座右の銘

私のブログにご訪問頂き心から感謝します。

肉体と心と魂のつながりを求め

自分を知ることを大切にしています。

下に書いたものは 
ある尊敬する方の座右の銘だと教えていただきました。

現代語訳(口語訳)

(誰しもが)最後に通る道とは以前から聞いていましたが、
(まさか自分にとってそれが)昨日今日(に差し迫ったもの)
だとは思いもしませんでした。作者は在原業平です。
「病気になって弱ってしまったときに詠んだ歌」との記述があります。
人は皆死ぬ、ということは誰でも知っていますが、
それが自分の身に迫っていることに驚きと嘆きを感じています。
これを伝えてくださったその方は 女性でありながら若い頃、
大企業に従事し波瀾万丈な人生を送ってこられています。
ご自身の人生を振り返り、現在心の混乱をこの詩になぞらえました。
どんな人生を送っても、
必ずひとには 死へ向かうという逃れられない宿命があります。
ただただ死ぬのが怖い!と思うのは当然ですし
それをどう受け取り、受け止めるのかは、本当に大切なことだと
心がうたれました。。。
生と死を 光の闇というふうに感じていますが
死が闇とは限らないですし、ネガティブなわけでもありません。
ひととしての尊厳を感じて、死を悲しいと感じるのは周りの方であって
ご自身にとっては、充実した人生を振り返って後悔のない楽しかったと
思えるなら、それが一番だと心から感じ入りました。

ブログは独り言や つぶやきも多いですが、

読んでくださりありがとうございます。

心と体の鑑定士をさせていただいています

花。こころ です。

詳しくはHPをご覧いただきたいです。

♯花。こころ 心も元気!体もげんき!

  https://hana-cocolo.jimdofree.com/