58羽のぽっぽさんが天と地を繋ぐ/福島相馬から

135496.jpg

私の手元に贈られてきた1枚の手ぬぐい。

そこには可愛らしい鳩さんが・・・・

この手ぬぐいに込められた想いを受け継ぐ。

福島県相馬市と南相馬市にまたがる八沢浦千拓地の総鎮守

山田神社。

ここは明治から昭和初期にかけて工事が進められ
昭和16年に完成。

工事中の事故で11人のかたが亡くなられている。

そしてあの3月11日、東日本大震災の大津波で流失。

この山田神社の氏子である「港集落」全てが流され
47人のかたが亡くなられました。

そして今年2月。

熊本の工業高校から仮社殿が鳥居2基とともに寄贈され
海の見える高台に設置されました。

この鳥居に絵師はとさんが亡くなられた方々の
御霊お慰めするために描いた58羽の鳩。

この鳥いっぱい鳥居をデザインされた手ぬぐいは
売上の一部を山田神社運営の為に奉納されるようです。

9月10日にお祓いを受けて福島県で販売されています。

そんな想いを込めたこのぽっぽ手ぬぐいが
私のところにやってきたのも何かご縁でしょうか。

現在 この手ぬぐいは 

ここでお取り寄せはできるようです。

ぜひ 応援してあげてください。