みなさま、こんばんは。青藍です。

4月もあっという間に過ぎて行きそうな今日この頃ですが、
頑張っていらっしゃいますか?


...こちらは、4月だというのに、
昨日、雪が降りました。

早く、梅や桜の咲く姿を見たいな...。


さて、今日もまた、恋愛の、おはなし。


よく言われることではありますが、

「恋」と「愛」は、違いますよね。
違う性質の、感情です。

「恋」は、

突然、自分でも知らないうちに、降ってくるもの。

気づいたら、そこに在った、という気持ち。

どうしようもなく、心を奪われる、ということ。

眩しいくらいのきらめく光と、
底無しの暗い闇を同時に味わうこと。

飛んでゆけそうなほどのしあわせや嬉しさと、
とても立ち上がれないと思うほどの、狂おしい、
せつなさや哀しさ、孤独、苦しみ。

相手を、どうしても自分のものにしたい、
相手の心を、どうしても自分の方だけに振り向かせたい、
という、強く乱暴な、利己的な、感情。

でも、自身の心では、
どうコントロールすることも出来ない、感情、気持ち、想い。

「愛」は、

ただ、与えるもの。

ただ、差し出すもの。

ただ、受け取るもの。

そのひとを知る、という理解。

そのまま静かに、いつも、そこに、在るもの。

ときにはせつなくもあるけれど、
とても、おだやかな、
あたたかな、光のような、想い。

ただ、ひたすらに、相手のしあわせを願う、気持ち。

そのひとが、ただ、存在(い)て、生きていてくれることへの、感謝。

しずかに、微笑んで、見守るような、気持ち。

永遠に、消えること無く、
逢うことが出来なくても、そのひとがこの世に居なくなっても、
ただ、此処に、在り続けるもの。

見返りは、求めない、利他的な、感情。

でも、自身の心で、
選び、育んでゆく努力が必要な、感情、気持ち、想い。


...だから、
「恋」と「愛」は、まったく別のもの、なのです。

でも、どちらも、
人間ならば、抱いて当たり前の、感情、気持ち、想い。


...それが、一緒になったものが、「恋愛」。


...「恋」を、「愛」へと、
上手にシフトさせてゆくことが出来れば、
恋愛は、うまくゆく、のにね。

どんなひとにだって、それが、出来る筈、なのにね。


...そうは、想いませんか?


...この、1度きりしか無い、
それぞれ誰にとっても、
かけがえの無い人生の終わりに、

愛を知って、胸に抱いて、

静かに微笑んで、許し、許されて、

「ありがとう」と「さようなら」を。

光に、包まれて。


...そんな風に生きて、還ってゆけたら、
いいですね。

「Tuday is the first day of the rest of my life.」

「今日という日は、残された私の人生の、最初の一日。」


...だから、後悔の無いよう、生きましょう。


...それでは、また。

青藍

みなさま、こんにちは。
どんな毎日をお過ごしでしょうか。

こちらは、今日は、曇です。
桜が咲くのは、こちら札幌では、もう少し先。


さて、私は大の本好きで、
漫画もだいすきなのですが、

いちばんのお気に入りに、
CLAMP原作の、「xxxHoLic」
という漫画があります。
アニメにもなり、
そちらにも原作者のうちのひとりの方がスタッフとして関わったので、
(よくある、「漫画がアニメになるとがっかりしてしまうパターン」とはならず)
非常に秀逸な作品となりました。
我が家の娘たちもだいすきで、
原作の漫画もよく読むし、アニメ版もよく観ています。

スピリチュアル的なメッセージがふんだんに織り込まれた、
とても奥深い作品ですので、オススメですよ


その中のヒロイン、
「願いを叶える店」(ただし、それ相応の対価を支払えば)の店主である、
不思議な力を持った女性の十八番の台詞に、
以下のようなものがあります。

「この世に偶然は無い。在るのは、必然だけ。」

つまりは、
「人生に起こるすべてのことには、必ず意味が在る」
ということです。


一見、

無意に起こっているように見えること、
何気なく過ごしている時間、
流れからそうなったのだろうと思われる結果、

すべて、

「選択の結果として在る現状」
「自身で、意識的にせよ無意識的にせよ、選び、決めたことの結果」

であるのです。


人生は、選択と決断の連続です。

これから先の未来の選択肢は、無数に広がっています。

その選択肢をひとつ違えただけで、
その先に在る未来は、大きく異なってきます。

だから、「未来は常に白紙」、なのです。

未来は、常に、確定しておらず、決定もしていません。

自分の選択、これから出逢うひとびと、
その場の状況、相手との関係性、

そのようなものによって、
その中からどの道を選ぶかによって、

そのひと自身が、未来を決めていっているのです。


ですから、出来ることならば、

後悔の無い未来をこれからつくり、歩んでゆく為に、
なるべく、意識して、
ご自分にとって、betterと思われる選択を、
しましょう。

bestでなくて良い。betterで、良いのですよ。

どうすればいいか迷ったり、わからなくなったりしたとき、
憶えておくといい考え方です。

ひとはいつも、
いちばん良いものやいちばん良いことを選ぼうとして、
迷って行動出来なくなったり、
後から後悔してしまったりすることがままあります。

でも、日々の生活の中で、
いちばん良い答えなんて、
そうそう見つかるものじゃ、ありません。

それに、bestって考え方は、
そこで思考を止めている感じ。

だから、そのときそのときで、
より善いものを、目指す。

いつも、より善い方向を目指していれば、
その時々で間違えていても、
大概は悪いことにはなってゆかない筈です。

...どうでしょう?
(実はこれも、私がだいすきな漫画からの引用なのですが(^-^;))

私は、日々の生活の中で、
後悔しないように、生きているつもりだし、
それを、信条としています。

一歩を踏み出さずに、
失敗もしない代わりに後悔するよりは、

一歩を踏み出して、
失敗したとしても、後悔はしない。

そんな風に生きたいと、いつも思っています。

でも、なかなか、難しいことですね。


けれど、いのちの終わりは、
いつ、どんなかたちでやって来るか、
わからないのだから。

ほんとうに、

ひとは、いつ、どんなきっかけで、
儚くなってしまうか、わからないのだから。

そのときそのときの自分に出来る
せいいっぱいを、為して。

後悔の無い生き方を、しましょう。


...そうすれば、いつ、終わりが来ても、
許し、許されて、
大切なひとたちに、ありがとうとさようならを言って、
微笑んで、還ることが出来る気がします。


...ひととのご縁は、不思議。

出逢うべきときに、
出逢うべくして、
出逢うべきひとに、

出逢います。

まるで、何かに導かれるかのように。
そう、必然の如く。

しかし、別れもまた、同じ。


...そうして出逢った、大切なご縁が、
私にも、たくさん、在ります。

それらを大切にして、
いちにちいちにちを、
愛惜しむような気持ちで生きられたら、と、
いつも、思います。

わずかずつでも、私は、
前に、進めているのでしょうか。


...今日は、
ずいぶんと長いお喋りをしてしまいました。

お天気の、せいかしら。

このへんで、おひらきといたしましょう。


...それでは、また。


青藍

みなさま、こんにちは。
どんな一日をお過ごしでいらっしゃるでしょうか。
お元気で、お過ごしでしょうか。


...さて、本日は、恋のお話。


...ひとは何故、ひとを恋うるのでしょうね。

異性に限らず、ひとは、ひとを、求めます。

...自分の欠けた半身を求めるからだ、という神話も、
あったような気がしますね。


...誰かを恋うて、
でも、自分の想う通りの結果が得られないとき、
どうしたら、良いのでしょう。


...かく言う私も、そのせつない想いは、知っています。
とても、とても、よく。


鑑定のお仕事上でも、頻繁に、
その問題に突き当たります。

その答えを探しながら、
日々を、生きています。


...私に出来ることは、ただ、
そのひとのしあわせを願うこと。

そのひとが、しあわせで在って欲しい。
しあわせに、生きていて欲しい。

そのひとが、しあわせで居てくれたなら、
私は、うれしくて、しあわせ。

「愛」へと繋がってゆく可能性を秘めた、
願い、祈るような、気持ち。


今日も、そんなことを、強く強く、想いました。


この私の、拙い文章を読んでくださっているみなさまが、
どうか、しあわせで居らしてくださいますように。

...それでは、また。


青藍

こんばんは。青藍です。

如何お過ごしでしょうか?


さてさて、私は、
「青藍」という名前で、
占い師のお仕事をしている訳ですが、
この名前は、お仕事をはじめるにあたって、
自分で決めました。
(ちなみに、「青藍」という名は、
 姓名判断では、大凶(^_^;)
 でも、敢えて、この名前を選びました)

もともと、
「青」という色がすきだったということもあるし、
私の住んでいる地域には、藍染めの産地であった
「藍の里」→「あいの里」という場所があるし、
何より私のラッキーストーンが
「ラピスラズリ」で、
とにかく、青色にちなんだ名前をつけたかったのです。

最初は、「瑠璃」もいいかなあ、
と思ったのですが(ラピスラズリは、瑠璃色なんです)、
「瑠璃」という名前でお仕事をしている占い師さんは、
結構たくさんいらっしゃいます。

だもんで、ネットで「色辞典」なるものを探し、
その色見本を見て、決めました。


「和色色辞典」
http://www.colordic.org/w/

「青藍」は、こんな色です。
http://www.colordic.org/colorsample/2063.html

「瑠璃色」は、こっち。
http://www.colordic.org/colorsample/2069.html


青、すきです。

青、群青、蒼、青碧、紺碧、瑠璃、瑠璃紺...、
青い色は、とてもたくさんあります。

海のいろ、空のいろ、水のいろ、
地球のいろ。

今日は、そんな色と色の名前のお話を、書いてみました。

それでは、また。


青藍

みなさま、こんにちは。
春が来るのが遅いこちら札幌も、ようやく暖かくなって参りましたが、
お元気でお過ごしでいらっしゃるでしょうか。


さて、本日は、
「占いはひとをしあわせにできるのか?」
ということについて。


長年に渡り、たくさんの方々のご相談をお受けし、
鑑定を行わせていただいて参りましたが、

過去にしばしばぶつかった、
そして、現在もぶつかることのある壁が、

「私の鑑定で、この方は、
 しあわせになれるんだろうか?」

ということです。


依頼者さまのお悩みは、ほんとうにそれぞれ。
でも、みなさん、
真剣に悩んでいらっしゃるというところは、同じです。

なので、
1件1件、依頼内容をお訊きして、
全力で、真剣に、そのひとに向き合います。

どうしたら、今のこの暗闇から、
明るい陽の差す方向に向かって、歩いてゆけるのか。

毎回毎回、依頼者さまの抱えていらっしゃる痛みを、
我がことのように感じながら、
とても集中して鑑定を行うので、
肉体的にも、精神的にも、
ひどく骨の折れる、消耗する作業ではあります。


けれど、私の出したその拙い鑑定結果やアドヴァイスで、
依頼者さまが少しでも元気を取り戻せるように、
誠心誠意込めて、鑑定を行います。

どうか、私の紡ぎ出す言葉が、
たとえわずかでも、依頼者さまを、
楽な気持ちにできますように、という、

祈りと願いを、込めて。


...プロの鑑定師として、
決して安くはない、対価をいただいて鑑定を行うのですから、

「師」という立場に、
安穏と居ては、いけない。

「師」である、ひとを導く立場である、という、
覚悟と、誠意をもって、

そして、常に、自身を省み、
謙虚で在ろうということを忘れずに、

1件1件のご相談に、真摯に向き合ってゆきたいと、
思っています。


私の祈りと願いが、
どうか、
みなさまに、届きますように。


それでは、また。

青藍

はじめまして。

占い師の、青藍(せいらん)と申します。

ご縁あって、こちらのブログを始めることにいたしました。

日々、彼是と想うことなどを、少しずつ、綴ってゆきます。

ご興味があれば、ご覧くださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

青藍