新幹線車内で男性殺害した男を逮捕 その画数

新幹線の車内で、ナタで乗客を切りつけ男性1人を殺害、女性2人に重症を負わせた事件で、逮捕された男は「出所したらまたやるかもしれない」と供述しているそうです。 この男は画数に14,22画があります。 不遇な子供時代を過ごしたと報じられていますが、それと殺人を犯すことは別物と考えなければなりません。 これらの画数は鬱憤を溜めやすく、人によっては、過剰に自分を責めるタイプ、または全てを人や環境のせいにする他罰的なタイプとに分かれます。 この容疑者は後者でしょう。 画数が全てではありませんが、人格形成に少なからず影響を与えます。