まるで聞こえるかのように

今回は私のこと。

今の仕事の原点は?!と言われても、コレ!と思えるものがなくて

物心ついた頃には、大人の本音を覗き見していた...(笑)

ただ正確に言うと、覗き見していたんじゃなくて

大人の本心みたいなものを

普通に聞こえるかのように、自然と感じ取ってしまっていたのだと思います。

「この叔母さん、本当は嫌なのにニコニコしてる...」とか。

どういうわけか

目の前の大人の気持ちが、そのまま伝わっていた...

そして

感じるから気になっちゃって、さらに気にしてみちゃったり。

当時の私の周囲の大人からしたら、大迷惑な話だろうけれど、

そんな毎日が、今の仕事の原点になっているのかもしれません。

とにかく

大人の本音と建前が不思議で仕方がない子供だったのです(笑)

続きは、こちらから御覧ください

まるで聞こえるかのように..

火