こういう仕事をしていると、遭遇する事がある涙と笑み

私の仕事の中の一つには、どうしても病気の人の相談に遭遇します。

少しで良いので苦しみや痛みを和らげて上げられたら嬉しいのです、お願いしますと頼まれることがあります。

そして、どうしてもあげられない事もあるのは事実です・・・悲しい事ですが。

そして死を見送るに等しいような事もありますが、そんな時に私は、とても不謹慎な事を心の中でつぶやく事があります。

本当にご親族には申し訳ないので、話した事はないのですが・・・死に行くものに掛ける私の真のお別れの言葉なのですが・・・

「あの世ではどうかお元気で・・・」と。叱られてしまう言葉でしょう。

でも、苦しんだ方の顔を見ていると、その苦痛から解放される顔に変わっていく変化が感じられる時があるのです。

そんな顔を見ていると・・・思わずそう考えてしまったのですが・・・生まれ変わって来るまでは・・・こんな辛さから解放されてください・・・だから、あの世ではお元気でと呟くのです。

たまに・・・そんな私の送る言葉に対して、苦痛だった顔に僅かな笑みが感じられる時もあるのです。

賛否両論があるでしょうが、私が考える最後のそして最高の送る(贈る)言葉だと思っています。

* 年末企画ブレスレットの製作も、順調に進んでいます。今は一息入れてコーヒータイムです。笑

IMG_1050.jpg

写真は、渋谷の青の洞窟と言う、真っ青の綺麗なクリスマスイベントです。