今の世の中は、少子高齢化による後継者の不在などが理由で、墓を撤去し、寺などに遺骨の管理を任せる「永代供養」に切りかえる人が増えています。

「墓じまい」ともいわれる動きが広がる中、新たなトラブルも色々起きているようです。

交通の便が良いこともあり人気を集めてきた霊園ですら、墓を返還する人が年々増加しています。

もちろんお寺さんのお墓も同じです。

私の親の眠る墓地にも、問題が起きていると聞きます。

墓守の方に、連絡が取れなくなってしまって、『年会供養料』と言うものも未払いで、大変困っているとの事で、お墓には、下げ札が掛かっています。

『至急連絡ください。何日までにご連絡なき場合には、墓石を撤去します』と・・・

そして次に行くと、驚く事に本当に墓石が消えてしました。(汗)

「3年前くらいから増えてるんじゃないかと思うんですけど、今年度も既に20件ほど返還されてます」そうです。

背景には少子高齢化や核家族化による後継者の不在がありますが、最近では「子どもに迷惑はかけたくない」と墓の維持を諦める人も増えているといいます。

長年、誰にも手入れされない「無縁墓」も目立つようになり、霊園事務所に苦情も寄せられるようになってきたそうです。

厚生労働省の調査によれば、「改葬」つまり「墓じまい」する件数は2016年には97000件と統計開始の1996年以来過去最高となりました。これに伴い、墓の遺骨をお寺の永代供養の納骨堂などに納める人が急増。カードをかざすだけでお墓が出てくる近代的なものも出ています。マンションタイプのお墓の、広告をだいぶ目にするようになりました。

ただ・・・一方で、寺の檀家から抜ける際に支払うこともある「離檀料」と言うものがあるそうで、それをめぐり、トラブルも相次いでいるといいます。

遺骨を永代供養の寺に移すのに必要なのが、改葬許可証の発行です。

もともとの寺から証明の印をもらって自治体に提出しなければなりませんが、その際に寺が高額の離檀料を請求するケースもあるというのです。これは注意です。

「経営的な側面もあるかとは思いますが、それよりも檀家を失うということは、寺院の中で地位が下がりますよね。檀家離れを防ぐための抑止策、もっと言えば住職のプライドもじゃないか」と思いますが、これから起こるであろう問題。


都市部ではもう始まっている問題です。何かの参考にして頂ければ幸いです。

私も墓守ですが・・・大変ですね。

2018年11月17日(土)今回は夜になります。

会費は同じでやりますので、参加希望を募ります。

全くのご新規の方のご参加は、お受けできませんので、よろしくお願いいたします。申し訳ありません。

基本的に参加経験者か、私が鑑定経験者か、私のブレスレット製作依頼経験者に限らせて頂きます。

そして、人数には限りがありますので、予定人数に達した段階で締め切らせて頂く事をご了承くださいませ。

大都社さんから発売されている『実際にあった怖い話』の中の、私が原作をしている『心霊浄化師 神楽京』のコミックス2巻目の発売日が決まりました。

単行本化2巻目の発売が、無事に決まり進行しています。

発売日は、2018年10月11日(木)です。

原作・井口清満 / まんが・水月まな先生です。

1巻だけで終わってしまったらどうしようと思いながら待ちました。素直にうれしいです。

表紙の絵柄の打ち合わせなどを行っていますので、お待ちくださいね。

表紙が出来上がりましたら、またその時に発表しますので、是非 よろしくお願いいたします。

7月28日(土)のお昼から、夏の昼オフ会を開催しました。

東京は、台風12号が直撃する状況で、開催も一時期は断念しなければいけないかと思い、ギリギリまで大変不安でした。

しかし、始まった時間くらいに、暴風雨に突入したようで、ほとんど建物の中にいる事が出来、有り得ないくらい台風の実感がわかないくらいの幸運・天運の中、

12時からのオフ会はスタートできました。17時に閉会になった後は、外に出て見れば驚く程の小雨で安堵しました。

33名で始まった昼オフ会も、17時で閉めの筈が、嬉しい事に帰ろうとしない皆さんが出口に残って・・・

2次会へ突入。総勢28名も5時間では飽き足らず、またそこから場所を変えて盛り上がり、最後は23時にお開きになりました。この段階で9名いました。

皆さんのパワーにも、頭が下がりました。

成功で来たのも、皆さんのお蔭です。

参加してくださりました皆様には、感謝します。ありがとうございました。

私の原作の漫画が載っている、『実際にあった怖い話9月号』が発売されました。

今回も巻頭で載っていますので、よろしくお願いいたします。

それからこれは余談ですが・・・

その最後の方に『実際にあった読者ハガキコーナー』と言う、読者様からの感想などが載っているページがあるのですが、私はこのページを楽しみに読ませて頂いています。

素敵な感想が載っていると・・・嬉しくなります!

20180725_232436343 (1) (360x640).jpg

今年の5月の企画ブレスレットでも、とても沢山のブレスレットをご依頼いただきました。

昨年の末の企画ブレスレットでも、160本ものブレスレットを作らせて頂きました。

もちろん普通の時も、平均20から30本のブレスレットを、毎月作らせて頂いていますが・・・

いつも思う事があります。

私の作った・・・そして念氣を練りこんだブレスレットが、自分で入った事が無い土地の、お会いした事がない人の元で、その人を助け励まして共に生きて行く姿を想像すると、とても不思議だし大切にして下さっている皆さんをイメージすると、物凄く嬉しく思うのです。

もちろん・・・残念ですが1回の制作で「なんだ~」と思われて、縁が無くなってしまう人もいます。でも、そう思われてしまうのも、何回も何回も継続してお付き合いしてくださる人がいるのも、どちらも現実ですから、仕方がない事だと思って、自分をひたすら信じて作っています。

日本にお住いの全国民の数からしたら、まだ大した数の方と繋がり切れていないのだ・・・と鼓舞しながら・・・

私も歳を取って来ましたから、いつまで今のように作っていけるかは分かりませんが、遠隔地の為に、お会いした事が無い方々と、繋がっていられる大事な物が、ブレスレットをはじめ、私が提供するパワーストーンなのですから・・・

会えなくても寄り添える・・・そんなブレスレットを作っていきたい・・・作れる限り。笑

あなた人生を生きていく上で、目標と言うものを持っていますか?

大なり小なり・・・今の自分に合わせたそれなりの目標はお持ちだと思います。

人とは不思議なもので、到底難しい目標は立てにくいものです。花火を打ち上げたいと思う人の場合は、かなり過分な目標を言ったりしますが、実際には身の丈は分かっていると思います。

人生は、その目標の内容次第で、色々と生き方までもが変化していくものだと思います。

素敵な目標を持ちましょう。その目標に見合った努力が出来れば、叶わなかったとしても、それに近い結果が訪れると信じています。

夢でもいい・・・努力するために頭をフル回転してみるだけで、未来は楽しくなると思います。

その内容が正解か間違っているかなんて関係なく、いいと思った事の反対を選んでへそ曲がりに徹してみよう。

分岐点で迷ってしまった時に、いつもならば絶対にAを選ぶような場面でも、いつもはAを選んでしまい上手くいかないのだから、あえて目をつぶってBを選び実行してみるようにする。

漫画ならば、ここで上手くいったりして良かったねとなるかも知れませんが、現実はそう簡単ではなく、あまのじゃく方式の選び方で失敗するかもしれません。

でもそれでいいのですよ。

厄払いでもあり、考え方の運のリセットでもあると思うのです。

私は不調になると、この方法を必ず実行して、決断の強制設定解除・リセットをするようにしています。

ダメな時はとにかく、魔物が憑いているかの如く、魔が差したように坂を転げ落ちてしまう方向を選んでしまうものです。

無理やりに・・・自分を一過性天邪鬼に変身させてしまえばいい。

善や・正義の答えばかりを期待して考えていたら・・・なかなか難しい世の中なのだから・・・

28日の満月は、いつもの様にお手持ちのパワーストーンたちの浄化やパワー充填の用意をして下さいね。

そして、28日はただの満月ではないようです。

ストロベリームーンと言う、特別に赤い訳ではないのでしょうが、とても独身者には嬉しい意味合いを持っている月のようです。

ネイティブアメリカンが名付け親のようですが・・・

この月は、恋を叶えてくれると言われていて、好きな人と一緒に見ると、その恋は叶うと言われていると言われているそうですよ。

あなたは誰とご覧になりますか?

ストロベリームーン・・・

2018年6月28日(木)13:53

皆さんは、生霊と言うと、どう頭に思い浮かべますか?

1 恋人から送られてくる生霊。または別れた元恋人から送られてくる生霊。

2 職場などで、仲が悪い人から送られてくる生霊、または嫌いな人から送られてくる生霊。

3 ストーカーなどの、自分は知らないのに相手が勝手に自分を知っていて送られてくる生霊。

4 親と子供の関係で、昔からの洗脳に近い関係で送られてくる生霊。

5 知らず知らずに自分が生霊を飛ばしてしまっている相談もある。

お悩みの方の中には、このどれかのパターンに当てはまっていて、悩みもがいて苦しんでいる人も数多くいると思います。

たとえば・・・2のパターンは、仕事をしていればこういう相手がいたりした人は数多くいると思います。

でも、この場合には不思議な事が起きているのです。

相思相愛と言う言葉がありますが、相思相嫌と言う全く逆の気持ちなはずなのですが、ほぼ相思相愛の関係に近いくらいの恐ろしい現象が起こるのです。

何かの集まりや会などでは、嫌いなはずのこちらの方が、入って来た嫌いな相手を先に探してしまうなんて事があるのではないでしょうか?

必ずそう言う時に、一番その相手を頭に置いて探してしまう・・・むしろ相手の意識を受けやすいアンテナを全開にしているのはむしろこちら側だった・・・などという事があるのです。

意識をしない事が大切・・・嫌いなら離れればいい・・・そんな単純な事も気が付かなくなるのが、恐怖のチカラなのでしょう。

嫌い・・・怖い・・・何もできない・・・

今現在は、霊関係の相談よりも・・・こう言うあらゆるパターンの対人関係による問題、生霊関係の相談事を、毎日の様にお聞きして解決のお役に立てるように、私の能力を生かしています。

時代が・・・どんどん世知辛くなって来たからなのかも知れない・・・