「麻薬のような人」を好きになってしまったら

この人といても不安でいっぱい・・

この人といても辛いだけ・・

よく考えれば、

ろくでもない人かもしれないし、夢や理想ばかりで現実味もない。

そうわかっているはずなのに、心惹かれてしまう人。

気になる人や忘れられない人が、そんなタイプだとしたら

あなたにとって「麻薬のような人」なのかもしれません。

麻薬のような人は、同時に、

あなたにとって、エネルギーバンパイアである可能性が高いです。

だから

一緒にいるほど運気は落ちていくし、体調が優れなくなる人もいるでしょう。

でも、そんなことにも気づかないくらい、

仮に、気づいていたとしても、

そんなこと、どうでも良い!と思ってしまうくらい魅力的だったり、

時に、究極の癒しや感動まで感じてしまう。

勿論、それこそ幻覚なんだけど、

魂レベルで共鳴しているような心地よさの中で、最高の充実感や幸福感を感じることも。

そして、関係が密になっていくほど、

いつの間にか、相手のエネルギーの中に陶酔してしまう・・

そんな夢を見させてくれるのも「麻薬のような人」ならではでしょう。

麻薬のような人が気になり出してしまったら・・・

あれは夢の世界、これこそ勘違い!

と、自分に言い聞かせましょう。

相手を求める自分がいたとしても、関わらないようにしておきましょう。

できることなら、関係を断ち切ってしまった方が無難です。

一度、その魅力にハマってしまうと

その後、幸せになれる人との出会いがあったとしても

麻薬のような人が忘れられなったり

せっかくのご縁に、気づかなくもなりがちだからです。

また、今ある現実が幸せなはずなのに、

全てを捨てて「麻薬のような人」の元へと飛び込んでしまいたい・・・

そんな衝動に駆られてしまうかもしれないからです。

それでも、麻薬のような人といることを選ぶなら・・・

寂しかったり、苦しかったり、辛かったり、と、

側から見ても、穏やかではないことが多いでしょう。

でも、

そんなことも含めて幸せだと本気で思えるのなら、それがその人の愛。

相手のために生きる覚悟が必要だとは思うけれど、愛の形を選ぶのは自分。

それが、その人にとっての愛の形なのではと思います。