痛み...。

IMG_7553.JPG

人間、あちこち痛くなったり、病になったりするものですが、

老化現象、これは否めないものであり、徐々にきますわね!(笑)
徐々にといっても、筋肉が落ちるのは早い!と驚きです。

体力を過信して当たり前に無理をして、
え?なぜ?と、病にならないと気付かない事もあります。
これは男性に多いパターン。

私は何も変なことをしていないのに、コリや痛みが出る!
はい、何もしないから痛くなるらしく...、
これは、女性に多い(^^)

柔軟な筋肉も、固まるのが早くなるんですね、これが、
軽い運動を癖付けておかなければ、痛むばかりですよ!

これらは、目に見えるものですが、


もう一つ、心の痛みが体に伝わるものもあります。
これらはなぜかタイムラグがありましてね、
原因がわかりにくい事があります。

「痛み」は、体と心のお知らせSOS、
お薬やレイキやいろんなことで何とかしよう!
そうなるのではございますが、

いつも言いますが、体は心より正直です。
自分自身が、あまり見たくない本当の自分を見る(知る)事で
そのメッセージを受け取れることがあります。

つまり、痛みも感情の固まりだったりするわけですね、
不安、恐怖、悲しみ、嫉妬、悔しさ、無力感、etc.
それらを黙り込み、自分自身を無視しているって事がないでしょうか、

実際は、無視しているわけではないけれど、
何もしないのは、やはり無視しているのと同じかもしれません。

エネルギー的には、自分の出しているネガティブなエネルギーが
どこかで弧を描いて自分に戻って来て鋭く刺さり続けます。

漢方では、怒りは肝臓に、悲しみは肺に、不安は脾臓、恐怖は腎臓に、
とされています。経絡などもありますから影響される個所はもっと
多いでしょう。

不調や痛みがある場合は、自分の心と不調な個所と話してみると良いですよ、
「ああ、あれはきつかったよね!でもよく頑張った!エライ!」
「本当に良く耐えた、こんなに辛かったんだね!ごめんね!
もっと緩く行こう!」

そう、心と体の緊張感(ストレス)が続くと痛み不調として現れます。

そして、ここが大事な部分、ちゃんと「感謝」してくださいね!
なにせ自分に強要するばかりで、あとは無視するのが「自分」です。
うん、それはひどい人じゃないですか?そりゃ体も怒るかも(^^)

認めてあげる事や、癒してあげる事、応援してあげる事、感謝する事、
本格的な病も、生き方を変えるよう指示してくるわけですので、
病も感謝の一つとなります。

外側ではなく内面を見つめる、
結局は自分の事は、自分が責任をとるようになっておりますね、

自己ヒーリングなどが上手くいかないと感じる場合も、もっと
自分を見つめてみると良いかもです。

時間を掛けてしまったトラウマや痛みなども、いきなりは戻らず、
繰り返しの癒しと、やはりタイムラグを通して戻ってきます。


持って生まれた宿命と運命はあれども、それ以外の
運の良しあしも似たようなものがあり、
それらは、すべてあなたの選択次第ということなのでしょう。


という事で、
寝違えて、首が痛い森羅でした(^^;)