船越英一郎・松居一代夫妻の愛憎劇~2

img183.jpg

前回も少し言及したが、松居一代さんの性格は印星大過で、けっこう執念深いところがある。しかも、生日が冠帯、生月は帝旺なので、言い出したら後には引かないし、とことん攻撃してしまう。

悪いことに、大運は「傷官・死」、年運は「印綬・死」となっており、精神的にとても不安定な状態にいると思われる。

執念で夫婦を続けていても、死ねば霊界で別々になる。

霊界は永遠の世界であり、肉体を中心とした地上生活は(霊界からみると)まばたきのような短い期間である。

霊界で暮らすための肉体生活であるから、永遠を見据えた生き方をしなければ意味がない。形だけの夫婦になんの意味があるのか。

彼女は、前夫と性格の不一致で別れたらしいが、船越さんとも同じである。

お互いが相手の為に行きたいという価値観で結ばれていないので、これ以上夫婦生活は望めない。

協議して年内に離婚するか、運命の流れで来年「比肩」に離婚するか...静観していよう。