嫌な思い出から逃れる方法

皆さん、今日は。

私の拙いブログをお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

突然ですが、シロクマ実験をご存知でしょうか。

少し前にメディアで紹介されましたから割と有名になったようです。

「シロクマのことだけは考えないでください」

こう言われると、シロクマを考えずにいられなくなるという心理現象ですね。

思考には意識的におこる思考と自動的におこる思考の二つがあります。

人は、自分の思考は自分で考えていると思いがちです。

もちろん意識的に思考をコントロールしている時もあります。

たとえば、明日の献立考える時は意識的に考えているでしょう。

「牛乳はあったかな。玉ねぎはあったはずだ」

その時チョコの袋詰めなどが目に入ります。

「そういえば職場に置くお菓子も買っておかないと、明日からまた仕事だったな。」

といった感じで考えが流れていきます。

関係ない刺激が加わると意図していたこととは違う思考が自動的に出てくるわけです。

この自動的に起こる思考のことを「自動思考」と言います。

実は人はほとんどの時間は自動思考で考えているんですね。

ふと何かをする時、感情を抱く時、様々な時に自動思考は生じます。

さらに多くの場合はこの自動思考が起こったことすら気づいていません。

しかし、気づいていなくとも、この自動思考によって、気分や行動が引き起こされているので、影響は大きいのです。

知らぬ間に私たちは自動思考に支配されて生活しているということになります。

長くなるので、続きは明日。

では。