死のサインを避ける方法・・・教えます。

死のサイン・・・その方法は夢で表れる時もある。

また勘として「予感」がする場合がある。

もし夢の中で、自分が死ぬ夢や死ぬしかない状況の場面の夢を見た場合、あなたはどうしますか?

たかが夢だから無視を決め込むか・・・

何度も打ち消そうと何らかの努力をするか・・・

私は無視する事は勧めません・・・普通人の頭の中に「死」というキーワードはあまり存在していまいと思うのです。
「自分が死ぬ」夢を見るなどと言う情報は、外部から入る事も無いでしょう。

何かしらのチカラが働いた時以外には・・・

それでは、そんな夢を見た後に、無視をして普通に生活をしていていいのだろうか?怖くは無いと言ったらうそになる筈です。


そこで、そんな「自分は死ぬ」と言うベルトコンベアーに乗らないためにはどうしたらいいのか?

ずらす事が出来なものだろうか?

私は出来ると思っています。

たとえばCに行く為に、AとBを通過して行くのが普通のコースだとします。もしその先であなたは死ぬサインが出ていたら、AとBを通らなければ良い・・・どちらか一つでも狂わせればいいのです。

予想通りの計画を通さない事が重要なんのです。

もちろん運の揺れ戻しと言うものも起こるでしょう・・・逃さないとする引力の様なチカラが・・・

知人の望月さんが、自分の夢で「エレベーターで昇って行って自分は死んでしまうと言う夢」を見せられたようです。

そこからの数日・・・その中の予定を変える事をしてみれば変わったかも知れない。

びっしり埋まっている仕事が、その日から有ったら、1日くらいどこかで休んでしまうのもいいだろう。(その人には迷惑をかけてしまいますが)

また、待ち合わせ場所に行く時間を少し遅れてしまうとか・・・

また、行く交通経路を変えて行くとか・・・

私だったらガチャガチャとブロックで考えて、組み直しをしてしまいます。
こうする事で、予定通りと思われていた未来が起こらずに変わるのです。

夢の予言で大事なのは・・・それを無視して流さない事。

良く読み解く事・・・それもその日のうちに。

そして「死」と言うキーワードが出てきたら、そのパズルは全部組み直すイメージナくらいやり直す事が、デッド・タイムスケジュールを変えられる方法なのです。

あなたも自分の夢には敏感でいましょう。意味ある夢は何故か覚えているものです。

枕元に忘れないように、起きたらすぐにそのメモに見ていた夢を書いておくと、何かの役に立つ事がとても多いのです。

みなさんも、頭の片隅に・・入れておくといいでしょう。