泣きたい時は誰にでもあります

泣きたい時は誰にでもあるもの

無理に涙を押さえないで 

悲しみを吐き出しましょう 

決して自分に対して

批判したりしないでください

次に進むステップだと認めてあげてください