自分の中のタレントに目覚めよ!

img183.jpg タレントと言えば"芸能人"という意味にとらえられることが多いが、もともと"才能"という意味がある。 語源は、聖書に出てくる貨幣の単位である。 マタイ伝福音書25章には、主人が僕たちにそれぞれの能力に応じてお金(タラント)を預けてそれをどうするかを見る内容が書かれてある。
5タラントを預かった僕は商売をしてほかに5タラントを儲けた。2タラントを預かった者も同様に2タラント儲けた。ところが、1タラントを預かった者はお金を土の中に隠しておいて儲けることはしなかったという話だ。 1タラントは、現代では数千万円に相当すると言われている。 さて本題に入ろう。 人はそれぞれ神から授かったタレントを持っている。 運よくそれを見いだし磨いた人は、有名になったり、有意義な人生を送ることができるだろう。 幼少のころの家庭環境が影響することも否めないだろう。家庭内がガタガタしていれば、生きていくだけで精一杯となり、才能を見いだす余裕もないだろう。 しかし、たとい歳をとっていても諦めてはいけない。 諦めるなら、1タラントを隠しておいた愚かな僕と同じである。 自分が天より与えられた才能や個性を知り、すこしでも伸ばせばいい。 そのためには、四柱推命でじっくりと自分を見つめる時間をとることをお勧めしたい。