対面鑑定のお話・・・不思議ですね。

最近 申し訳ない事に鑑定依頼の予定がなかなか取れないという状況になってしあっている事をお詫びいたします。

言いたくはないのですが、一人ひとりにお詫びのメールをするのは忍びなく思い、ブログで書かせて頂きましたら、皆さんのご理解ご協力を頂けるようになってきまして、前もって先の予定を聞いてきて下さる方が増えてきて助かります。

ただ今は2月の空き予定を埋めて行っている状況です。

しかし不思議なんですよね・・・クライアントさんからかなり聞く話ですが
「今回の予定を入れて頂いた時には、そう問題も無くて、次にお会いする時にはご報告のあれこれだろうなと思っていたのですが・・・あう3日前にこんな問題が起きてしまって・・・凄く困ってしまったんです。まさか先生の予約を取った時には何もなかったのに、会う日に合わせるように・・・いえ、まるでこの日にしなさいと誰かに配分をされているように思えた位に、キッチリ相談事が出来ました。凄く不思議な予定取りだと思いました」と。

こんな事を何人にも言われました。

確かに前もっての予定入れですと、正直言いますと何もないかもしれない段階の予定取りになってしまうと思いますので、申し訳ないとは思います。

この時に相談ごともない事があっても不思議はないのですが・・・

意外と空振りの人はまずいません・・・相談事がきっちり起きるのです。

だから不思議と面白いと言うダブルの結果で、帰り際にまた翌月とか次はとか言いながら、予定を入れてくれるのです。

私が嫌がらせで「問題を起こしてやれ〜」なんて出来る訳がありませんから・・・不思議なスケジュールなんですよね。

私のオフ会でも、席場所を決める抽選くじには、私は魔力を掛けておきます。意味のある組み合わせや出会いの妙味を作る為に・・・

この先取りスケジュールのお話も・・・魔力の知らせ、魔力の予定のチカラが働いているのかも知れません。

私でさえ、クライアントの皆さんに、それも何人もの方に「この為に予約を取っていたんですね、私は。助かりました!」と言われて気が付いた位です。

スケジュールの魔力。不思議なお話です。

地方の方のブレスレットを作って下さった方々に、お会いしに行きたいと思っています・・・真剣に。

本当に日本全国なんですよね・・・行きたい場所が。このスケジュールの魔力のチカラを・・・笑