タグ「#同性愛」が付けられているもの

韓国LGBTの葛藤

img183.jpg

COVID-19を封じ込めたかに見えた韓国で、新たなクラスター感染が発生した。

感染の舞台が性的少数者(LGBT)が集うクラブだったらしい。

感染した男性は一晩で5軒をはしごしてたというから、傍迷惑な話だ。

ソウル市は、その5店に来店名簿を提出させ、5517人に連絡したが、3000人以上と連絡が取れなかったとのこと。

連絡がとれても、性的指向が周囲にばれることを恐れて、検査をためらう人たちもいる。

時代的に、LGBTに対する偏見や差別を無くそうとする動きもあるが、限界があると思う。

なぜなら、「本来的ではない性的指向は容認すべきではない」という、厳格な価値観を持っている人達も多いからだ。

世間に対して「LGBTを認めよ」という傲慢な態度に出るではなく、「LGBTで申し訳ありません」という謙虚な姿であれば、もっと"同情票"を勝ち取られるかもしれない。

私は差別はしないが、同情もしない。"ふつう"の人として接するだけだ。

_20200423_061610.jpg

LGBTの従業員に対する社内ルール作りが、製造業でも目立ち始めた。

ホンダは同性パートナーがいる社員にも、"結婚"休暇や祝い金などを与えるようだ。

トイレも彼ら専用のものを設けたりしている。

また、川崎重工業も4月から、同性パートナーを配偶者と同等に扱う社内規定を定め、慶弔休暇や介護休暇の取得などで適用されるという。 旭化成では、今年度中に、同性パートナーを扶養家族として認める福利厚生制度の導入を目指す。

同様の動きは外資系やネット企業で先行したが、グローバル化が進む製造業でも、ダイバーシティー(多様性)を競争力向上につなげようとしている。

私はこういう動向に異を唱えたい。

L(レズビアン)G(ゲイ)B(バイセクシュアル)T(トランスジェンダー)は、神の願われる姿ではないからだ。

人類が神に反逆した(堕落した)結果として生じたものであり、動物、植物世界にはない。

謂わば、人類に"流行り病"が生じてしまったようなものだ。

コロナウイルスの蔓延を放置すれば人類は遠からず滅亡する。だから世界は必死になって感染を食い止めようとする。

実際には起こらないだろうが、LGBTの数も世界中に拡大すれば人類は滅亡する。

陰陽の自然の摂理に反する価値観を容認することはできない。

陰陽の法則は、男・女、雄・雌、雄しべ・雌しべ、陽イオン・陰イオン、陽子・電子...というように、陽(+)と陰(-)が合わさることによって生存、作用、繁殖、発展をするようになっている。

断っておくが、彼らを差別しろという意味ではない。

むしろその逆だ。

彼らを救ってあげないといけない。

先祖の過ちや様々な原因で先天的に脳に異常がある人もいる。

異性を愛せないのに、無理やり愛せよという必要はない。

現代医学では"治せない"ので、病気とはみなさなくなったが、適切な教育とカウンセリング、心霊指導で"直す"ことができる。