タグ「#9月」が付けられているもの

img183.jpg

安倍首相は29日の衆院予算委員会で、COVID-19拡大を踏まえ、学校の始業や入学時期を9月への移行を検討する意向を表明した。

日本は4月が新学期になっているが、明治時代の初期は9月入学だったそうだ。
国の会計年度を4月からに切り替えたことなどから、大正時代にかけて4月入学に移行するようになった。

いま大阪のある高校生が新学期を9月にしようと、Twitterなどで署名運動を展開している。

欧米では9月新学期が主流であって、日本のような4月入学は世界的には少数派である。
だから、海外の大学への留学や日本への留学生の受け入れには、双方に時期の壁がある。

2012年、当時の東大学長・浜田純一氏は9月入学の導入を提唱したが、改革へは至らなかった。

最近は、日本の企業も通年採用時期を柔軟にしており、環境は変わりつつある。

私の実弟が40年近く勤務しているH製作所は、来年4月から卒業後の自由な時期に入社できる「365日」制度を導入するらしい。

ただ、9月入学には課題も残る。

一つは公的資格試験との兼ね合い。年度制を基準にした法令改正もしなければならない。法律の改正も必要となる。

しかし、犠牲なくして発展はない。

よって、政府や与野党、教育界、経済界は、徹底した議論をしてもらいたい。