コメンテーターの古市憲寿さんですが、クールでエキセントリックな言動から、テレビでのコメントが注目される事が多いようです。 時として、スタジオが一気に冷え込む言動をする彼ですが、そのキャラクターは画数にも現れています。 総画には40画があり、対人トラブルや誤解を暗示しています。 また、生年月日からは、合理性を何より優先し、理論的な考えを好むと出ています。 周囲を見下すきらいもあり、思いついた事をはっきりという性質から、やはり画数の暗示と同じく、軋轢の懸念がある人です。 いつもスレスレの線を行く彼ですが、来年、再来年は足をすくわれる可能性もあります。 的確でありつつ、反感を買いすぎないコメントを目指してほしいものです。
ケフィアヨーグルトの流行を生み出した、ケフィア事業振興会の破産が決定しました。 代表の画数には、24,32,43画があります。 24,32画は、もっとも代表的な財運の画数です。 対照的に、43画は財政的にゼロ、あるいはマイナスを暗示する破財の画数です。 この相反する画数を持つ事で、仕事運を含め、大きな飛躍と急変しての転落を繰り返す人生となりがちです。 画数は吉数だけ、或いは凶数だけが影響を及ぼすわけではなく、それぞれが人生の浮沈となって現れるのです。
元モーニング娘。の吉澤ひとみさんが、飲酒ひき逃げ事故を起こし、書類送検されました。 事故後、車を停める場所が無かったためと言い訳したようですが、目撃者によると、停めるスペースは充分にあったそうです。 昨年も事故を起こしたそうですが、彼女は画数に19画を持っています。 これは事故運で、持っている人は事故を起こす側にも被害者にもなりやすく、最大限の留意をしなければなりません。 まして、飲酒運転をしていたとなれば、事故運の画数の有無に関わらず、言語道断です。
スパイ容疑をかけられ、北朝鮮当局に拘束されていた男性が、追放処分となり帰国しました。 映像クリエイターの男性だそうですが、制止されているにも関わらず、軍事施設のある方角の写真を撮り続けたためと言われています。 友好路線の真似事を始めたとはいえ、政情不安のある国で、軽率な行動だったと言えるでしょう。 以前であれば、米国のジャーナリストが長期に渡り拘束された例もあり、今回は運の良いケースだったといえます。 この男性は、画数に17,14,29画があります。 29画はフットワークが軽く、足を使って情報収集等、仕事に活かすことができる暗示です。 また、14画はモラル無視の凶数、17画は自分の意見を曲げない頑固さ、向こう見ずな性格を表します。 生年月日からも、考えたことをすぐに行動に移してしまい、周囲からの意見を聞かずに突っ走るとでており、画数の暗示と似ています。 画数は少なからず、その人の性格に影響を及ぼします。
平成最後の甲子園で激闘を見せた、金足農業高校の選手たちに注目が集まっています。 特に吉田輝星選手には、プロからも熱い視線が注がれています。 彼の画数には35画があり、戦略や知謀に長けていると言えます。 また、今年は本厄年で、画数から見た運勢では明道という、変化の運勢です。 来年は助成という、人気運が最も高まる運勢で、オファーが殺到するでしょう。
札幌市で、妻子の遺体を切断して遺棄したとして、僧侶が逮捕されました。 画数には、20,14,10画があります。 14画はモラル破壊と家族縁に障害が出る凶数、10,20画はトラブル・破壊の凶数です。 まだ動機などは明らかになっていないものの、鬱憤をためやすい性格が、災いとなったのでしょう。
岐阜市の病院で、クーラーが故障した病室から患者を移さなかったために、4人が相次いで死亡する事件がありました。 危険性を認識していながら、早急に適切な処置を施さなかったとして、殺人容疑で捜査されています。 院長が会見しましたが、全くの他人事、患者の病状を把握しておらず、それを恥じる様子もありませんでした。 この院長の画数には、22,26,55画があります。 22,26画はモラル破壊の凶数、55画は一瞬にして人生が転落の一途を辿る凶数です。 医療従事者としてというより、人間性を疑う会見でした。 正しい捜査が行われるよう、願っています。
流行の投資ビジネスである仮想通貨ですが、様々な種類が出回り、中には有名人がその信用や安全性を宣伝するものもあります。 歌手のGACKTさんが関わっていたGACKTコインは、先日大暴落した挙句に、日本での取引から撤退したそうです。 投機ビジネスには付き物の展開ですが、それなりの痛手があるでしょう。 彼は今年本厄年、画数からみた運勢では混成の運勢です。 人生の節目の三年間であり、また混成は最悪の運勢の年です。 厄年に凶運の運気が重なるときには、何らかのトラブルが起こるものでもあり、以前から2018年には何か起こると思っていました。 人生のうちで起こる大きな出来事は、偶然ではないのです。
明石家さんまさんが、番組で自身の寿命について、祖父と父が78歳で逝去していることに触れました。 恐らく自分もその時期が寿命なのではと語ったそうです。 その前提で観るとすると、その寿命の年の前年、77歳あたりの年に、前厄年と混成の運気が重なります。 厄年は人生の節目の年、混成は最悪の運勢の時期です。 若くとも、大きなトラブルや病気にかかりやすい時期で、彼が見当をつけている前の年から、健康面に注意すべきときにあるのです。 よく注意して、ぜひ長生きして頂きたいものです。
タレントの雛形あきこさんが、夫の束縛の激しさについて明かしました。 夫の天野氏は、もっとも性格に影響を及ぼす主運に22画を持っています。 これは執着や不安感、細かいことをきにする神経質な性格を暗示しています。 婿に入り、名字が変わったことでこの画数は無くなり、少しずつ考え方が変わって行くでしょう。 ただ、あたらしい名前でも43画があり、財運・仕事運が安定しません。 浮き沈みは免れず、夫婦で手を取り合うことが大事です。