北海道大学の学長が、職員にパワハラをしたとして、解任されたそうです。 画数としては、41画という、温厚で人望を得られやすい、聖職者に向いた画数を持っています。 が、ほかに26,27画があり、26画は慢心を、27画は対人トラブルを招きます。 まさに暗示通りの出来事が、起こっているようです。
飲食店で、カバンが汚れたなど言い掛かりをつけ、金銭の要求を繰り返していたカップルが逮捕されました。 男も女も26画を持っており、男はさらに10画を持っています。 凶数を持つ人全てではありませんが、性格面に影響を及ぼす暗示が、今回のような事件や、生きにくさに繋がることがあります。
病院職員を装って、詐欺電話をかけた中国籍の男が逮捕されました。 被害者の隣人が、たまたま漏れ聞こえてきた詐欺電話の会話を聞き、被害女性に忠告したことで事件が発覚しました。 逮捕された男は画数に26画をもち、モラル破壊と楽な方向に流れやすい、怠惰な暗示です。
夫の不倫騒動に巻き込まれた形の佐々木希さんですが、夫婦として今後どうなっていくのか、注目されています。 星廻りでみると、佐々木さんにとって、渡部さんは運命の相手にとても近い存在です。 そのため、今の状況だけを見て判断せず、別れずに様子をみるかもしれません。 このまま、添い遂げる可能性も高いです。
都内の路上で、自転車で車にわざとぶつかり、車に傷をつけたとして男が逮捕されました。 ドライブレコーダーには、この自転車が車の進路をわざと塞ぐ、煽り運転の様子が録画されていたようです。 この男の画数としては、12画を4つ持っています。 12画はモラル破壊の暗示がありますが、それを4つともなると、なかなか自己の努力だけでは、正気で居られないかもしれません。 今年の運勢は混成という、最悪の運勢です。
美容家の佐伯チズさんが、今月パーキンソン病により、逝去しました。 海外高級ブランドの化粧品部門で活躍し、日本では化粧水パックなど、日常でお金をかけずにできる美容法を広めました。 性格もさっぱりとして高潔、人望厚い人柄の方です。 今年の運勢は隠退、そして前厄年です。 心からご冥福をお祈りします。
アンジャッシュの渡部建さんの複数女性との不倫騒動は、かなり世間を騒がせました。 多目的トイレを使うなどの、嫌悪感を煽る内容も、騒動を大きくさせた一因です。 一部では依存症ではとも言われていますが、医学的な診断は置いておくとしても、人への価値観、考え方にズレを感じてしまうのは否めません。 彼は、画数に10,14画を持っています。 14画は、貪欲で常に欲求不満を抱える傾向にあり、10画はトラブル運の凶数です。 凶数はいろいろと併せ持つと、精神的な不安定さを招きます。 37画があり、これは頭の切れる吉数なので、これまで上り詰めてきた才能のもとになっているのでしょう。 画数は性格に影響するので、名前を整えてあれば、人生はもっと違うものになったかもしれません。
ジャーナリストの伊藤詩織さんが、TBS記者による性被害を告発した件で、ある漫画家が彼女を中傷していたようです。 この漫画家は、自分は精神疾患があるのでと言い訳しているようです。 社会風刺漫画も書くそうですが、当人にしかわからない事件の経緯を勝手に推察し、人を傷つける事には納得できません。 彼女は画数に26,27画があります。 26画はモラル破壊の凶数、27画は歯に絹着せぬ物言いをするタイプで、これは仕事には良い影響を及ぼしているのでしょうが、軋轢を生みやすい凶数です。
拉致被害者家族会の代表も務めた、横田めぐみさんの父・横田滋さんが亡くなりました。 画数から見る年運では、娘のめぐみさんが拉致された年は、混成という12種の運勢中最悪の年でした。 また、今年もその混成の年です。 ご存命のうちに再会が叶わなかった事、本当に残念でなりません。 ご冥福をお祈りします。
窃盗容疑で捜査中の男が、定額給付金の申請をした事で現住所を突き止められ、逮捕される事件がありました。 この男の画数には、12画があります。 性格面に難を及ぼす凶数で、偏執的でストイックに出る人もいれば、自分に甘く誘惑に弱いタイプもいます。 多くのニュースを見ていると、後者の方が多いようですが。 また、今年の運勢は混成という、12種の運勢中最悪の運気です。