浮気♯2

さて、ではなぜ島根県は不倫率が高いのでしょうか?

色々と仮説を立てて検証してみたのですが、島根に不倫が多いのは単に島根の男性の魅力が低いからということのようです。
秋田に少ないのは古来より大陸(ロシア)の影響のようです。
DNAレべルでも影響しているようですし、夫婦の性生活対する文化的影響もあるようですね。

それにしても島根県人として少し情けないです。

2 15.jpg

浮気

県別浮気率ランキング、30年前NHKが調査したという事を当時聞いた事があります。
この時の調査は県庁所在地の既婚女性に対するリサーチだったようですが、島根県が堂々のワースト1位でした。
我が県 島根のなんともお恥かしい結果だったのですが、当時「ああ〜 日本海側だし娯楽が少ないからこうなるのだな〜」と思ったものです。

近年も同様の調査があったようです。
ゴム(スキン)メーカーの調査だそうですが、此度は県全域でということ。
ワースト1位は相変わらず島根県、「やっぱり 島根は相変わらず娯楽が少ないということか」と思いました。
ワースト1位1位だけをみたら軽く流すところだったのですが、1位がなんと似た環境の秋田県。
日本一貞淑な方が多い第1位は秋田県ということなのです。
距離こそ離れていますが、島根と秋田は同じ日本海側で気候や言語までも共通点の多い地域、娯楽の量もさほど変わりはないでしょう。
因みに島根の真南、広島県は第5位なのです。

続く

2.jpg

大麻

先日大阪大学のチームが、大麻の成分に脳神経を破壊するものがあると論文を発表していましたね。

医療大麻というものがあります。
日本では認められてはいませんが、アメリカでは半分の州で認可(医療用)されているそうです。
どのような作用で医療に有用なのかは置いておいて、はたして大麻は身体に対してどうなのでしょうか?
大阪大学が行った研究はマウスに投与(注射)する事によるものだそうですが、仮にマウスにアルコールを注射するとあっという間に死んでしまうのだそうです。

大麻には軽度の幻覚作用があるそうです。
もちろん飲酒によってもそれ以上の幻覚があるのですが、幻覚があれば車の運転が危険になります。
大麻とお酒では検問での検査問題があり、、、、といったところが扱いが違う大きな要因かもしれませんね。

ダウジング検証です。
100年後 大麻は合法化されているようです。
車の事故そのものがない世界(時代)になった、という事だからでしょうか?
有害性、幻覚もほぼないに等しいという結果でした。
古来より日本各地に普通にあった「麻」、害悪(違法)とされた理由は禁酒法に由来するようですがこのあたりはまた今度。

hu.jpg
photo:イスタンブールにて

先日タバコと肺がんの関係を記事にいたしました。
結論としてタバコと肺がんの関係はほとんど無視できるレベル、という結果でした。
肺がんの主要因はストレスと結論づけましたが、一般的にはストレスと深い関係にあるのは胃がんのように連想されています。
ストレスを抱えると胃がキリキリと痛む、胃潰瘍になっていずれガンに進行していく、そんなイメージです。
しかしダウジング検証では胃がんとストレスではほとんど関係性の反応は出ませんでした。
胃がんは昔から多いのですが胃がん人口の変化はあまりなく、また日本海側に多い傾向だそうです。

では胃がんの主要因は一体なんなのでしょうか?

ダウジング検証結果です。
1位はピロリ菌のようです。
2位はアルコール、ストレスにより飲酒量が増える事によるものならば間接的にはストレスと胃がんは関係あるのかもしれませんが、ストレスのみではさほど胃がんにはならないようです。
ストレスは肺がんへと進んでいきます。

1 32 16.04.53.jpg

高齢化社会

年々出生率が減りそう遠くない将来に日本の人口は1億人を切りそうな状況。
当然高齢者は増えていきます。
1930年日本人の平均年齢は26歳だったそうです。
若者だらけですね、しかしこの平均年齢26歳は適正なのでしょうか?
当時の年齢別人口、グラフにすると綺麗なピラミッド型を示し26歳の人口と0歳とでは2倍の違いがあります。
つまり26歳になるまでにおおよそ半分が死亡するということです。よってリスク回避のため子供を多く産む傾向の社会であり、結果若者が多くピラミッド型になるということですね。
平均年齢26歳とはそういうことを意味するのです。
超高齢化社会、何が悪いのでしょうか? 多くの人が長寿であるということです。
出生率低下は問題です。しかし現在の高齢化社会を作り出した要因としては10%弱という検証結果。
主要因は単純に寿命が延びた!という事です。

2.jpg
photo:出雲「稲佐の浜」にて(GH4 + NOKTON 42.5mm)

発電

世界の発電供給量割合、断トツに石炭火力発電が多いようです。
グラフで見ると40%,ついで天然ガス 水力 そして原子力と続くようです。
日本は天然ガス 石炭の順、近年は原子力の稼動停止の影響で石油が第三に上がってきているようです。
今後この割合はどう変化していくのでしょうか?

100年後にスポットを当てて検証してみたいと思います。

ダウジング検証による見解。
世界割合では風力発電が60%を占めると出ました。
私としては意外な結果です。
蓄電技術の劇的向上があることが要因のようですが、地球の総風量に影響がありなんらかの形で自然に影響が出そうな気も致します。

1 26.jpg
photo:上高地にて(GF7 + LUMIX 12-32mm)

タバコと肺がんの関係。
現在、肺がんの主原因の一つはタバコであると広く周知されています。
しかし、喫煙及び受動喫煙人口は年々減っているにもかかわらず、肺がんによる死亡は増えつずけています。
この結果に対して様々な議論が飛び交っていますが実際はどうなのでしょうか?
この事実はタバコは肺がんとはさほど関係ない事を示すようにも思えますし、見方を変えると平均寿命が延びているのだから高齢化し最終的には肺がんになってしまう人間の体質による増加でありタバコと肺がんは関係無しとは言えない、とも考えられます。

ダウジング検証による見解。
タバコと肺がんは物理的影響(喫煙者)として5%でした。
これは5%リスクが増すという事になりますが、精神安定の効能を加味するとマイナスの可能性があります。
肺がん要因で最高値を示したものはストレスでした。およそ70%です。

私個人はタバコを吸わないのですが、ストレス回避の方法として古来よりタバコは有用だったからこそ数世紀に渡り親しまれてきたのかもしれませんね。
お酒も然りかもしれません。
まあ 適量というのがあるのですけど。

1 30.jpg
photo:世界遺産コロッセオ ローマにて(GH4 + PROMINAR 8.5mm )

happy holiday

現在世界的にメリークリスマスとあまり言わなくなってきています。
これは各宗教に配慮したもの。
今は「happy holiday」が世界基準。
世界情勢を考えるとこれはとても良いことだと思います。

それではみんさん ハッピー ホリデーズ ♪

600-2.jpg
PENTAX FA645 150mm

光をも吸い込んでしまうというブラックホール、高重力な天体ということなのですが、仮に人間が吸い込まれた場合どうなるのか?

イメージ的には圧縮され砂つぶにのようなサイズになるか?もしくは蒸発、そんな感じです。

一説では重い頭部に下腿部よりも強い重力がかかり体は引き延ばされながら落下していくのだだとか。

つまり身長が伸びると。

ダウジングでもこの「伸びる」というキーワードに反応を示します。

いままで「潰れる」とイメージしていましたので意外です。

22.jpg
photo:Sonnar T* FE 35mm F2.8

オリンピック会場の計画が白紙になりましたね。
まあ もうとっくに決めていた白紙案だとは思いますが。

民主党時代に決まったスタジアム計画、ずさんというかほぼテケトウに決めた予算、
安倍内閣の支持率回復には追い風ですかね。
先日の強行採決はこのスタジアム建設へ向けて白紙発表をする建設期間等を考慮したタイムリミット、そしてそこからの逆算ということでしょう。
安倍さんの周りには頭脳明晰なブレーンがそろっていますね〜
工期スピードのすぐれた工法を採用し一気に造り上げ、結果彼の判断は正しかったとのちに言われる事になるのですからね。
なんか結果論的に民主党は引き立て役にしかなっていないな〜

tgy.jpg
photo:アテネにて (SONY α7 + Sonnar 35mm F2.8)

先日もここで暴動が起きています。
オリンピックの聖地ギリシャは混沌としていますね。