自身の外観

ご相談で 中年以上の女性の方から

「わたしって ばばあ?」って 彼に聞いて「そうだね」と

答えられ傷ついたというのが 時々あります。

それって、人からどう見られているかに

視点がいってるからですよね。

相手は好きだから おつきあいしてると思うので

二人以外のひとのこと 考える必要はないのでは

ないでしょうか。。。

正直、このご相談中、苦笑いしかでない私でした。汗

ご本人の前では平静を装いますが。。。苦笑

交際している方については、理由はいらない。

好きで 交際しているのだから

自分を卑下するのは、相手も卑下しているのと

同じになりますよ。

好きになるのに、こんな理由があるというなら

それは、本当に好きなことにはならないと思います。

例えば かっこいいから お金があるからなどね。

相手に理想を求めるのは当然かもしれませんが

好きと感じる自分と、相手との距離感などを感じるなら

ただただ、自身を磨いて内側の光を輝かせることができるなら

何の問題もなく恋愛は進むでしょうね。

恋愛は二人でするものです。

好きな人に恋するのと、恋愛は違いますよ。

恋愛はひとりではできないからこそ、楽しんで欲しいのです。

ただただ恋愛する自身を感じて

あなたの内側にある光を 輝かせて欲しいのです。

それが私のお願いです。

ひとは産まれてから死ぬまで日々歳をとるわけです。

命があるからこそ美しいのです。

ひとであるからこそ、その感情を身体中で感じて

楽しかったり、苦しんだりしますが、

それが全て自身の学びと成長につながります。

ひとは 幸せになるため 活きています。

♯花。こころ https://hana-cocolo.jimdofree.com/