岐阜の金山巨石群と言う、とても興味深い所に行ってきました。

まずは・・・クライアントさんのYさん、Kさん、Sさんの3人には、とても感謝しています。

この度は、交通費を含めて・・・全てを出して頂いてしまいまして、大変申し訳なく思います。

でも、楽しくてありがたかったです。

金山巨石群は、本当に巨石の大きさが半端ない大きさで驚きました。今回はガイドさんをお願いしてくれていたので、色々詳しいお話を聞けて、とてもスッキリしました。

とても悪天候で、名古屋からの電車の中では、大粒に雨が窓を打っていて嫌な状況でしたが、名古屋に迎えに来てくれたクライアントさんが、今までの私の天候変化に強い事を知っているので、『大丈夫ですよと』私より悪天的に考えてくれていました。

そして巨石群に着いた頃も怪しい曇り空で、また寒さも半端でない日でした。

しかし、見始めようとした所、急激な天候の変化が起きて晴天のぽかぽか状態になり驚きました。山の天候ですから・・・とは思いますが、あまりにも面白いタイミングだったので、一緒に行った3人のクライアントさんは驚いていました。(笑)

ガイドさんの説明も、弥生時代の頃に太陽暦に関係する意味の石の削り方や向きや置き方が考えつくされて配置されたらしいと言うお話でした。

ただ私的の興味はそこではなく、こんな巨岩石が何故ここに集中的に置かれているのかなどを質問させて頂きましたが、そこの答えは聞く事は出来なかったです。(天文学的な見地での研究の様でしたので、私の興味あるスピリチュアルな考え方は入れてはいけないようでした。私もそう思いますので納得でした)

この巨石を見て、私はそのままエジプトのピラミッドと同じだと思いました。

こんな巨石を沢山運べるチカラや能力を持った何者かが居て、弥生時代の頃の人類に組み方を教え、知る由もない宇宙の星の動きや1年の周期を星やお日様の照らす位置で磨的な事を研究させて、岩を真っ二つに綺麗に切り分けたり、エジプトのピラミッドの洞窟通路の様に、人が石で叩いて岩を削っていく作業の指示を出したのだろう。太古の日本にも同じように、何者かが降り立って・・・

今回はそんなメインの岩の下に入る事が出来まして、宇宙規模のチカラを私の体の中にダウンロードしてくれた様に感じました。

かなり山の中でしたので、車で案内して頂かなければいけない所でした。ですから本当に感謝なのです。

ホテルにも予約していてくれて、深夜まで楽しい話と温泉と花火大会見物を楽しめました。

まあ・・・スピンオフで、このホテルに女の子の幽霊が出て、そのまま写真に写ったと言う+αがりましたが、これは後日・・・

あの圧巻の巨石で、その断面の綺麗さや巨石を空間に浮かせた置き方の妙味も素晴らしいかったです。

興味がありましたら、皆さんも一度は行ってみるといいと思いますよ。岐阜県の下呂温泉近くの、金山巨石群。

20190316_160410 (480x640).jpg20190316_150640 (480x640).jpg20190316_143758 (480x640).jpg20190316_143931 (640x480).jpg20190316_150702.jpg20190316_143234 (480x640).jpg