2020年春のオフ会の参加者募集の締め切りを迎えました。

今回も新しい参加者さんを含めて37名に達しました。

毎回ですが、参加資格はすでに鑑定すみか、ブレスレット製作完了者さんに限らせて頂いたことをご了承ください。

参加を希望の方は、是非どちらかの条件をお願いいたします。

その理由は、他の参加者様にも迷惑が掛かるような方では無いかを確認する為です。

あくまでも楽しく安全に開催したいと思う気持ちからです。

それから・・・これは余談ですが、4月のオフ会の会費を、もう今日までに振り込んで来てくださった方が、17名にも達しました事に驚きと共に嬉しく思います。

信用と信頼がなければ、こうはなりませんよね・・・ありがとうございます。

まだ2019年ですが、2020年の春のオフ会の募集を始めます。

2020年4月18日(土)18時から21時 会費11000円 会場は某所(同じですが)

枠が埋まり次第締め切りにします。
なお、もしかすると夏のオフ会は開催しないかも知れない事が濃厚です。 オリンピックの関係の混雑が心配ですので、皆さんに無理はさせられないかなと思いまして。

ですから、次に期待と思う事はしない方が良いかなと思いますので。

今からスタートです。

* 全くの新しい方は、ご参加をお受けできません。

一度は鑑定でお会いした事があるか、またはブレスレットを依頼してくれたことがある方に限らせて頂きます。

参加人数に制限がありますので。また安心できる運営を考える為です。ご了承ください。

大都社さんから{実際にあった怖い話}の中で、私が原作を書かせて頂き、水月まな先生に漫画を描いて頂いています『心霊浄化師 神楽京』の3巻目がいよいよ12月7日(土)明日発売されます。

わたしの手元には、見本誌が届いておりますので、写真を載せますが、皆様よろしくお願いします。

今回の巻は、いい感じのお話が多いなと、我ながら・・・思いながら読み返しました。

皆さま{大都社 心霊浄化師 神楽京 『死神と名乗る者の恐怖』)を、宜しくお願いいたします。

20191205_201830 (600x800).jpg20191205_202427 (600x800).jpg

12月7日に『心霊浄化師・神楽京』の3巻目のコミックスが発売されますが、改めて思う本音があります。


私の漫画の場合は、自分がモデルなので仕方がないのですが...もう少し格好良く描いてもらえばよかったと思うのです。

髪の毛もサラサラで長髪で、知的でクールに。いかにも漫画の主人公のような感じで・・・

永久保先生が描いてくれていた『井口清満の心霊事件簿』の私は強そうで怖そうでした。

水月まな先生の描く『心霊浄化師 神楽京』の私は少し線が細いサラリーマン風。

そして鏡を見つめる私が見る私は・・・お二人の漫画家さんが描いてくれる絵の合体が私かなと思いました。

よく強面と言われます。体も大きいし強いイメージはあると思います。(髪の毛はそんなにオールバックにはしていませんが)

実話漫画ですから、格好いい主人公では描いてもらえないんだろうな・・・

あっ!でもそれじゃ、実際に私と待ち合わせする人は分からないかも知れないな?

そうだ...私は直接お会いする仕事もしていたので、それは不味いんだなと自分に言い聞かせました。笑

格好良くなりたい!叶わぬ戯言です・・・

20190313_000105 (640x480).jpg20181122_004029.jpg

人は群れを求めるから寂しさを味わう。

孤独を恐れて、得意でもないコミュニケーションを無理に取ろうとして、余計に人が苦手になる。あなたは大丈夫ですか?

わざわざ群れの中に入らずに、同じタイプの人を見つけて行けばいいのです。(オフ会での私の目的はここ)

私は昔から孤独が好きです。プロは孤独なものだと思うから。ましてこういう仕事は、同業者で志が同じ人間を探す方が大変だと思う。

能力が上だとか、稼ぎが多いだとか、人気度が高いとか、仕事の数が多いだとかで、必ず長くは続かない事を、数多く私は見てきました。

ならばもっと正直に、『私はあなたを利用したいのです。』と言われた方が清々しいかもしれない。(受けるかどうかは別ですが)

皆さんも日頃の生活の中で、人の群れに翻弄されて疲弊している人も沢山いるのでしょう。

会社の人間関係・学校での人間関係・子供の関係&PTAなど学校行事での人間関係・ママさん関係・遊び仲間などなど・・・

無理ならば、群れからたまに外れる事は大変かもしれませんが、罪ではありませんからね。私は大いに勧めます。

今回は、私の原作漫画『移せ身の人形師 時雨夏子の奇蹟』漫画・七瀬真先生が巻頭に載ります。

そしてもう一つの私の原作漫画『心霊浄化師 神楽京』 漫画・水月まな先生が巻末に載っています。

そして、裏表紙の部分に、12月7日に発売されます『心霊浄化師 神楽京』のコミックス三巻目の告知宣伝ページになります。

一杯一杯・・・私の名前が載っている・・・ある意味相当に、記念になる2020年1月号になります。震えています・・・

ある人に言われました。『先生、コミックス発売記念パーティーはやらないんですかと・・・

う~ん、私は漫画家さんじゃないからな・・・インパクトが弱いんじゃない?と思い聞き流しましたが、何かこの号を見ているとその気になって来るような自分が居る。怖い怖い・・・霊より怖い。

発売記念 サイン会みたいなものを開けないかな?(これは冗談です(汗)人が集まらなかったら恥ですから、出来ませんが。)

そんなこんなですが、実際にあった怖い話の1月号と、12月7日発売の心霊事件簿 神楽京のコミックスもよろしくお願いいたします。

『移せ身の人形師 時雨夏子の奇蹟』の方のコミックス化計画も進んでいますので、そちらも来年の真ん中辺りには出せるのではないかと思いますので、ご期待ください。

20191123_005559 (480x640).jpg20191123_005755 (480x640).jpg

私はツイッターの方にも書きましたが、スペースが少ないのでこちらにも書きます。

何で私が『神楽京のオフ会』と言うものを開いているのか・・・

11年くらいも続けて来たし続けられてきましたが、何故私は開催してきたか。

セミナーのような会でもないし、そこで何かを売る訳でもないし、買うような方向に誘導するような怪しい事は一切しない。『そんな訳ないだろう』と疑う人もいるかもしれないですが、疑う人の口に蓋は出来ないのでそれでいいと思ってやって来ました。

ただ私の目的は、私と言う人間を《ハブ(PC用語)》のようにして、全く交わる事の無かった地区性や職業の人たちが、私と言うフィルターを通して信頼関係を一気に繋げて腹を割れるような付き合いが出来る場にしたかっただけです。

神楽京が間に入っているのだから信用できるという空気感が好きだし、だからこの会の人選も気を付けています。

どちらかと言うと、私の所に集まってくる人たちは、他人とうまく付き合えないとか、人見知りとか、コミュニケーションが苦手だと言う人たちが多く集まる傾向にあると思って居ます。

ですから、オフ会に集まる人たちは怖くないんです。人の嫌な所には踏み込まないタイプの人たちが多いのです。だから安心して腹を割れる場なのだと思います。

会が終わればバラバラに地元へ帰るし、良い距離感も保てる丁度いい友達を作れる場にしたかった。

なにより・・・・私が楽しめていますから、止められない!皆の笑顔が好きだから。

今回は、高輪ゲートウェィというJRの駅が一つ増える工事が、何とこの日にジャストミートしたと言う、ある意味バッドニュースが発生しました。

そのお蔭でJRで来られる方々には、多大な迷惑をお掛けする事になってしまいました。こちらの予定は春に予約しました予定なのに・・・

台風でもなくおお雨でもないのに、ダイヤが乱れて困りました。ただ、一縷の望みは16時までに工事が終了するという事で、会は18時からなのでギリギリセーフかなと思いながら会場に向かいました。(そうしましたら・・・私は何を間違えたのか、1時間も前について途方に暮れてしまいましたが。)

混んではいましたが無事に電車は動いていて会場に入れました。

今回は私を入れて38名で開催されるオフ会でしたが、都合により遅れる方が1名いましたが、その方以外は意外なくらい皆さんも頑張っていらして下さいまして、スタートもスムーズに出来ました。

定時の21時の段階で9名の方がお帰りになりましたが、そのまま2次会に29名が残って継続と言うビックリな状況でした。

私の方で、申し訳なかったのですが・・・体力の限界が来たため3時でお開きにさせて頂きましたが、その段階でも15名もいらっしゃいました。

そして・・・皆さんで『良いお年をお迎えください』の挨拶を交わして解散しました。

* 始発待ちの方が7名そのままのお店に滞在して始発でそれぞれ無事に帰られたと言うメールを頂きました。

参加して下さりました皆様、無事に終わりに出来ました事を大変感謝しております。ありがとうございました。

今回初参加の方たちも 5名いらっしゃいました。その方たちのまたのご参加を期待しております。ありがとうございました。

                            責任者 神楽京

私はとても長くこの仕事をしています。

今もうすぐ60歳を迎える年齢になりましたが、中学生から続けてきて、命がある事に感謝しながら今仕事をさせて頂いております。

霊の案件の相談を受けて来て、いつも思いながらお受けするのは・・・

いつ自分の能力を上回る相手(悪霊・魔物など)と対峙する事になるだろうかと。

現に私は49歳の時に大病をしました。漫画の中でもそこで私は休む事になり、名前をもうひとりの人格 神楽京を作り活動をしてきました。

もう一人の自分を作る事で、寿命を貰えるような気がしたからでもあるのです。

正直ドクターが驚く結果になり今に至るのですが、あの時に私はもしかしたらやられていたのだろうなと思うと、とても怖いですが。

こういう仕事をしていると、無敵のように思うかも知れませんが、実は一番危険な位置に居て仕事をしているという事になるのです。

事故や怪我や病気になる事はあると思います。

その時には是非 しっかりと自分の厄や魔を落とす事をお勧めします。

こういう仕事をしていて、自分が不味い状態になるのは一番格好悪いと思いながら仕事をしています。

命がけの仕事をしていますので・・・

2019年11月の満月になります。
今企画ブレスレットの製作の真っ最中ですが、満月になりますのでお手持ちの私が作ったブレスレットなどの浄化をしてエネルギーの充填をしてあげてください。

2019年11月12日(火)22:34に最高の満月になります。


お天気的、また時間的に今回はいい満月が見られそうです。

是非 月の光が当たる場所に、少しだけおいてあげてください。

自分のパワーストーン関係の物の顔(石)が疲れたように感じたら、余計にです。

浄化は大切な事です。

ブルームーン