ハマるほどに苦しいのも不倫

不倫なんて、本当は誰もしたくないですよね。

大好きだけど一緒になれない・・・

公にはなれない二人・・・

それなのに、最初は遊びのつもりでも、

気付いたら本気になってしまっているのは

そんな

不完全燃焼だからこその魅力にハマってしまうから。

不倫だからこその魅力にはまってしまうでもあるでしょう。

不倫として始まり、不倫として終わっていくことが多いのも現実だけど

中には、不倫という形が解消されて、

あんなにも憧れていた公の二人になれた途端、気持ちが冷めてしまういう二人もいます。

実際には、不倫だからこそ上手くいく二人もいるのです。

勿論

縁が深く、出会うべくして出会った二人なら、

スタートの形が不倫だったとしても、最終的に結婚に至るケースもあります。

また、

例え強いご縁だとしても、不倫という形のまま、

公ではないけれど、まるで夫婦かのような絆で結ばれていく二人もいます。

不倫とはいえ、その形は様々なのです。

ただ不倫といえども、

その人にとっては、一つの恋には変わりはありません。

だからこそ

「そんなことは望んではいけない」

そう自分に言い聞かせながらも、

やっぱり、一緒になりたいと思うのも自然なこと。

最終的には、私達、一緒になれますか?

と、気になるものだし、

心のどこかで、そんな未来を描きたくもなる。

相手が最終的に誰といることを選ぶのかと、より気になるのは、

愛があるからこそでしょう。

不完全燃焼だからこそ美しいのも不倫。

そして、

本気になるほど苦しいのも不倫。

男性だからこその本音、女性だからこその本音、

家族があるからこその本音、独身だからこその本音...

など、

不倫の男女の本音は複雑です。

結局は、

本気になるほど自分の気持ちを誤魔化すしかなく、

関係が深まるほど泥沼化したりもするけれど

それもこれも、お互いに強い気持ちがあるからこそ。

今の気持ちを大事にしたい二人の形なのではと思います。

グラス

好きになった彼が同級生だったら、、、、

同級生だからこそ、

まずはフィフティフィフティで、楽しくいきましょう。

同級生としての強みは、生きてきた世代が同じだと言うこと。

観てきたものが近いと言うことです。

だから、

共通の話題だって作りやすいし、共感できることがたくさんあるはず。

それに同級生ということは、体力的に近いものがあるでしょう。

体力面でも近く、世代的に培った感覚も同じ。

一緒に楽しめる!と、言うことです。

だからこそ、

友達のようでもあり、何でも相談できる理解者になれる可能性もある相手。

そんな人と恋人同士になれたら、ある意味、理想的ですね。

まずは

話題のデートスポットなどがあれば、あなたから誘うのもアリ。

構える必要なんてないのです。

彼が好きなことや趣味を、一緒に楽しんじゃうのも良いですね。

あなたが未経験なことなら、

彼に教えてもらいながらだって楽しいデートになるし

時には、こっそり練習したりリサーチして、

彼と同じくらい詳しくなったり、上手になっていた・・・・

なんて言うのも、魅力度アップに繋がりそうです。

ただ・・

楽しいだけの人、友達で終わりたくありません。

なので、時には彼に

「女」を感じてもらうことを忘れないようにしましょう。

時々「女」になる・・・

そのためには、

普段は、友達みたいなのに、時々、女が顔をだす・・・、

そんな、メリハリが効果的。

例えば、

あなたがエネルギッシュで強い女性なら、

時には彼に相談してみるなど、弱いあなたでいるのも良いかもしれないし

普段のあなたが、大人しめなら、

会話の中にボディタッチを組み込むなど、時には、大胆な演出も良いでしょう。

いつもと違うあなたにドッキ!とした時が、

彼が、あなたに「女」を感じる瞬間になる可能性大!なのです。

また、

彼とのやり取りの中に、意外性があるのも良いですね。

例えば、

いつも、あなたから連絡しているのなら

しばらくは、自分から連絡するのを控えてみるなど・・・

「あれ?」と、思った瞬間に、

それまで友達だった女性が、彼の中で「女」になるかもしれません。

普段は楽しく、そして、時々、女が顔を出す・・・

そんな瞬間を上手に演出しながら、彼の心を掴んでいきましょう。

ご来光

好きになった彼が年下だったら・・・

間違えても、年上風を吹かせるのはNG.。

母性本能の強い年上女性だと、

色々と世話を焼きたくなるかもしれないけれど、それも程々に。

目的は、恋人同士になることだからです。

先日のブログ「年下の彼だからこそ、やってはいけない3つのタブー」でも書いたことだけど

お母さんになってはいけません。

年下だからこそ、彼を頼ることにしましょう。

年下とはいえ彼は男。

男の人って、恋人には、ちょっとだけ男らしくありたいもの。

なので年上だからこそ、しっかりしすぎるよりは、

ちょっとくらい抜けている女性の方が、親近感を抱きやすかったりもするのです。

感動を言葉にしましょう。

男の人って、

女性から「凄~い!」と、言われると嬉しいもの。

「え?そう?」とか言いながら、心の中では喜んでいたりもします。

男の人って、

大なり小なり、強い男に憧れているもの。

「強い=凄い」みたいな図式が、心の中で出来上がっていて・・・

だから、

自分がしたことに「凄~い!」「有難う」など、

相手が感動してくれることが、とっても嬉しかったりもするのです。

勿論、やたらと「凄~い!」ばかり言うのは逆効果だけど、

感動を言葉にすれば彼も嬉しいし、

同時に、そんな女性が可愛く感じたりもするでしょう。

なので、一緒にいるときは

彼のフィールドの中で、思いっきり楽しみましょう。

イニシアチブは、ほんの少しだけ彼にあると良いですね。

ただ・・・・・

彼が困っているときだけは、本気で一緒に考えてあげること。

そんな時だけは、

大人のあなたが顔を出せると、より魅力的です。

あなたの知識や経験の中でアドバイスしたり、彼が望むことであれば協力してあげましょう。

あなたが幾つであろうと、彼よりは年上。

だからこそ、

彼の男心を傷つけない程度に、年上の魅力が見え隠れできると素敵だし、

そんな時こそが、大人の魅力をアピールできるチャンスでもあるでしょう。

浮気

男性と女性では、精神年齢が約5歳違うと言うます。

どちらが上かと言えば、女性。

仮に同級生の彼だとしても、精神的には女性の方が5歳上と言うことです。

だからこそ、

母性本能の強い女性にとっては、年下の彼が、尚更、愛おしく感じたりもして・・・

でも、彼が年下だからこそ、

気になることもあるれば、やってしまいがちなこともあります。

そして、それが彼にとっては地雷になっていることも。

そこで今回は、

年下の彼にやってはいけない3つのタブーについて考えてみたいと思います。

その1

「カワイイ~」の言葉はNG。

年下の魅力と言えば、なんと言っても、若さと可愛さ。

だからこそ、思わず「カワイイ~」と、言ってしまいたくもなる。

でも、それこそNG。

「カワイイ〜」を、安易に言うのはやめておきましょう。

女性側からすれば、

最高の褒め言葉のつもりでも、言われた年下男性の気持ちは微妙。

「カワイイ」と言われて、喜ぶ男性は少ないようで、

実際には、馬鹿にされているような気持ちになると言う人もいるからです。

年下とはいえ、彼は男。

男でありたい気持ちに年齢は関係ないのです。

なので、「可愛い~」は、心の中でだけにしておきましょう。

その2

彼の女友達へのヤキモチはNG

ついつい気になるのが、彼のSNS。

そこで、彼が女友達と仲良くしていたら・・・

心が騒ついたり、ヤキモキすることもありますよね。

でも、

それを態度で示したり、言葉で言うのはやめておきましょう。

たんに、年下の女性への嫉妬にしか見えないからです。

当然、彼にとっては美しい姿ではありません。

なので

そんなSNSは、観なかったことにしておきましょう。

その3

お母さんになるのはNG

母性本能が強い女性ほど、

色々と世話を焼きたくなるけれど、それは程々に。

あくまでも、

彼にとっての女であるように心がけること。

お母さんになってはいけません。

気を回しすぎるよりは、

ちょっと天然くらいの方が、ちょうど良かったりもするのです。

いつもだと問題だけど、たまには頼る素振りも良いですね。

男心を良い意味で刺激し続けることが、年下の彼の心を虜にする秘訣なのです。

アピールすべきは大人の魅力

基本は放任主義に。

彼の好きにさせておきましょう。

でも、

彼が悩んでいる時や困っている時には、一緒に考え、寄り添える・・・

そんなメリハリがあると良いですね。

それも、大人の女だからこそ出来ること。

年下の彼は、

年上女性のそんな余裕に、より心惹かれていくものなのです。

この人、浮気してるかも?

と思うのは、どんな時でしょう?

それは恋人の、

いつもと違う何かに「怪しい!」と感じた時だと思います。

・相手が変優しくなった時

・いつもと違う行動をしている時

・なんだか楽しそうな時

など、愛している相手だからこそ

相手の言動面での変化を敏感にキャッチ出来てしまうのです。

そして、それは、

恋人のエネルギーの変化を感じとってのことかもしれません。

肉体関係をもつということは

相手とのエネルギーの交換をすると言うことでもあり、

エネルギーが混じり合うということ。

だから、恋人が発する気の中に

他のエネルギー(浮気相手のエネルギー)が混じり合っているのを

敏感にキャッチできてしまうのです。

また浮気の後は、楽しさや後ろめたさも含め、

いつもとは違う、浮ついた気を発してしまうもの。

まさに浮気(浮ついた気)。

その落ち着かない気に、

違和感を感じとれてしまう人もいるでしょう。

よく、女は勘が鋭いから・・・と、男性が言ったりするけれど、

男性だって勘が鋭い人はいるし、男性だけが浮気をするとも限りません。

また、勘が鋭くなくたって、

みんな、自然と愛している相手の気を体全体で感じているもの。

だから、浮気をしたパートナーのエネルギーが、

いつものようにスッと馴染まないのもキャッチできてしまう。

いつもとは違う恋人の気の変化を、肌と感性で感じてしまうのです。

時々、カップルやご夫婦でセッションにみえる方々の中に

二人のエネルギー以外のものを感じることがあります。

どちらかの浮気相手のエネルギーです。

勿論、そんな場面で

「貴方、浮気していますね。」なんてことは言わないけれど

ちょっと心配にはなります。

いろんなお付き合いの仕方があるけれど

せっかく出会ったご縁だからこそ、

二人にとって、良い関係であって欲しいなと思ったりもしています。

好きな人ができたら、どうしますか?

恋愛が苦手な人ほど、相手の気持ちを必要以上に気にしちゃったり

恋人同士になっても、不安でいっぱいだったりと、

せっかく恋人ができても、気持ちや行動が空回りしやすい傾向に。

そこで、今回は、

恋愛が苦手な人が陥りやすい3つのパターンをご紹介しますね。

その1

「両想いじゃないと行動できない」

恋愛が苦手な人ほど、「好き」になった瞬間、

「彼は私のこと、どう想っているの?」と、相手の気持ちばかりを考えちゃう傾向に。

彼も私のことを好きでいてくれるなら話しかけてみたいけど、

そうじゃないならやめておきたい・・・と。

それもこれも

傷つくくらいなら、最初かな何もしない方がいい・・

そう考えてのこと。

過去の恋愛の痛手が、そうさせてしまうのです。

でも、

最初からそこにこだわり過ぎると、せっかくのチャンスも掴めません。

相手の気持ちばかりを考えて萎縮していたら、二人の距離は近づかないのです。

そもそも、何も始まっていない時から、

両想いに拘るのも変な話だと思いませんか?

だから、まずは嫌われていなければ良し。

それで十分、くらいにしておきましょう。

今は、自分の中に「好き」な気持ちが芽生えただけ。

そんな気持ちを楽しめると良いですね。

最初は、

自分の中のトキメキを楽しみながら、彼とのコミュニケーションを大切に。

それが、距離を近づける秘訣です。

その2

彼が中心で地球が回り始める

仕事以外の予定は、彼のスケジュールを聞いてから・・・

彼からデートの誘いがあったら、友達との約束もキャンセル ・・・

など、

晴れて恋人同士になった途端、日常は彼を中心に回ってしまう。

愛あるからこそかもしれないけれど

世界を狭くしてしまうほど、魅力は半減するもの。

特に、

刺激を求めるタイプの恋人にとっては、物足りない彼女になってしまう傾向に。

そして、彼中心の生活は

同時に、相手の機嫌に振り回されることにもなりがち。

相手の気持ちが離れていくことが不安でたまらない ・・

そんな心理から

必要上に、彼の言動に過敏に反応してまう。

あれ?怒ってる?嫌われちゃったの?と。

でも、彼だって、

疲れている時もあれば機嫌が悪いこともあるのです。

それなのに、過敏になってしまうのは

いつの間にか毎日が彼だけになって、自分の世界を見失っているから。

彼の機嫌に振り回されないように、彼にとって魅力的な恋人であるために、

自分の世界を大切にしていきましょう。

その3

「彼の本気度をはかりたくなる」

晴れて恋人同士になってまだ日が浅いのに、

恋愛が苦手な人ほど、二人の将来を考え始める傾向に。

「ちゃんと結婚まで考えてくれているの?」と。

そんな気持ちになるのは

自分への愛を、形や言葉で現して欲しいから。

本気の証が欲しい・・

本気=結婚

そんな心理からであり、

本気という安心が欲しいからでもあるでしょう。

でも、これも、おかしな話だと思いませんか?

何度も言うけれど、まだ始まったばかり。

恋愛が始まったばかりなのに、本気で結婚を考えている彼だとしたら、

嬉しいけれど、これまた、ちょっと不安かも。

情熱的で素敵だけれど、

そんな人ほど、何かのきっかけで一気に気持ちも冷めたりしがちだからです。

恋愛関係がスタートしたばかりの時だからこそ、お互いに好きな気持ちがあれば十分。

「好き」と言う気持ちだけで、たくさん幸せを感じられるはず。

もし、そうじゃないなら、その方が問題かもしれません。

尚更、結婚を意識は見送った方が良いかもです。

最初こそ、恋愛は楽しくあるべきだし、

彼の気持ちが本気なら

あなたも楽しんでいる方が、彼からみても魅力的なはず。

だからこそ、

安心や安定を形にするのは、もっと後で良いのです。

二人の関係を深めてから考えることにしておきましょう。

良くも悪くも、人の気持ちは移りゆくもの。

ずっと安定もなければ、絶対もありません。

嬉しかったり、悲しかったり、淋しかったり・・・

そんな気持ちの変化の中で、愛は深まっていくものなのではと思います。

今回は、突然の別れについて書いてみたいと思います。

多くの別れは前触れがあるものです。

喧嘩が多くなったり、連絡が取りづらくなったり、

相手が、そっけなくなったり....

そんな態度をとるのは、やっぱり気持ちは冷め始めているから。

結局、別れることにつながりやすいでしょう。

「何の前触れもなく、恋人から、突然別れを切り出されてしまった・・」

と、ご相談にみえる方もいます。

突然の別れ話に戸惑ってのことでしょう。

でも本気で好きだった相手への気持ちが、ある日、突然、冷めるわけもありません。

だから、

前触れが無かったのではなく、相手の中では、ずっと考えていたこと

だったりもするのです。

突然、別れようんなて言われたら驚いちゃうし、

そのショックが半端なものじゃないのも当然です。

その別れが次の出会いへの準備期間なのだとしたら

ゆっくりでも、気持ちを切り替えて行った方が良いけれど

次への準備期間でもなくて

たんにアクシデント的でしかないとしたら、やっぱりなんとかしたいものですね。

そこで、

どうしても、別れたくないなら・・・

一旦、距離ができたとしても、復縁を願うなら・・・

そんな時の効果的な対策は、相手のタイプによって変わってくるのです。

1  相手がモテるタイプなら・・・・

悲しいけれど、思い切って、一旦距離を置いた方が良いかもしれません。

相手が別れて欲しいというのなら、

止めたい気持ちをグッとこらえて、

すんなり受け入れてしまった方が印象は良い可能性が高いです。

モテる人ほど、無理にすがられると

さらに、相手への気持ちが冷めてしまったりもするからです。

2  恋愛に不器用な相手なら・・・

一度、本音で話し合ってみましょう。

不器用な人だからこそ、

勘違いや勝手な想像だけで終わらせようとしていることもあるからです。

別れの提案をすんなり受け入れてしまうと

相手は引っ込みがつかなくて、

結局、そこで終わりにするしかなくなるかもしれません。

なので、本音で話し合い、

相手に自信を持たせてあげたり、安心させてあげるだで、

別れ話は取り消しになることもあるのです。

別れ話を切り出されてしまったら、その時どうすべきか?!

まずは、感情的にならないこと。

その上で、恋人のタイプを吟味して上手に対応していきましょう。

そして

別れを回避できた後は、同じことが起きないように・・・

恋人にとって

今まで以上に魅力的な自分である努力は忘れないでいたいですね。

花束女性

あの人と出会えたからこそ、今の自分がある!ということもあれば、

あの時、あの人との別れを選ばなかったら、一緒になっていたはずなのに・・

なんてこともあるでしょう。

出会いもそうだけど、

恋人との別れだって、大きな運命の分かれ道になることがあるのです。

別れた方がいい相手ですか?

そんな相談は多々あるけれど

恋愛だから、

気持ちが冷めてしまったのなら、別れた方がお互いのためだとは思います。

一緒にいても、辛さや寂しさばかりの相手だったりすれば

好きだけど別れた方が楽かも?と、悩むのは当然です。

ただ、それが、縁の強い、ある意味、運命の相手だったら・・・

本当に別れて良いものなのか・・・

悩みどころですね。

人との関係でも合う合わないがあって、

実際、合わない相手との時間は、

心身ともに疲弊するし、運気まで落ちていくこともあります。

ある意味、その人にとっては、下げ○○なのかもしれません。

ただ、

下げ○○なら別れた方が良いけれど、運命の相手なら縁はつなげておきたい。

一緒にいるようになってから、

辛さや寂しさ、苦しさばかりだと思うなら、

別れを選んだ方が自分のためである可能性が高いとは思うけれど、

もし、その相手が、

前世で再開を約束しているかのような強いご縁の相手だとしたら・・・

結婚相手となるはずの人だとしたら・・・・・

別れの相談をされた時、

「もうちょっと待ってみて」と伝えるのは、そんな時だったりもするのです。

人生には、いろんな意味で出会いと別れがあるけれど、

大切なご縁なのであれば、しっかり繋いで行きたいですね。

ラインはこちらです


友だち追加




いつも応援有難うございます。
↓ ↓
 


タロット占いランキングへ


スピリチュアルゆい オリジナルメニュー

宝石紫サイキック・リーディングセッション(90分)
宝石紫スピリチュアルリーディング(60分)

宝石紫タロットリーダー養成61日間講座



電話電話お問い合わせ→ 090-4748-0770

(スマホからはタップで電話発信できます。)
(電話リーディング可)



今迄、サロンでのマンツーマンタロットリーダー養成講座・姓名判断・名前診断・セッション・タロット占い・電話占いなどを、
渋谷 恵比寿 中目黒 自由が丘 銀座 目黒 品川 二子玉川  池袋 新宿 川崎 横浜 鎌倉 上野東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 福島県、広島県 大阪 神戸 京都 福岡県 新潟県 静岡県 栃木県 群馬県 長野県 岐阜県 岡山県 愛媛県 香川県 長崎県 愛知県 北海道 青森県 沖縄県などのお客様からお申し込みいただいております。
その他海外からもご利用いただいております。

光と女性

「すべて視られているみたいで緊張する」

と、仕事以外で知り合う人から言われることがあるけれど

仕事じゃないのに、わざわざ視ません(笑)

基本的に、仕事以外での私のリーディング視点はオフです。

リーディング視点と現実視点の

私なりの切り替えスイッチがあります。

リーディングの時はオンに。

そうでない時は、オフに切り替えています。

一日中オンにしていると日常生活がしづらいからです。

日常生活で言えば

視えない、感じない方が、楽なことが多々あります。

また、全てを常にキャッチしていたら、

かなりのエネルギーを消費するとも思います。

だから日常生活ではオフにしているのですが

時々、突然、オンになってしまうことがあるのです。

例えば、

その時、一緒にいた人の何かを感じたり

遠くにいる人の何かを虫の知らせの様に感じたり・・・

理由はわかりません。

ただ、そんな時に感じることは大事なことだったりもするので、

一様、伝えることにはしています。

感受性の強い人は、日常の中で

見えないはずのものを感じてしまうことがあるでしょう。

それが、良いとか悪いとかではないけれど、

必要以上にキャッチしてしまうのも、どうかと思います。

特に、無意味に霊などをキャッチしやすい人ほど、

エネルギーを消費しやすい傾向にあるからです。

なので

もし、そんな不便さを感じていたら・・・

オンとオフの切り替えを上手にしていきましょう。

長い時間、無意味に感じ取ったりしているのは

エネルギーの浪費にもつながりかねないからです。

なので、最初は難しいかもしれないけれど、

まずは、

気のせい!視ない!感じない!

と、イメージの中でシャットアウトしていくことだと思います。

嫌だと思いながらも、

視えない世界のことって、何か特別なことのようにも感じて、

より、興味を示していることもあります。

勿論、視える、感じるからこそ、意識がそちらに向くのは自然なことだけど、

それでも、シャットアウトしていくこと。

視ない!と。

コツは、強い意志を持って、そう決意することです。

徐々にでも、自分なりの切り替えるコツを掴んでいきましょう。

砂漠

この人といても不安でいっぱい・・

この人といても辛いだけ・・

よく考えれば、

ろくでもない人かもしれないし、夢や理想ばかりで現実味もない。

そうわかっているはずなのに、心惹かれてしまう人。

気になる人や忘れられない人が、そんなタイプだとしたら

あなたにとって「麻薬のような人」なのかもしれません。

麻薬のような人は、同時に、

あなたにとって、エネルギーバンパイアである可能性が高いです。

だから

一緒にいるほど運気は落ちていくし、体調が優れなくなる人もいるでしょう。

でも、そんなことにも気づかないくらい、

仮に、気づいていたとしても、

そんなこと、どうでも良い!と思ってしまうくらい魅力的だったり、

時に、究極の癒しや感動まで感じてしまう。

勿論、それこそ幻覚なんだけど、

魂レベルで共鳴しているような心地よさの中で、最高の充実感や幸福感を感じることも。

そして、関係が密になっていくほど、

いつの間にか、相手のエネルギーの中に陶酔してしまう・・

そんな夢を見させてくれるのも「麻薬のような人」ならではでしょう。

麻薬のような人が気になり出してしまったら・・・

あれは夢の世界、これこそ勘違い!

と、自分に言い聞かせましょう。

相手を求める自分がいたとしても、関わらないようにしておきましょう。

できることなら、関係を断ち切ってしまった方が無難です。

一度、その魅力にハマってしまうと

その後、幸せになれる人との出会いがあったとしても

麻薬のような人が忘れられなったり

せっかくのご縁に、気づかなくもなりがちだからです。

また、今ある現実が幸せなはずなのに、

全てを捨てて「麻薬のような人」の元へと飛び込んでしまいたい・・・

そんな衝動に駆られてしまうかもしれないからです。

それでも、麻薬のような人といることを選ぶなら・・・

寂しかったり、苦しかったり、辛かったり、と、

側から見ても、穏やかではないことが多いでしょう。

でも、

そんなことも含めて幸せだと本気で思えるのなら、それがその人の愛。

相手のために生きる覚悟が必要だとは思うけれど、愛の形を選ぶのは自分。

それが、その人にとっての愛の形なのではと思います。