img183.jpg

2019年に香港で起きた反政府デモをめぐり、無許可集会扇動罪などで服役していた民主活動家、周庭氏(24)が12日午前、出所したようだ。

昨年12月に禁錮10月の実刑判決を受けたが、受刑態度が良好だったため刑期が短縮され、前倒しでの出所となったとのこと。

香港で反政府デモのきっかけとなった「逃亡犯条例改正案」に反対する「100万人デモ」から今月9日で2年が経つ。

これを受けて、在日香港人らは12日、東京都新宿区で中国政府に抗議するデモ行進を行った。
 
午後4時に新宿中央公園水の広場から、「香港加油」などと書かれた黒いTシャツと黄色いマスクを身に着けた約250人(主催者発表)が出発。

「香港独立」などと書かれた旗や、「雨傘運動」を象徴する黄色い傘を持った参加者は、都庁やJR新宿駅前、区役所前などを約1時間かけて行進した。

自由な香港への願いを込め、「香港を取り戻せ!革命の時だ!」「人権弾圧やめろ!」とシュプレヒコールを上げた。

アヘン戦争で勝利した大英帝国は150年以上も香港を管轄下に置いたが、結果的に香港は大発展を遂げた。

いま中国の元に戻ることで、人民の多くは葛藤している。

中国と香港との関係に我々は立ち入ることは出来ないが、せめて在日香港人たちを応援してあげたいものだ。

img002.jpg

大関・朝乃山に、1年にも及ぶ「6場所の出場停止」という、極めて異例の厳罰処分が下された。

 協会発表によると、朝乃山は今年1月の初場所前、3月の春場所前と場所中、5月の夏場所前の外出禁止期間中に計10回のキャバクラ通いを繰り返した。また、昨年11月場所前などにも計3回の会食をしたという。

 厳罰化処分が下された理由として、キャバクラ通いが発覚したとき、夏場所中の協会の調査に対し、同行した記者と口裏合わせをしたことだ。

外出禁止期間中でも例外で許されている整体治療に行くため東京・神楽坂で待ち合わせをしただけ、などと虚構のストーリーを作出して報告した。

また、携帯電話に残っていた記者らとの間のLINEメッセージを消去するなど証拠隠滅工作もしたという。

その後の再調査で一転して事実を認めたが、嘘は良くなかった。

彼の命式は

【年】甲戌・偏印・墓
【月】丙寅・比肩・長生
【日】丙戌・ ・墓

相撲取りには、「印星」を持っている人が多いが、彼も偏印がある。
比肩星が多いため自我が強いことがわかる。

昨年は「偏財」今年は「正財」と"遊びの星"が続いており、逸る衝動を抑え切れなかったのだろう。

横綱になれば降格にはならなかっただろうが、せっかく築き上げた大関の座から降ろされるのは、自業自得と言わざるを得ない。

img002.jpg

石川県での出来事

電車の中でおじさんが酒を飲んでいた。

通路を挟んで反対側に座った2人の男性の一人が、マスクを付けずに酒を飲んでいるおじさんに注意した。

それに素直に従えば話はそれで終わるのだが、激昂したおじさんは相手に向かって罵声を浴びせた。

普通は「酒を飲んでいたおじさんが悪い」というだろうが、私は両者に問題があると思っている。

先ず、電車内で酒を飲んではいけないという規則がない限り、注意することではない。また、マスクを付けなくても、"罪"ではない。お喋りしていたのなら、別だが。

また、年上に対する注意の仕方である。平身低頭に伝えれば、おじさんは激昂するには至らないだろう。

おじさんもおじさんで、わがまま過ぎる。私ならば、相手が年下であろうと、注意されたら、素直に謝罪するだろう。

指摘する場合は、相手の顔をよく見るといい。素直に聞き入れる人か反発する人かは顔で判断できる。

結果的にこじれてしまえば、注意する意味がなくなる。

小さな親切のつもりが、大きなお世話になってしまう。

img002.jpg

AKB48柏木由紀が、「脊髄空洞症」の治療のため活動を一時休養するようだ。

3日放送の「主治医が見つかる診療所スペシャル」で人間ドックを受診した際に見つかったというから、運がいいのかもしれない。

この病気は10万人に1人の割合で発症すると言われている。

彼女の命式を見てみよう

【年】辛未・正財・衰
【月】乙未・印綬・衰
【日】丙戌・ ・墓

《大運》戊戌・食神・墓
《年運》辛丑・正財・養

彼女は、五行を見ると「過傷官」になっている。

大運も食神がダブるので「仮傷官」となっている。

全体的にバランスは悪くないので、最悪の事態に陥ることはないだろう。

元々長生きしそうな星だ。心配無用である。

img183.jpg

立憲民主党法務部会のワーキングチームが刑法の性犯罪規定の見直しについて議論した際、本多平直衆院議員(56歳)が「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言していたことが7日判明した。

彼の命式をみてみよう。

【年】甲辰・劫財・冠帯
【月】乙亥・比肩・死
【日】乙酉・ ・絶

《大運》庚辰・正官・冠帯
《年運》辛丑・偏官・衰

「比肩星」が強く、とても頑固な星であることが分かる。よく言えば、芯が強く、簡単には折れない。

今年は、大運も年運も「官星」で、官殺混雑の状態になっている。

官位が危うい年であるから、発言には十分注意しないといけない。

彼の発言は明らかにおかしい。同党の蓮舫議員も噛み付いて当然だ。"合意"云々ではない。結婚を前提としてないこと自体が問題なのである。

彼の倫理観、良識を疑わざるを得ない。

ところで、彼の奥さんは同党の西村智奈美(ちなみ)議員で、ここ新潟の出身である。

ちなみに、彼女も「劫財」を持っている。

img002.jpg

プロゴルファーの笹生優花選手が、全米女子オープンで日本人女子3人目のメジャー優勝を果たした。

【年】辛巳・正官・病
【月】甲午・比肩・死
【日】甲寅・ ・建禄

《大運》丁酉・傷官・胎
《年運》辛丑・正官・冠帯

彼女の性格は、渋野日向子選手に比べると男性的である。

大運は「傷官」だが、スポーツには適している。

また年運は「正官・冠帯」で、名誉の星でもある。

ところで、丑は空亡(大殺界という人もいる)であるが、彼女の大活躍を見てもわかるように、空亡が悪いという根拠はないのである。

img002.jpg

フリーアナウンサーの加藤綾子さんが結婚発表をした。

相手は一般男性というが、会社を経営しているとか、どこかの御曹司の可能性がある。

彼女の運勢をみると、ちょうど"婚期"に入っていた。

【年】乙丑・傷官・衰
【月】庚辰・偏印・墓
【日】壬辰・ ・墓

《大運》己丑・正官・衰(数え37歳~40歳)
《流年》辛丑・印綬・衰

今年は大運でちょうど「正官」という結婚に良い時期に入っている。
しかも、「印綬」も出ているので、彼女にとっては良縁に違いない。

男性遍歴の多い彼女も、やっと落ち着く時を迎えたのだろう。

阿部寛のEngrish

img183.jpg

テレビドラマ「ドラゴン桜」が面白い。

今回も英語の特別講師として、ユリアンが登場した。

踊りながら生の英語に触れていくシーンがあるが、現実はドラマで見るほど簡単ではないだろうと思う。

ユリアンは英語の発音がいいが、主役の阿部寛は発音が悪い(しつれい!)。

Can you speak English?

と言うべきところを

Can you speak Engrish?

と言ってた。

Lの発音がRになっていたのだ(꒪д꒪II

img183.jpg

芸能プロデューサーと称する男が、タレント志望の女性を騙しホテルへ連れ込みわいせつ行為を働き逮捕された。

過去にも犯罪歴があるらしいが、一度悪事に手を染めると元に戻れなくなってしまう輩も多い。

彼の命式見ると

【年】癸酉・傷官・帝旺
【月】丁巳・正官・長生
【日】庚寅・ ・絶

《大運》21歳~30歳
乙卯・正財・胎
となっているが、財星が集まり、遊びに夢中になるので、まともな仕事には就けないのだろう。
30代も「偏財」が出るので、今後ずっとダラダラしそうだ。
刑務所から出ても、更生は難しいかもしれない。

ちなみに、今年は「敗財」で、逮捕されやすい年であった。

逮捕時に涙を流していたらしいが、反省の涙とはとうてい思えない。

逮捕されて無念の涙を流したに違いない。

こういう犯罪者の大半が、家庭環境、とくに幼少期に問題を抱えている場合が多い。

少なくとも、神仏を敬い、先祖を大切にする家庭の中で育ったとは考えられない。

img002.jpg

5人組女性ボーカルグループ「Little Glee Monster」のメンバーで、昨年12月から体調不良のため一時休養している芹奈が「双極性障害」「ADHD」と診断されていたようだ。

最近は双極性障害と言うが、昔は「躁うつ病」といわれていた。

またADHDは、年齢や発達に不相応なレベルで、注意力が散漫で落ち着きがなく、衝動的な行動を取ったりするが、原因はよく分かっていないらしい。

医学的には分からない場合、霊的な原因があるかもしれない。ほとんどの医師は霊的なものを認めていないが。

ところで、彼女の命式は

【年】戊寅・劫財・死
【月】丁巳・偏印・帝旺
【日】己卯・ ・病

《大運》乙卯・偏官・病
《2020年》庚子・傷官・絶
《2021年》辛丑・食神・墓
もともと「病」運の生まれで、"厭世"を表す「劫財」を持っている。
大運は「偏官」なので、今の時期は対人関係もうまく行かなかったことだろう。
昨年は「傷官」で、精神的にも限界だったはずだ。
また今年は「食神」が出るので、「倒食」される。
復帰までには暫く時間がかかりそうだ。