タグ「生きる」が付けられているもの

みなさま、こんばんは。青藍です。

4月もあっという間に過ぎて行きそうな今日この頃ですが、
頑張っていらっしゃいますか?


...こちらは、4月だというのに、
昨日、雪が降りました。

早く、梅や桜の咲く姿を見たいな...。


さて、今日もまた、恋愛の、おはなし。


よく言われることではありますが、

「恋」と「愛」は、違いますよね。
違う性質の、感情です。

「恋」は、

突然、自分でも知らないうちに、降ってくるもの。

気づいたら、そこに在った、という気持ち。

どうしようもなく、心を奪われる、ということ。

眩しいくらいのきらめく光と、
底無しの暗い闇を同時に味わうこと。

飛んでゆけそうなほどのしあわせや嬉しさと、
とても立ち上がれないと思うほどの、狂おしい、
せつなさや哀しさ、孤独、苦しみ。

相手を、どうしても自分のものにしたい、
相手の心を、どうしても自分の方だけに振り向かせたい、
という、強く乱暴な、利己的な、感情。

でも、自身の心では、
どうコントロールすることも出来ない、感情、気持ち、想い。

「愛」は、

ただ、与えるもの。

ただ、差し出すもの。

ただ、受け取るもの。

そのひとを知る、という理解。

そのまま静かに、いつも、そこに、在るもの。

ときにはせつなくもあるけれど、
とても、おだやかな、
あたたかな、光のような、想い。

ただ、ひたすらに、相手のしあわせを願う、気持ち。

そのひとが、ただ、存在(い)て、生きていてくれることへの、感謝。

しずかに、微笑んで、見守るような、気持ち。

永遠に、消えること無く、
逢うことが出来なくても、そのひとがこの世に居なくなっても、
ただ、此処に、在り続けるもの。

見返りは、求めない、利他的な、感情。

でも、自身の心で、
選び、育んでゆく努力が必要な、感情、気持ち、想い。


...だから、
「恋」と「愛」は、まったく別のもの、なのです。

でも、どちらも、
人間ならば、抱いて当たり前の、感情、気持ち、想い。


...それが、一緒になったものが、「恋愛」。


...「恋」を、「愛」へと、
上手にシフトさせてゆくことが出来れば、
恋愛は、うまくゆく、のにね。

どんなひとにだって、それが、出来る筈、なのにね。


...そうは、想いませんか?


...この、1度きりしか無い、
それぞれ誰にとっても、
かけがえの無い人生の終わりに、

愛を知って、胸に抱いて、

静かに微笑んで、許し、許されて、

「ありがとう」と「さようなら」を。

光に、包まれて。


...そんな風に生きて、還ってゆけたら、
いいですね。

「Tuday is the first day of the rest of my life.」

「今日という日は、残された私の人生の、最初の一日。」


...だから、後悔の無いよう、生きましょう。


...それでは、また。

青藍