富山市で、飼い猫を盗み虐待を繰り返した男が逮捕されました。 その数は100匹にものぼるそうです。 画数には20,22,40画と、凶数が揃っています。 トラブル運というより、精神面に影響を及ぼす凶数であり、これだけ揃っていると、歪んだ精神を持つことにも頷けます。 凶数を持つ人全てが性格に難ありとは言えませんが、多く凶数を持つほど、その影響は強くなります。
広い人脈を持つことで知られていたカラテカの入江さんが、闇営業を主導したとして、吉本興業を解雇されました。 彼の手配で、雨上がり決死隊の宮迫さんやロンドンブーツの田村さんが営業に出たということです。 反社会的な団体に営業をかけたことは、もちろん大問題ですし、自らを雇う事務所を通さずに儲けようという、常識のなさや不義理を感じますが、彼は画数に26画を持っています。 モラル破壊の凶数なのですが、この画数に関しては、意外にお調子者が多い傾向にあります。 根暗よりは口先三寸のキャラクターとでも言いましょうか、まさにその傾向通りのケースが起きたようです。
タレントの上戸彩さんが、第二子の妊娠を発表しました。 今年は本厄年で、人生の転換期の真っ只中にいます。 妊娠を望む人にとってはチャンスの3年間でもあり、夫婦のどちらかが厄年なだけでも、その確率は高まります。 厄年は、悪いことだけが起こる年ではないのです。
女優の蒼井優さんと、南海キャンディーズの山里亮太さんの結婚は、世間を驚かせました。 蒼井さんは今年、本厄年で、画数から見た運勢では明道の運気です。 また、山里さんは助成の運気です。 厄年は凶の暗示だけでなく、吉凶混合、大きな出来事が起こる変化の3年間です。 また、明道も変化の暗示、助成は最も恋愛運の良い時です。 また、蒼井さんは結婚して姓が変わることで、画数に27画ができます。 これは強情さや軋轢を暗示する凶数で、鬼嫁となる可能性が高くなります。
川崎市で男が小学生の通学バス待ちの列に襲いかかり、死傷する事件がありました。 男は小さい頃に両親の離婚か、親戚に預けられており、その家庭の実子は、今回襲った子供達の学園に通っていたそうです。 何かと区別されて育ったという話もありますが、本人の幼少期からの攻撃性の証言もあります。 どちらにせよ身勝手な犯行であり、亡くなった被害者のことを考えると、やるせない思いです。 容疑者は長年鬱憤を溜めてきたわけですが、今年の運勢は進道です。 これは、最も勢いのある良い運勢の暗示ですが、良くも悪くも踏ん切りをつけ、新しいことに取り組む意味があります。 ほとんどは良い変化ですが、今回のように恐ろしい方向へ飛び込む事もあります。 人が下す決断の全てが良いものであるわけではなく、最悪の決断を下すこともあります。
お笑いコンビ、アンタッチャブルの柴田英嗣さんに新恋人が出来たそうです。 今年は助成という、12年中最高の恋愛運のときです。 シングルの人はよくアンテナを張るべき時期で、運気の後押しから、チャンスを掴みやすくなります。
過去に青森住宅供給公社から横領を働き、チリ人妻に貢いだ男が、またしても横領事件を起こしたそうです。 容疑者の画数には、26画があります。 12,22画と似た凶数で、楽な方向に流れやすく、自制心の弱い暗示です。 稀に義侠心に富む人が現れますが、多くはお調子者で適当なタイプです。 過去の事件から学ぶどころか、同じことをしたという事で、画数から人格に与える影響は少なからずあります。
タレントの高田純次さんが接触事故を起こし、その場で被害者に「車は直します、それと今20万持っています。それでナッシングに...」などと、発言していたと報じられました。 適当なキャラで売っていますが、実際に画数の配列からは節操のなさ、不活発で怠惰という暗示があります。 実際のところもキャラクターと似通っているのではと思っていましたが、この非常時の対応を見ると、それも間違いでは無いようです。
タレントの磯野貴理子さんの、2度目の離婚が報じられました。 24歳年下の男性と結婚していましたが、「やっぱり子供が欲しいから」と切り出されたそうです。 彼女には同情の声が集まっています。 元夫である高橋さんは、今年前厄年、画数から見た運勢は助成という、最も恋愛運の良い時です。 すでに、次の相手はいると示唆している運勢と言えます。 磯野さんの運勢は今完全に低迷しており、その落胆は大変なものでしょう。
自分の前の車が道を譲ったことに腹を立て、車をおり、その運転手を金属ワイヤで殴ったとして、83歳の男が逮捕されました。 この容疑者には、画数に27画があります。 言葉かきつく軋轢を生むといつも書いていますが、基本的に攻撃的な性格の傾向があります。 少ないですが、本人に悪意がないにもかかわらず、トラブルに巻き込まれることがある凶数でもあります。 軋轢は小さなものから、事件になるようなものまで様々ですが、凶数は持たないことが一番です。