苦しい、不安。気づいてほしいこと。

ブログをよんでくださり 感謝します。

ひとは苦しい時、不安な時 助けて欲しいと思います。

当然なことですが、何かに依存することが悪いとは言わないし、

否定もしません。ひとであるからこそ、助かりたいと思うでしょう。

だけど何かに依存したり、執着してているうちは、

前へ進めないかもしれないことは忘れないで欲しいのです。

依存が執着となり、

想いは 重い荷物となっているかもしれません。

足かせになってるかもしれません。

動けないのか、動きたくないのか

そこに目を向けることが大事なのです。

問題が起きたとき

大抵の方は外へ主観が向いていて、

気づけなくなっていただけなのです。

考えて考えすぎて

ネガティブなまま止まっているだけではないでしょうか?

そんなときは たいがい過去に意識が向いていますから

未来の自分に対して 後ろへ向いてる状態なだけです。

困ったときに 自分以外のひとに相談したとき

怖いことを言ったり、依存させるようないいかたをするひとの

話しを聞いて納得するならそれはそれですが

基本それって お金からんでないかな?

互いに損得になってないかと、気づいてほしいです。