タグ「#イエス・キリスト」が付けられているもの

img183.jpg

中村倫也主演ドラマ『美食探偵』というのがある。東村アキコの漫画をドラマ化したものだが、単純なストーリーなので老若男女楽しめる。
この中で、小池栄子扮する殺人鬼"マグダラのマリヤ"が、探偵・明智五郎を翻弄する。
名探偵というよりも、迷探偵という感じがしないでもない。

もともと、マグダラのマリヤは新約聖書に登場する女性で、イエス・キリストの愛によって、罪から解放される。
正教会、カトリック教会などでは"聖人"扱いされる。
彼女の偉大なところは、誰よりも命をかけてイエス・キリストを愛したという一点である。

人間的にどんなに人格者に見えても、神の子を否定したときから、その人は"無神論者"であり、永遠の世界において天国へ入ることは出来ない。
反対に、過去にどんな罪を犯したとしても、深く懺悔すれば赦しを受けられる。

「わたしは真面目に生きてきた」とか「多くの人のために尽くしてきた」とか、自身を誇るものは、自分が正しいと思い、罪を認められないので、贖罪を受けることはできないし、天国へは入れない。

このマリヤは、ある意味"女性の鑑"である。
罪が深いがゆえに、イエス・キリストの純粋な姿に接して自身の醜さを恥じ、「私は死んで当然です」という境地に入っていくことができた。

十字架上で右側の強盗が懺悔してイエス・キリストを受け入れたのも同様だ。彼は「罪を犯したのだから死んで当然」と思い、悔い改めることができた。
その罪を告白した姿をイエス・キリストは受け入れられて、ともに楽園に入ることを許諾された。

イエス・キリストは言われた「悔い改めよ、天国は近づいた」と。

悔い改め(懺悔)が不要な人間は、誰一人として存在しない。

釈尊が聖人になり得たのは、深く懺悔できたからに他ならない。彼は悪事を働いたので懺悔したわけではない。
自分の中に潜む罪を発見したのだ。

悔い改めることが天国に行くための第一歩である。

どんなに聖書に精通していても、悔い改めることは容易ではない。

正義感の塊のような顔をして他人の悪事を裁くような輩は、暗い低級霊界へ行くしかない。

律法学者、パリサイ人がそうであった。

自身の醜さ(罪)を謙虚にみつめ、悔い改めることができなければ、永遠に天国は来ない。

台湾に感謝!

img183.jpg

台湾政府は、マスク200万枚を日本に寄贈してくれた。台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表は「まさかの時の友こそ真の友の証しを刻む」と話した。
そのマスクは、特別支援学校と47都道府県、20政令市に配送するという。

成田空港に到着した荷物は、「台湾日本友好」「日本加油」(がんばれ日本)などと書かれた横断幕やはり紙に包まれていた。

 謝代表は、東日本大震災や熊本地震の際にも救援物資を贈ったことを踏まえ、「新型コロナウイルスと闘うために世界が団結しなければいけない。台湾と日本は災害の時、お互いに助け合う伝統がある」と話した。
台湾(中国)とは、その昔戦争をした。
戦後日本は"賠償金"を請求されていたら、日本は現在ほど復興できなかっかかれない。
アメリカが圧力をかけたという話もあるが、500億ドルにのぼる対日賠償請求権を蒋介石総統が放棄してくれたから、日本はスムーズに復興できたことは間違いない。
その『以徳報怨』精神を、我々は忘れてはならない。
聖書に親しんでいた蒋介石なので、イエス・キリストの「汝の敵を愛せよ」と言われたみ言葉が脳裡をよぎった可能性もある。

蒋介石総統の名前だが、易経からとったと思われる。

【雷地豫】というのがあるが、二爻変に
"介于石(いしにかいす)"とある。
つまり、摂義を守ることが石のようにかたいという意味だ。