元千葉市議の男が、妹夫婦と子供達を刺傷し、現行犯で逮捕されました。 男の画数には、7,4,14画を持っています。 4画は精神的に不安定さがあり、14画は不満を溜め込む鬱屈とした性格、7画は一気に溜め込んできたものを爆発させる攻撃性があります。 画数の暗示が全てではないものの、画数の暗示が強烈だと、人格形成に大きな影響を与える事もあります。
大韓航空の経営者一族が、これまでの従業員に対する暴挙について糾弾されています。 以前にナッツ姫と呼ばれた長女に続き、部下にコップの水を掛けた次女、従業員を突き飛ばす妻と、続々報じられました。 その長女ですが、近く離婚するのでは、と言われているそうです。 既に夫が訴訟の手続きを始めており、離婚を決めたのは夫のようです。 今年は二人ともが、前厄年です。 厄年は、人生の転換期の三年間の最初の年です。 吉凶どちらでも大きな出来事の起こる年で、既婚者にとっては、妊娠やマイホーム購入などの良い出来事のほか、今回の様なケースに至ることもあります。

大津市の保育園で、一歳の乳児を床に叩きつけ骨折などさせた疑いで、女性保育士が逮捕されました。 画数には、9,17,26があります。 17画は強情で譲らず、カッとなりやすい暗示の画数で、9画は破壊数です。 また、26画も自分に甘く、自己中心的な暗示があります。 また今年は本厄年でもあり、人生の転換期の三年間です。 自ら転換期を無にしたようです。
虚偽の求人広告で女子高生を集め、性的サービスをさせたとして、38歳の男が逮捕されました。 画数には、12画を二つ持っています。 これは色難やモラル破壊を暗示しており、楽な方向へ流れやすい性質を表しています。この画数の並びだと、自身もロリコン趣味だったのかもしれません。 特殊な趣向も暗示する画数だからです。 画数の暗示が全てではありませんが、その現れ方は様々で、これはそのケースのひとつです。
台湾で、勤務していた都内の企業からおよそ10年間、25億円に達する横領を行った男が逮捕されました。 逮捕された男は、画数に43,22画を持っています。 22画はモラル破壊の凶数、43画は一時的に財を成す事はあっても破財につながる凶数です。 事件を裏付けるような暗示の画数です。 凶数を持つ人全てではありませんが、その暗示に負けてしまう人がいるのも確かです。
元東京都知事の猪瀬直樹氏と蜷川有紀さんが、結婚を発表しました。 猪瀬氏は前厄年、彼女とは、彼女自身の2年前の厄年からの出会い・交際を経て結婚に至っています。 厄年は人生の転換期で、ただ悪いことばかりが起こる時でなく、大事な出会いもある時期です。 厄年と結婚は、密接に関係があるのです。

TOKIOの山口達也さんが、女子高生への強制わいせつで書類送検されていたことがわかりました。 自宅に女子高生を呼び出し、無理やりキスをしたとされています。 彼の今年の運勢は助成です。 普通であれば恋愛運の良い時ですが、その分誘惑に負けやすく、また奔放になる暗示もあります。 良い運も、どう活かすかはその人次第です。
和歌山県の海水浴場で、妻を事故に見せかけ溺死させた男が逮捕されました。 男は浮気や金銭問題などで、妻から離婚を切り出されていたそうです。 妻に保険金をかけた上で、事故に偽装して溺死させる方法をネット検索するなど、周到に計画して今回の事件を起こしています。 この逮捕された男は12画を二つ持っており、これは色難やモラル破壊の凶数です。 女性問題はもちろん、対人・金銭トラブルまで多くの出来事に関わるのがこの凶数で、自己中心的な考えや、自分の楽な方向へ流れる性格がその原因になります。 凶数を持つ人全てがそうなるわけではありませんが、このケースのように凶数を併せ持つ場合は、その暗示も濃くはなります。 今年の運勢は隠退で、節目の年です。 人の命を奪い、自ら人生を暗転させたわけです。
北島三郎さんに、暴力団との関係が疑われています。 ある事件の裁判で、元暴力団員が北島氏との繋がりを主張しており、JRAは北島氏の馬主としての権利剥奪も検討していると噂されています。 先日次男を亡くしたばかりの所へ追い討ちをかけるような報道ですが、以前の記事にも書いたように、今年は帰蔵という八方塞がりの運勢、来年からは厄年が始まります。 ちょうど2020年、本厄年の時に、運勢は明道です。 環境の変化を表す運勢で、そして人生の転換期を暗示する厄年の真っ只中です。 時代、そして環境の変化を感じ取り、何か大きな決断を下すかもしれません。
俳優のいしだ壱成さんが、交際中のタレントの女性との結婚を発表しました。 お相手の女性は、結婚後に12,27画を持つことになります。 星回りでみると、元々経済観念の発達した女性ですが、12画も27画も、金銭への執着を表しており、俗に言うケチと言われる暗示です。 もともとの性質に画数の暗示が加わり、更に金銭感覚は厳しく、また鬼嫁とも呼ばれるような頑固さを発揮していくでしょう。