タグ「終末の夢」が付けられているもの


kodai.jpg
(※この画像は私が夢で見たイメージ画像です)


私は世界の終末の夢をよく見ます☆
今日はその第四弾です...☆

ある日に見た「終末の夢」...
なんかどこかの教室のような光景がいきなり現れました
その時の空の様子も立て続けに現れたのですが
それは昼だと言うのに真っ暗になっている空の様子で
さらに見る見るうちに もっと暗い「完全黒」という漆黒の色になったのです!


その時その教室にいた よくテレビに出るお笑い芸人のうちのひとりがこう言ったのです
「ホントに完全な黒だよ...ホントに混じりけのない黒!もうホントにイヤになるよ!」
と「こんなに真っ暗な世界じゃ生きて行くのがこれじゃホントにイヤになる...
これじゃ夢も希望もないよ」と言う意味で彼はそう言いました...


それを聞いていた私は その芸人が言ったことを
他の親しい誰かをコッソリ呼んで その人の耳元に手を当てて
他の誰にも聞こえないようにして告げたのです

なのに近くにいた人たちが「フンフン」と聞き耳を立てて来たのです
その人たちは自分にも私が話してくれると思っていたようです

そして私が話している内容は その人たちに絶対聞こえるはずもないのに
その人たちは聞こえるふりをして「ふぅ~ん」と相づちを打ったのです


それほどまでして他の人たちまでが是非とも聞きたがっていた
ある芸人が言った「絶望的な言葉」...
つまり普段は明るく楽しいことが売りの芸人という立場の人が
こういう絶望的な言葉を吐くからには何か重大な意味があるに違いない...
と 他の人たちまでもが感じたことをそのことは表していました


そうこうしているうち 真っ暗だった空の様子が変わってきました
今度は黒ではなく「水色と青の三角模様のステンドグラス風な空」に変わってきたのです!
そしてそのステンドグラス風な空が二重三重に重なってきて
その重なってる様子が透けて来て 空の奥の奥まで見えるのです
でもどこまでも どこまでも なぜか息苦しいステンドグラスだけなのです
まるで出口のない空...そういう感じなんです☆


その時周りには沢山の人々が集まっていて 私と一緒に移り変わりゆく
異様な空を見ていました

ステンドグラス風とは言え これも「キレイ」と言うよりは
なんか異様で不気味な雰囲気の空でした
決して安心出来る雰囲気の空ではなかったんです


案の定 またもや空の様子は変わってきて
さっきのステンドグラスにちょっとダマされた気分になっているうち
今度はツギハギだらけの汚いベニヤ板の空に変わってきたので
私は「うわ~!これはヒドい!」と思い そこが人間たちがひしめく街の上の空だったので
私は「人間たちが住む街の上はこんな風に空が汚くなるのか...
じゃ人間たちが住んでいない大自然が広がる場所の空は何もないんじゃないかしら?」
と フト思いついて町外れに行って見ることにしました


その町外れの光景は まったく家さえも建っていない ただの土だけが広がる大地でした
そこで上を見上げると 案の定そこの空には何も浮かんでいなかったので
「あっやっぱり人間たちの住んでいない所の空には何もないんだ」
と私はちょっとホッとしたのです

しかし何も浮かんでいないとは言っても 薄暗いどんよりした茶色の空だったので
なんか不穏な空気が漂ってはいました


そして少しホッとしたのも束の間!そこの何もない空を見ているうちに
次第次第にユックリとウッスラと古代の建造物が
まるで意志を持って生きている生物のように
空全体を覆い尽くして 超巨大に浮き出てきたではありませんか!

「あぁ...ここもやっぱり同じだ!何もない大自然の上の空も
人間たちが過去から積み重ねてきた歴史の残骸がこうしてシッカリと残っているんだ」
と私は絶望的に思いながらそれを見ていました

そしたらその瞬間 それらの超巨大な古代の建造物が
地上の人々すべてを滅ぼそうとする意志を持って
ガラガラガラッと大きな轟き音となって崩れ落ちて来たのです!


その時「かって俺たちも滅びたんだ!おまえたちも同じことになるんだ!」
そういう波動がその崩れ落ちる古代建造物から流れてきました!


そういう不気味なメッセージと共に「物言わぬ恐ろしさ」と言う感じで
その古代の建造物が空から崩れ落ちた瞬間
私は悲鳴を上げて 恐怖で凍り付き目が覚めました


無感情なのに意志を持った 古代建造物が襲ってくる
恐ろしい
終末の夢でしたが
それが現実に起こらないことをお祈りしています☆


★★~終末の夢〈第一弾〉~★★
★★~終末の夢〈第~★★ 
★★~終末の夢〈第三弾〉~★★

yajirusi1.gifこちらもどうぞyajirusi1.gif


♡★♪妖精プリカポリカ著作のご紹介♡★♪

renai2.jpg eienhiirou.jpg sueou1.jpg

★♡♪...恋愛の究極の指南書「ヒドい恋愛をしている女たち¥1200」電子書籍発売中
(☆恋愛と結婚の究極の指南書☆この本で男という生き物を知り尽くすと
幸せな恋愛ばかり引き寄せられるようになる!
今までの恋愛はなんだったの!?とあなたが今までしていた恋愛は
欠陥恋愛だったことを知り 初めて目が覚めて
この本を読んで以降は幸せな愛ばかりを引き寄せられるようになる!☆)

★♡♪...感動的なヒーロー本「僕の永遠のヒーロー¥648」電子書籍発売中
(☆エルビス・プレスリー似のカッコイイバスの運転手さんに憧れる
憧れマックスの本☆
こういう男性こそが女性を真に幸せにできることをこの本で知り
こういう男性こそを引き寄せないとダメってわかる!☆)

★♡♪...感動的な恋愛物語「末王物語(すえおう)」無料公開中
(☆悪魔界の大王の娘と天使界の大王の息子の禁断の愛のお話☆
こういう恋愛が本当の最高の恋愛ってわかる!☆
それを知ったらあなたも今日から最高の愛を引き寄せられる!)

bara2.jpg


semaruyama.jpg
(※この画像は私が夢で見たイメージ画像です)


私は世界の終末の夢をよく見ます☆
今日はその第三弾です...☆


ある日に見た「終末の夢」...突然私の目の前に
なんかスゴク異様な雰囲気を持った山々の連峰が
まるで巨大パノラマ映像のように
「バァ~ン」と立ちはだかりました

その巨大に連なった 山々の連峰のすそ野は
ただっぴろく広がっている平原でした


その立ちはだかる連峰の雰囲気がただならぬ妖気を漂わせていたので
「え?なんだろう?なんか恐い...山が恐ろしい怪物みたいに見える」
...と私は思い その連なる山々から目が離せなくなり
しばらくジ~ッと見ていました...

その山々はモノスゴク遠い距離にある山々だったのですが
なぜかすぐ目の前で見てるかのように
細部まで鮮明に見えるのでした☆


そしてジッと見ていると なんかチラチラと動く物が目にとまったのです
「え?なに?あの動く物は...」と私はなおも目をこらして見ていました

するとそれは次第に大きくなって行き
「燃えている火」だと言うのが判明したのです!
ところが見ているうちに その「火」が見る見るうちに
アチコチに飛び火し出したのです!

あっちでも燃えだし こっちでも燃えだし...と
その数はドンドン増えていきました

でもそれはかなり遠い場所にある山で起こっていることだったので
私はそれを遠い所で起こっている出来事としてとらえ
自分には関係ない出来事だと思って見ていたのです


しかし それは大きな間違いだったことにすぐに気付きました!
いつの間にか 山々のすそ野に広がる平原には大群衆がいて
いつの間にか私もそのうちの一人になっていたのですが
その大群衆めがけて モノスゴイ勢いで火が飛んできたのです!


人々はその火を避けて逃げ回っているのですが
そこは平原だったので 隠れる所は何もなく
ただ ひたすら 逃げているうちに
小規模なグループみたいなのが自然に出来上がり
そのグループ単位ごと あっちに逃げ こっちに逃げしていたのです


しかし火は無差別に襲ってくるので その逃げた場所に当たり外れがあり
運の悪いグループは火に当たってしまい
運のいいグループは難を免れていたのでした


私も最初はそのグループの中で逃げていたのですが
どこに逃げてもムリだと感じたのか
いつの間にか家の中に入っていて 家の窓から
その燃えさかる恐ろしい火を見ていたのです

しかしその時気付きました!なんと!山自体がユックリと動いて
迫ってきているのです!


なんの感情も持たない無機物の物がまるで生きているかのように
意志を持って動くことほど恐いモノはないのですが
完全に心のない無機物の山が まるで生きている生物のように
意志を持ってユックリと迫ってきているのです!


山が迫ってきていることに気付いた私でしたが
その時いた場所は家の中...まだ大丈夫感があったのです☆

しかし それは甘かったのです!いきなり私のすぐ目の前の窓に
燃えさかる火が飛んで来たのです!
悲鳴を上げて恐怖に凍り付いたとたん 目が覚めました!


無感情なのに意志を持ち 無差別に襲ってくる燃えさかる山の
恐ろしい
終末の夢でしたが
それが現実に起こらないことをお祈りしています☆


★★~終末の夢〈第一弾〉~★★
★★~終末の夢〈第~★★
yajirusi1.gifこちらもどうぞyajirusi1.gif


♡★♪妖精プリカポリカ著作のご紹介♡★♪

renai2.jpg eienhiirou.jpg sueou1.jpg

★♡♪...恋愛の究極の指南書「ヒドい恋愛をしている女たち¥1200」電子書籍発売中
(☆恋愛と結婚の究極の指南書☆この本で男という生き物を知り尽くすと
幸せな恋愛ばかり引き寄せられるようになる!
今までの恋愛はなんだったの!?とあなたが今までしていた恋愛は
欠陥恋愛だったことを知り 初めて目が覚めて
この本を読んで以降は幸せな愛ばかりを引き寄せられるようになる!☆)

★♡♪...感動的なヒーロー本「僕の永遠のヒーロー¥648」電子書籍発売中
(☆エルビス・プレスリー似のカッコイイバスの運転手さんに憧れる
憧れマックスの本☆
こういう男性こそが女性を真に幸せにできることをこの本で知り
こういう男性こそを引き寄せないとダメってわかる!☆)

★♡♪...感動的な恋愛物語「末王物語(すえおう)」無料公開中
(☆悪魔界の大王の娘と天使界の大王の息子の禁断の愛のお話☆
こういう恋愛が本当の最高の恋愛ってわかる!☆
それを知ったらあなたも今日から最高の愛を引き寄せられる!)

bara2.jpg


midoriironomizu.jpg(※この画像は私が夢で見たイメージ画像です)


私は世界の終末の夢をよく見ます☆
今日はその第二弾です...☆

ある日に見た「終末の夢」...
ビルが立ち並ぶ大都会のいつもの通常の光景が
まずスッと出て来ました

そして そのビルとビルの谷間を私は歩いていたのですが
突然 湾岸の方から緑色のドロッとした水が押し寄せ
あっと言う間に 大都会のビルとビルの間をうねる道路に
「ゴ~ッ」と言う大きな轟きとなって押し寄せたのです!


人々は叫び声を上げながら 近くの建物の中に逃げ込みました
私も同様 近くの建物の中に逃げ込みました

しかし その緑色のドロッとした水は
建物までも なぎ倒して行ったのです!

サラサラした水ではない半泥状のドロドロした
ヘドロのような水でしたから
なぎ倒す力も半端なく凄まじく
なんと...いつの間にか辺り一帯のビル群が
ズブズブズブっと地面の中に沈み込んで行ったのです!
地盤沈下です...

そしてあっと言う間に 今まで林立して
立ち並んでいた無数のビル群が沈んで消えて行ったのです!

そして代わりに浮き上がってきたのが
それまでは地面だった所の 土や岩盤だったのです!

そして 地上の光景は 見る見るうちに激変して行き
アチコチに土と岩盤で出来た
デコボコの山々が形成されていました

そして そのアチコチの山の頂上に 命からがら逃げ延びてきた人々が
あそこにチラホラ こちらにチラホラとたたずんでいたのです...
私もその中の一人でした

そして 生き残った人々は 地面の上にあった建物が消失し
地面の下にあった土や岩盤だけの
泥にまみれた 土色の空と 土色の大地の中で
「これからどうしていけばいいんだろう?」と
呆然と立ち尽くしているのでした

そして みんなの中に自然にわき起こった思いは
取りあえず あっちの山々 こっちの山々にいる
生き残った人々全員が どこか一ヵ所に集まって
力を合わせ 一丸となって これから生きて行かなければならない...
と言う思いでした... 

あっと言う間に押し寄せた緑色のドロッとした
ヘドロのような水によって
人間が作った文明が消滅し 土色の原始世界に戻ってしまった
恐ろしい
終末の夢でしたが
それが現実に起こらないことをお祈りしています☆


★★~終末の夢...第一弾☆~★★
yajirusi1.gifこちらもどうぞyajirusi1.gif

♡★♪妖精プリカポリカ著作のご紹介♡★♪

renai2.jpg eienhiirou.jpg sueou1.jpg

★♡♪...恋愛の究極の指南書「ヒドい恋愛をしている女たち¥1200」電子書籍発売中
(☆恋愛と結婚の究極の指南書☆この本で男という生き物を知り尽くすと
幸せな恋愛ばかり引き寄せられるようになる!
今までの恋愛はなんだったの!?とあなたが今までしていた恋愛は
欠陥恋愛だったことを知り 初めて目が覚めて
この本を読んで以降は幸せな愛ばかりを引き寄せられるようになる!☆)

★♡♪...感動的なヒーロー本「僕の永遠のヒーロー¥648」電子書籍発売中
(☆エルビス・プレスリー似のカッコイイバスの運転手さんに憧れる
憧れマックスの本☆
こういう男性こそが女性を真に幸せにできることをこの本で知り
こういう男性こそを引き寄せないとダメってわかる!☆)

★♡♪...感動的な恋愛物語「末王物語(すえおう)」無料公開中
(☆悪魔界の大王の娘と天使界の大王の息子の禁断の愛のお話☆
こういう恋愛が本当の最高の恋愛ってわかる!☆
それを知ったらあなたも今日から最高の愛を引き寄せられる!)

bara2.jpg


syuumatu1(※この画像は私が夢で見たイメージ画像です)

私は世界の終末の夢をよく見ます☆
今日はその第一弾です...☆

ある日に見た「終末の夢」...

大勢の人々が夜 何かの災害のために
どこかの学校の運動場に集まっていました...

しかしみんな不安げに真っ暗な夜の空を見上げているのです...

その時です...ものすごく遠くの空に
一点「ピカッ」とオレンジ色の光が光ったのです...
すると人々は一斉にそれを見て「来た!!」と叫んだのです

しかし人々が叫んだと同時ぐらいでした!
もうたったの一瞬でそのオレンジ色の光は人々の頭上に
アッと言う間に到着したのです!

そして到着したとたん 空がヒビ割れてきて
「バリバリバリッ」と音を立てて破け出したのです!

人々は「空が破けたぞ!」
と叫びつつ 四方八方に逃げ出しました...

しかし時すでに遅く そのヒビ割れて破けた空から
「灰色の粉」が地上全面に降り注いだのです...
その灰色の粉は空が破けたことで発生した「空の粉」でした...

誰かが「この粉を浴びたら死んでしまうぞ!」と
叫んでいます...


「空って破ける物なんだ...まるで一枚の幕みたいな物だったんだ」...と
私は「空」が一枚の幕であったことにショックを受けつつ
その有様を呆然と見つめながら そう思っている時に目がさめました☆

そういう終末の夢でしたが
それが現実に起こらないことをお祈りしています☆


♡★♪妖精プリカポリカ著作のご紹介♡★♪

renai2.jpg eienhiirou.jpg sueou1.jpg

★♡♪...恋愛の究極の指南書「ヒドい恋愛をしている女たち¥1200」電子書籍発売中
恋愛と結婚の究極の指南書女の目からウロコが落ちる!

★♡♪...感動的なヒーロー本「僕の永遠のヒーロー¥648」電子書籍発売中
エルビス・プレスリー似のカッコイイバスの運転手さんに憧れる憧れマックスの本

★♡♪...感動的な恋愛物語「末王物語(すえおう)」無料公開中
悪魔界の大王の娘と天使界の大王の息子の禁断の愛のお話


bara2.jpg