の中から、光を見出すことが出来るかも知れないのです。

ですから、今、過酷な条件で生きている人ほど、その体験は磨かれていないダイヤモンドのような光輝く道しるべを持って生まれているのですから、思いもしなかった出会いやメッセージが届き、未来に幸せが待ち構えていると信じて、明るく、素直に進んで行きましょう。

ありがとうございます。