今日は春分の日。

宇宙元旦とも呼ばれているそうです。

春分の日は、昼と夜の長さが同じになる日です。

自然を心から感じ、命あるもの全てを慈しむ日だそうです。

春は再生、蘇り、新しいスタートのエネルギーに溢れています。

気持ち的にも上向き前向きになれると思います。

春分の日は、今ここからはじまる新しい流れに乗るトキになります。

陰陽のエネルギーが入れ替わるトキです。

こんな時こそ夢や望みを見直すこと。

身の回りを清潔にし浄化すること。がおススメです。

  

リスペクトするということばを時々耳にするので

ググってみました。

「尊敬する」「敬意を表す」という意味があります。

生き方をリスペクトする。

ちょうどリスペクトすることが

今ここで当てはまるように思いました。

似てると思った忖度(そんたく)は

人の心を推し量ることで相手に配慮することです。

人の心情をくみ取り公正さを欠くことを自覚し行動することです。

日本にいて日本語を何となく使っている私ですが

その思念の意味を知ると、思いが心に伝わります。

周りにいるひとは全てが自身の鑑なのです。

ことばというのは 発するとき

本当に気を付けてほしいことです。

相手が悪いとか、相手の言葉使いが悪いとか

気になるのは、それは自身のなかに 

それを受け取るものがあるからなのです。

ひとは育った環境で 各々言葉の使い方も変わります。

ワタシは関西で生まれ育ちましたが

両親とも 九州の人ですので、それぞれの

方言もはいる言葉に あまり違和感がなかったのですが

こちらに越してきて すぐに言われたのが 

あなたの言葉が怖い。。。

元々それほど関西弁が強いほうではなかったのですが

それでも そういわれて悲しかったけど

その時は関西弁を話さないようにしました。

いったひとの真意は今の私にはどうでもいいこと。

郷に入れば郷にしたがえと、言葉使いにまで気を遣うこと

どれほど自身を否定されても 従っていました。

ワタシが感じたのは、否定されることの恐れです。

ひとの発する思念というのは、いかに使えばいいのか

ずっとずっと感じていたことでした。

思念というのは 言葉使いが一見きれいでも

その裏にある 相手への抑圧などがあれば 

その思念を受け取ってしまいます。

まああれこれ考えるよりも

今ここを楽しむことをしたいと思っています。

ことばの思念を学んでみようと思う方はどうぞお待ちしています。

https://www.facebook.com/events/514945052497393/

♯花。こころ 心も元気!体もげんき! 

 https://hana-cocolo.jimdofree.com/