astrology123.jpg

カズコ様

鑑定ありがとうございました。


私の心の中の事を鑑定を受ける前にお伝えしてたのかな?と思うほど、言い当てられました。


またそこで悩んでいる事での怒りが起きていると。


私のふつふつしたこの怒りはどこから来てるのかといつも思っていました。

そして、探していましたが本当に分からなかったのです。

ですが、カズコさんにご指摘されて、納得がいきました。

またそこからどうしていったら良いのか、アドバイスも頂いて、もやもやの中で過ごしていた自分でしたが霧がはれていくようです。

頂いた鑑定をこれから毎日、身に染み込ませながら過ごしていきたいと思います。

これからの事に対して、全くの不安、失望しかなかったですが、これからは展望もきっと見えてくると思います。

どうもありがとうございました。

女性 T・K様

スピリットC(コンサルテーション+スピリットリーディング)

girl-withe-bird.jpg

☆現状に疲れ、日常を変えたい方

☆自分自身を知りたい方

☆もっと自分を好きになりたい方

☆使命を実感して生きたい方

☆人生を大きく変えたい方

☆自分のまだ見ぬ可能性に出逢いたい方

☆過去世からのカルマを解消したい方

☆人生の目的・使命を知りたい方

lifebeaty555.png

コンサルテーション(メール)

http://ws.formzu.net/fgen/S5200327/

spirit-reading3.jpg

☆天職を知りたい方

☆霊性を上げたい方

☆人間関係をスムーズにしたい方

☆生きる目的を知りたい方

☆成功を求める方

☆志を高めたい方

スピリットリーディング(メール)

http://ws.formzu.net/fgen/S83156034/

wedding-dress.jpg

大好評過ぎて、最短にて、5週間プラス掛かりますが、

鑑定を受けた独身の方は、3年以内に結婚した方々が大勢います。

再婚した方、お子さんを授かった方・・・。

きっと、あなたにも、ソウルメイトとの出会いが待ち受けていることでしょう。

新しい時代とともに、愛する人とのこの世での再会が出来ることをお祈り致します。

ソウルメイトリーディング(メール)

http://ws.formzu.net/fgen/S2152887/

karumaclean.jpg

girlwithwhitedress33.jpg

人は逆境に至ると「運が悪い」「生まれて来たくなかった」「親を選ぶことは出来ない」等と疲弊した言葉で自分を更に傷つけてしまうことで、自信を失ってしまい、立ち直るには時間が掛かることでしょう。

運が悪いことは、いけないことでしょうか。

運が良いというのは、どのようなイメージをあなたは浮かべますか。

高級車やブランド品、豪邸に住むことが出来る人は運が良いのでしょうか。

高学歴の親の元に生まれて、留学させて貰える経済的に余裕がある家に生まれて来た人は親が子供を選んで生まれて来たのでしょうか。

生まれて来たくなかったと言っても、すでに、生まれて来ていますし、生まれて来るためには、霊界で多くの人達から、「地上で頑張って君の使命を果たせることを願っています。」と、応援して貰わないとこの世に生まれ変わることは出来ません。

ですから、生まれ変わることが出来たということは、あなたはすでに、徳を持って生まれて来たのです。

先人の教えによれば、人は誰しも産声をあげて生まれて来る瞬間に、宇宙、自然からエネルギーが与えられるとされています。

それは、生まれてくる瞬間に人間が生きて行くうえで不可欠な活力や生命力を自然から与えて貰うことが出来るのです。

どのような生き方をすれば幸せを導いてくれる羅針盤が向かう方向に進むことが出来るのでしょうか。

もしも、本当に霊的な意味で幸せな人生を歩んで行きたいのであれば、あなた自身の生まれて来た意味、目的、使命を知ることです。

人はそれぞれ異なった宿命を背負っており、あなたの宿命に合わせて生きるのがもっとも自然で、理想的な生き方なのです。

宿命通りに生きていない場合は、生きていることが辛くなり、生きる意味を感じることが出来ず、勝って気ままに生きていると誤解されたまま、周りの人達から嫌われたくないがために、自分の使命を果たすことよりも、妥協した生き方をしている方が、楽と錯覚してしまい、周りの人達に合わせ、気を遣いながら生活を続けていると、受けるストレスも大きく、心身ともに疲れ果ててしまうことになり、「欝的」な症状が発してしまうこともあります。

誰もが、宿命通りに生きるのがベストですが、しかしながら、自分の思い通りに生きられないからこそ、この世で生きる人間の苦悩の種があり、多くの人達がこの種の悩みから脱却するためには、どうすれば良いのかと考え、数千年前に悟りを開いた聖者や哲学者、心理学者等からの教えを学び続けているのではないでしょうか。

生きている間に悟りを開くことが出来たお釈迦様は、一切皆苦(すべてのものは苦しみである)である。「この苦しみから逃げるには、地位も名誉も財産も、妻も子供も、この世のすべてのものを捨て去って、彼岸に渡るしかない。一切の思い煩いを捨て去った彼岸にこそ涅槃の境地、永遠の安らぎの境地がある。だから、この世のすべてをかなぐり捨てて、彼岸に渡りなさい、世俗を離れて出家をしないさい」というのが、基本の仏教の教えであり、それを説いているのが、智恵の経典と言われている般若心経です。

medecinewoman-1.jpg

20世紀末では、出家しない限り、悟れないということが基本でした。

しかし、すでに、悟った新しい魂達が地球に生まれ変わっていたりする意味では、普通の生活を送りながら、悟れることも出来る時代になっています。

悟ることで、自分の人生をありのままの姿で生きることが出来るのではあれば、生まれて来たことを蔑むこともなく、本望ではないでしょうか。

先人達は苦を取り除くために、滝にうたれ、宇宙とコンタクトを取っていた民族もいます。

苦を意識しながら生きるよりは、使命を果たすことを目的に生きることで、心が軽くなります。

スピリチュアリストが良く口にするありのままの自分を受け入れるという意味の中には、一切皆苦の意味が含まれている気がします。

「生まれてきたこと。」これは選択の余地はありません。

「老いること。」医学や科学が進化しておりますが、今の時点では誰しもが止めようがありません。

「病むこと。」病気が好きという人はいないでしょう。

「死ぬこと。」富豪も貧乏人にも、すべての人に必ず訪れます。

これらの四つのことを「生老病死」と言います。

または、四苦とも言います。

どんなに愛する人とも別れるときが来ること(愛別離苦-あいべつりく)、どんなにいやな人でも顔をあわせなければならないこと(怨憎会苦-おんぞうえく)、求めても思い通りにならないこと(求不得苦-ぐふとくく)、人としての肉体・精神があるために生まれる苦しみ(五蘊盛苦-ごうんじょうく)の四つを、生老病死の四苦に加え「八苦」といいます。「四苦八苦」と言います。

この「四苦八苦」は、生まれて来た人に訪れることになるでしょう。

1つ、2つ無くなりそうなのは、怨憎会苦と求不得苦は、これから生まれて来る子供たちは薄れていくことになりそうです。

四苦八苦は、誰にでも訪れることになりますから、自分ではどうにもならないことなのです。

それなのに、どうにかしたい、どうにかしよう、と思うと文字通りの「苦」になってしまいます。

思い通りに行かないようで、その想いを生みだしているのは、あなたの心なのです。

物質社会に慣れてしまっている人達は、目の前のものに執着したり、「自分」に捉われて過ぎていることで、本来の自分を忘れてしまっているのです。

本来の自分とは、この世の使命を思い出すことです。

人生を諦めるのではなく、人生を明らめることです。

徳を積めば宿命に近いかたちで生きること出来るのです。

宿命通りに生きるということは、あなたの使命を果たすことができるということです。

使命を果たすことが出来る人は、宇宙やこの地上に生きている人達から良いエネルギーを受け取ることが出来るでしょう。

松下幸之助さんもこのように言っています。

「人間として一番尊いものは徳である」

《君が「徳が大事である。何とかして徳を高めたい」ということを考えれば、もうそのことが徳の道に入っていると言えます。「徳というものはこういうものだ。こんなふうにやりなさい」「なら、そうします」というようなものとは違う。もっとむずかしい複雑なものです。自分で悟るしかない。その悟る過程としてこういう話をかわすことはいいわけです。「お互い徳を高め合おう。しかし、徳ってどんなもんだろう」「さあ、どんなもんかな」というところから始まっていく。人間として一番尊いものは徳である。だから、徳を高めなくてはいかん、と。技術は教えることができるし、習うこともできる。けれども、徳は教えることも習うこともできない。自分で悟るしかない。》

「本当の自分」として生きるために、かけがえのない使命をも果たすために、今を生きていることを忘れないでいて下さい。

そのためにも、自分自身を知る事です。

ありがとうございます。

rainbowcolor.jpg

img_971964_30383579_0.jpg

20世紀末から、アセンションが起こると言われて続けられました。

一時期はノストラダムスの大予言、マヤ暦による人類滅亡論の話題がメディアで取り上げられて来ました。

最近では、次元上昇についても至るところで語られています。

21世紀になり、コロナ禍でインターネットでは、テレワーク、リモートワーク、仕事、自動化、AI(人口知能)、スーパーインテリジェンス等の言葉を見かける機会が増えました。さらには、「役に立たない人間たち」という言葉さえもあります。

未来への希望に満ちたポジティブな場合と、不安や恐怖に満ちた暗い場合があるが、なぜ、このような両極端な話になってしまうのでしょうか。

専門家でさえも未来予測が出来たとしても、今後、どのようなことが起こるかは予想出来ないときもあるでしょう。

ロボットと自動化に纏わる話題がメディアでも増えています。

あらゆる仕事が自動化されて失われる、あるいは、少なくとも私たちはこれから世界で始まる大恐慌時代に足を踏み入れてつつある中、経済的に余裕のある勝ち組と言われる人々は、ハイテクで未来的な仕事に就き贅沢な生活が送れるが、その知識がない者たちは、ロボットに仕事を奪われてしまうであろうと、考える人もいれば、自給自足が出来る人達こそが、この地球で生き残れる人達になれるだろうと言われています。

そのような不安の中、着実にAIも進化しつつあることは確かです。

コンピューターが意識を持つことで、新しい時代の進化した人間を作り出す事になりそうです。

もう少し先の20年先では、人間以外のAI人間が誕生している可能性があるでしょう。

人間が誕生してから数千年の間、私たちには父や母、子供があり、政府や学校で数学や国語などを学び、大人になり、結婚し、子供を育て、子供が巣立ち、余生を迎えるまでの間、家を建て、親族と会食したり、娯楽を楽しみながら、踊ったり、スポーツしたりして、周りの人達とともに協力しながら、生きて来ています。

過去数千年の間に変わったことはそう多くありません。

人類は昔からそれほど変わっておらず、私たちは朝になれば、職場まで行き、仕事を熟し、自宅に帰る前に、誰かと食事に出かけたりして、睡眠を取り、また、次の日も同じような生活が続くことが当たり前の前提で生きています。

動物達も仕事はしないが、寝たり、食べたりするということでは同じではないでしょうか。

今の時点では、ロボットを表現するときには、あれは機械であると言うでしょう。

その根拠は、ロボットには命がないからです。

babyb.jpg

命には、生気を宿させる力のような神秘的な性質が秘められているからでしょう。

人間はどこから生まれ、死んだあとはどこに行くのでしょうか。

命とは、魂とは、私たちがまだ完全に解明できていない神秘的な事柄です。

もしも、人工知識を持つロボットに命が吹き込まれた場合は、命だけを持つ人間はこの地球でどのように生きて行くことになるでしょうか。

複雑な道具を玩具でも扱うように使えるAI人間が誕生してしまうと、それらを使うことが出来ない人間は、生きる価値がなくなるのでしょうか。

ここ数十年前ぐらいから、脳科学という言葉を聞く機会が増えました。

脳を活性化することで、私たちがまだ知らない脳という分野が進化する可能が未来では発見されることでしょう。

古代ギリシャ人のアリストテレスは、人間は笑うからこそ人間なのだ。と、言っています。

ダライ・ラマは、「人間は機械ではない。それ以上の存在だ。人間は感情を持ち、物事を経験することができる。物質的な豊かさだけでは私たちは満たされない。もっと深いもの、つまり他者からの愛が必要なのだ。」と言っています。

コンピューターを最初に開発した古代ギリシャ人は、植物は1つの魂を持つ。植物は明らかに生きている。栄養を摂取して成長し、子孫を残して死ぬからだ。動物は2つの魂を持つ。植物が持つのと同じ魂のほかにもうひとつ、目的を持つ魂だ。そして、人間は、3つの魂を持っている。植物の魂と動物の魂に加えて、理性の魂。私たち人間だけが、論理的思考を出来るからだ。

o-SUPERMOON-2013-facebook.jpg

水瓶座の時代は、科学や医学、そのほかのことが進化して行くことになるでしょう。

そして、AIと人間の肉体が融合され、科学と精神世界の距離が近づいて行く事になるでしょう。

さて、今年、2020年は、世界の波動が大きく変わりました。

いい意味でも、悪い意味でも、いま、私たちはポールシフトの始まりの点の位置に地球で生きています。

今までに経験したことがないことがこれからも起きることでしょう。

この地球の軸が傾いたことで、今までの常識や知恵でも解読できないことが増えて来ることでしょう。

これから数年間は、地球に住む人すべてに、運命のねじれを経験することになります。

宿命は変えることは出来ませんが、運命は自らの力で変えることは可能です。

運命とは、「命」を運ぶという意味ですが、自分の自由意思で決めることが出来ます。

育って行く中で、自分自身の意志で選択できることがあります。

日常の選択や人生の岐路などでどちらを選ぶかは、その時々に自分で選択出来ます。

これからの6、7年間は、地球の捻じれた運命の中で、どのような生き方をすれば、良いのか、未来に不安を抱いている人ほど、新しい時代に適応できることでしょう。

次元が上昇すればするほど、「思考」「考え方」「心のクセ」が現実化して来ます。

2020年からは霊性格差も二極化しています。

生まれてから、現在に至るまで、このような感覚を持っている人ほど、次元上昇に移行できることでしょう。

・辛い経験が多い。

・自分は運が悪いと思う。人生は試練が多いと思う。

・スピリチュアルや精神世界には興味があるが、何でもスピリチュアルに関連してしまうような人は苦手だ。

・テンションが高い人が苦手。元気がよく、性格が強引なタイプが苦手だ。

・引き寄せの法則や「~すれば、上手く行く」というようなことを実践したが、上手く行かなかった。

soulgirl1.jpg

5次元まで行かなくても、4次元までの世界との意識を受け取ることが出来るようになれば、このような変化を感じるようになることでしょう。

・過去のトラウマから開放される

・日々の生活が一転して、幸福を感じる日が増える

・無理して、ポジティブマインドを作ることなく、安定した精神状態になる

・穏やかで満たされたエネルギーが内側から湧いて来る

・願望が望む前から叶っている感覚で満たされる

・恋愛で上手く行かなかったが、出会いが自然に引き寄せられる

・お金に困っていたことがウソのように、経済的に恵まれる

・モヤモヤしていた感覚が消えていく

・好きなこと、やりたいことが仕事になっていく

・いい人を引き寄せる

この激動の時代は、まさに、心の時代と言えます。

今まで運が悪いと思っていた人ほど、幸福になれるチャンスの時期なのです。

日本独特のカードゲームで「大富豪大貧民」というのがあります。

UNOにも似ていますが、大富豪は強いカードをキープし、ゲームを始める前に大貧民から、強いカードと必要なさそうなカードとを交換することも出来ます。

地方によっては、マイルールなども変わる様子ですが、基本的なゲームの進め方は同じでしょう。

その大貧民が持っているダメなカードで逆転し、勝利できることがあります。

20世紀までですと、物を多く持つ人ほど、賛美されて来ましたが、このコロナ禍で気づいた人も多いでしょうが、沢山、所有している会社や人物ほど、それを手放す必要があるかのように、運命というコインの裏表をひっくり返すような時代に突入しているのです。

物を沢山持つ人の特徴は、この世的なモノに執着しているため、今までの次元であれば、どんなことをしても手に入れることが出来ていましたが、これからは、目に見えない次元の中で望む世界をイメージしたことが、現実化することになります。

幸福に囲まれた生活を望むのであれば、その思考を常に意識することです。

その意識は、波動と呼ばれる、周波数をどこに合わせるかによっては、変わって来ます。

つまり、良い波動、高い波動を持った人、書物、番組、植物、パワーストーン、食物、動画等を日々の生活で活用することで、いつのまにか世界が変わっているという体験ができるようになります。

気づいたら自分が変わっている、知らないうちに何かが違っているという感覚は、デジャヴのような感覚を得ることが出来るでしょう。

捻じれた世界と真っ直ぐな世界が交差するときは、目に見えない橋を渡り切った後に、今までの捻じれた世界が幻のような感覚を持つことでしょう。

ですから、今回のコロナ禍によって日本では完全にロックダウンはありませんでしたが、それでも、他の国々でのロックダウンでの状況をテレビやインターネットを通じて目にする機会があったことでしょう。

多くの人は世界が変化しても、「変わっていないかのように」過ごして行きます。

あなたもコロナ禍で変化しているのに気づいていながら、コロナ禍の前のように生きようとしていませんか?

世界の変化、自分自身の変化が起きていても変化前の自分に戻ろうという人もいるでしょう。

そうような意識をこの地球に住んでいる人が多ければ、多いほど、「変化前の世界」に近い波長を放すため、それにより、変化する前の世界をもう一度引き寄せてしまうことになります。

stars3.jpg

スピリチュアリストや感受性が強い人達は、次元上昇に乗っている人もいます。

しかし、「変われると思ったけど、現実的に無理だ」「変わりたいけど、先立つものがない」「やっぱり、自分には無理」と思うのであれば、実は変わってからまた戻っているということになります。

そのようにならためにも、変化した世界、変化した自分こそが、本来の自分だと意識して、受け入れることです。

波長が馴染まないとどうしても、古い記憶に合わせた世界に戻ってしまいやすいのです。

居心地が悪く感じたりすることでしょう。

そして、引き寄せたことで変わった自分は自分でないような気持ちになり、また、ジプシーのように幸運になるために大金を支払い成功者のセミナーに参加した後も変われないでいる自分が定着していることが当たり前になってしまい、幸せでいる人に羨望したり、嫉妬したりして、波動を下げてしまい、居心地の良い場所に戻って行く人もいらっしゃることでしょう。

あっちがダメであれば、こちらがいいのではないだろうか・・・。と思う気持ちは、どちら付かずで、運命の輪を回し始めることが出来ません。

今、あなたがもしも、不幸だと思うのであれば、あなたがこれまで生きて来た運命を受け入れることです。

他人の持っている物に憧れるのではなく、自分自身が求めている物を引き寄せるためにも、自分自身の波長を高め、明るい自分になりつつあることを求めて下さい。

暗い過去のある人やストレスが多い環境で生きている人はポジティブなイメージやいい気分になれる思考に集中するのは、困難でしょうが、それでも、どんな過去があっても、どんな環境にいたとしても、すこしでも良いイメージを思い描くことが出来れば、必ず、奇跡は起こります。

だからこそ、良い思考を持つためにも、波長が良い物を身に付け、食べ、聞いたり、見たりすると良いでしょう。

ここで問題なのは、フィクション的な映画、ドラマ、アニメ、漫画、ゲームなどの思考は現実化することはありません。

それは、見れば見るほど、非現実的な世界の話では、空想に波長が合っても、現実化されることは難しいでしょう。

また、広告会社が作り出す、現代の仮想人物と自分自身の理想が異なるという理由で、他人と意見が合わないときは、無理して、その人達に合わせることはありません。

インターネットで興味のある動画やサイトを見ると、広告が表示されています。

また、SNSで他人の画像や動画を見ている横には、広告が表示されることが多いでしょう。

他人の人生を羨ましがらせることの隣に広告が表示されることで、物を買うことでストレスを発散させる心理を誘導させることになります。

特に、女性は、他人との間に問題が起きると、専売意欲が湧いてしまうことがあることを利用して、インターネットで買い物ができる時代ですから、必要ない物まで買ってしまうことでしょう。

これからの時代は、本来の自分を受け入れ、自分が求めていた宿命を生きることで、穏やかな生き方を始めることに気づくことでしょう。

競争社会から、自我が覚醒し、「私はこれでいい」「私の人生はこれがいい」と思えるようになれば、穏やかな確信を持つことが出来るでしょう。

いくら穏やかになっても、ふとしたときに、他人のSNSが目の前に現れてしまうと、他人の考え方、他人の感じ方に「いいね!」が多く賛美されていると、自分の考え方が間違っているように思えることもあるでしょう。

しかし、その流れ込んで来る他人の生き方、他人の思考は広告に影響を受けた物だったりするのです。

もしも、自分に自信がないという人は、日々の生活で出来るだけ他人のSNSを閲覧しないようにすると良いでしょう。

SNSによって潜在意識に他人の人生が刷り込まれた状態では自分の人生をイメージできなくなります。

非日常をイメージするとき、その非日常の世界とこの世界は波長がずれてしまいます。

望むことが日常化した状況をイメージするとき、その世界と今置かれている自分の世界が同調していることに気づくことでしょう。

これからの時代は、過去に捉われない時代です。

ですから、あまり過去に執着しないように心がけることです。

過去を悔やんだところで、誰かに同情して貰ったとしても、これからを良い波長で生きるためには、その過去で経験したことは決して偶然ではなく、より良いあなたを導くための試練だと思い、本の1ページだと思うことです。

また、他人を参考にせず、自分の生き方を貫くためにも、平静を保ち、思考を現実化させることです。

スピリチュアルを愛好する人は、よく、ワクワクするとか、良い気持ちと言った言葉を使いますが、その感情は、他人に憧れるときに生じます。

誰かを羨むとき生じる感情が嫉妬になります。

つまり、「ワクワクするイメージ」の正体は嫉妬心が形を変えた物のときがあります。

あなたが理想とする自分自身、他人の影響を受けていない自分を描くことで、興奮ではなく、納得に変化することでしょう。

最後に、あなたの次元が上昇して行くと、現れる現象があります。

それは、「過去の記憶が無くなる。忘れる」「ものがなくなるが、失くしたモノが出てくる」です。

魂レベルが上がると、過去に執着が無くなって行きます。

ですから、「あの頃が良かった」という言葉を発することが無くなります。

また、物を失くしたことで、どのような感覚になるのか、宇宙があなたを試しています。

そして、マイナスの思考にならなければ、それは戻って来ます。

昔ながらの言い方をすれば、「厄除け」となります。

波長が上がることは、魂レベルが上がることですから、見えない形で守護霊や背後霊があなたを守ってくれているのです。

これからの時代は、あなたが望む自分として生きることが出来ます。

地球の運命の夜明けを私たちは体験することが出来ました。

だからこそ、その前の環境や心境に戻ることは出来ないということを忘れないで下さい。

アフターコロナの生活が当たり前になりつつことで、不安になることはありません。

これこそが、水瓶座の時代なのですから、それでいいのです。

そして、あなたの幸せが当たり前の世界になること、また、奇跡が日常化した世界、それこそが、あなたが生きている運命なのです。

心豊かな人生をともに歩んで行きましょう。

ありがとうございます。

愛と調和の女神アフロディーテの生まれた国より

tenshi-uranai888.png

NEW☆守護天使占い☆電子書籍

https://puboo.jp/book/130712

canstockphoto58178186.jpg

こんにちは!

いつもありがとうございます。

ありがとうございます。

キプロスでは来週辺りから、1日3回まで外出が可能になります。もちろん、外出する前には、SMSでメッセージを送り、その後、数秒後に、「ピーン」という音と共に外出許可メッセージが届きます。

私の場合は、普段から1日1回ぐらいしか出かけることがないので、3回も外出する届けを出すことはないでしょうが、緩和されつつある生活ですが、それでも、番号で認識されるということはナチスがユダヤ人を強制収容所に送った際に、番号を腕に刻印されたことを思い出してしまいます。

これから起こることを私たちは受け入れながら生活をして行くことになるでしょう。

色々なサイトや動画で陰謀論が報じられている意味は、日本人がこの陰謀論を解く使命を持って生まれ変わっているからです。

日本の祖先はどこから日本列島に来たのでしょうか?

中国から、朝鮮半島からの民族と言われていますが、もう、気づいている人が多くなりました。

シュメール人であった可能性が高いでしょう。

そして、そのシュメール人の遺伝子を継いでいるのは、イスラエルのルーツであるアブラハムが生まれた場所は古代メソポタミア文明が栄えた今のイラクにあたります。

シュメール文化の特色は、高度な天文学の知識にあります。

今日カレンダーで使われている週7日という暦はシュメール文化から生まれたものです。

他にも当時から水路を張り巡らして農地に水を引き、牛を使って地面を耕したりしています。

このシュメール人の手により紀元前2100年にはウル第3王朝が栄え、シュメール文化の繁栄は頂点を迎えています。

しかしながら、この偉大な古代文化を築き上げたシュメール人は紀元前2000年頃、ふと歴史から姿を消してしまっています。

突如としてメソポタミアから消え去ったシュメール人はどこに行ったのでしょうか?

そのとき、何があったのでしょうか?

その多くのシュメール人は、アジア大陸を東に向い、あるものは中国に移住したとも伝えられていますが、古代日本に渡来した大和民族は、エフライム族が中心であり、ユニークな容姿を持ち、その後の日本人のアジアの中でも独特な容姿が生まれていったと言われています。

明治維新前の鎖国時代の日本で、出島に滞在したエンゲルベルト・ケペルンという人がいますが、当時の日本人を見て、その容姿は他のアジア諸国の人とは大きく異なり、アジア諸国よりもむしろ中近東の人々に似ていると言われています。

angelpray33.jpg

また、エフライムはイスラエル人とエジプト人とのハーフだったこともあり、日本人は古代エジプト人の容姿や顔は、日本人に似ていると言われています。

モーセの時代になり、イスラエル人の出エジプトがあり、イスラエル人はエジプトを離れ、約束の地カナン(イスラエルの地)へ戻りました。

モーセの死後、ヨシュアが後継者となりましたが、ヨシュアはエフライム族の出身でした。

そのヨシュアのスピリットを受け継いだ人物が、同じくエフライム族の出身で日本を建国した神武天皇=イハレ・ビコであったと言われています。

かつてヨシュアが神様のために祭壇を築いて礼拝したように、神武天皇も、同様の祭壇を築いて神様を礼拝しています。

様々な困難があっても、ヨシュアが行くところ道が開かれていったように、神武天皇の行くところも同様に道が開かれて行きました。

神武天皇は、エフライムやヨシュアのように、神様の約束を信じて歩む人でした。

神武天皇の血族である令和天皇に2019年から引き継がれて来ています。

日本という国は何度も他の国から攻められて来ていますが、それでも、日本民族は保たれ、天皇家も廃止されることなく存続出来ていることは奇跡に近いでしょう。

かつてヤコブは、マナセとエフライムを祝福した際、「彼(マナセ)もまたひとつの民となり、大いなる者となるであろう。しかし、弟(エフライム)は彼よりも大きくなる」<創世記第48章19節>と予言しました。その予言通り、日本は、シルクロード各地に今もいる他のすべての古代イスラエル人末裔たちよりも「大いなる民」となり、「大いなる国」を築きました。

エフライムの祝福を意識していくならば、日本は今後も、さらなる大いなる国になることになります。

「富を築き上げる力を与える」と約束された神が、日本という国を守護してくれているのですから、経済的富だけではなく、学問、医学、芸術、平和、人種融和、途上国援助、福祉、環境保全、そのた未知の世界や新しい分野でも人類にとって素晴らしい道標になることでしょう。

しかし、その輝かしい成功を収めるには、乗り越えなければならない試練が用意されています。

この苦難の道は、世界の人々も共通に通ることになります。

人生、生きているとそれぞれに辛い時期というものがあります。

内面、外面の両方で起こる深い変化のとき、探し求め、選り分けるとき、新しい環境、次元へと入っていくときです。

この変化の時期は、ふわふわしたお花畑のような今までのような楽なことばかりではありません。

例えて言えば、セミは長い間、土の中で成長するまで、他の昆虫よりもゆっくり時間をかけて地上に出て来ます。

また、花が咲くとき、蕾が割れ、抵抗することなく、花びらを開き、咲き始めます。

あなたがすでに覚醒しているのであれば、内面に花が咲き、純粋で綺麗で美しい感覚を持っていられることでしょう。

今、起きていることは、すべて、この地球の人達が、セミが地上に現れたときに受ける衝撃に似ているかも知れません。

一人一人の内面にこれまで眠って来た何かが発芽し始めています。

もちろん、人によって気づきのレベルは異なります。

また、宗教的な背景や思考によっても、この「気づき」の速度は異なります。

時間が掛かる人種もいるでしょうし、2000年以降に生まれたスターシードのような日本人の子供たちは、生まれたときから、この「気づき」を持って生まれています。

命がある限り、どの人にも「気づき」ことが出来るでしょう。

ですから、すべての人々に劇的な変化がこのような形で起きています。

不可能と思えたことが可能になったり、黒が白になり、悪意がその途中で、変化したり、私たち人間もついに本来の自分が遣り方の誤りに気づくことで、今まで、物質的なモノを得るために、自然のバランスにどれほどの影響を及ぼしていたかに気づいていることでしょう。

これまでの過ちを正したいと思う人が増えて来ることでしょうし、すでに、その傾向はあることでしょう。

そして、やっとのことで、人生で本当に大切なこと、つまり、「霊」「神」「森羅万象」について気づくことになるでしょう。

教会や神社、お寺に行き、自分の願い事ばかりして来た人ほど、他者の為に、何かをしてあげたくなる感情が湧いて来ることでしょう。

これから、私たち日本人の遺伝子を持つ人々は、古代シュメール人であった時代とともにAIや新しい時代の思考を共存しながら、生きて行く事になるでしょう。

激動の時代だからこそ、神様を信じることです。

戦後、日本は宗教や武士道をGHQによって排除されてしまったために、本来はイスラエル民族のように「祈る、学ぶ、神を信じる」を封印されてしまいました。

私の祖母は明治生まれの神道信者でしたから、朝は天津祝詞を挙げ、週末は神社に行き、掃除に行ったりしていました。

「誰のために祈るのか」と訊ねたとき、「誰のためでもなく、神様のため」と言っていました。戦争が終わるまで、神様の子である天皇のために祈っていたと思います。

明治天皇の掛け軸もありましたので、神様の為であったのでしょう。

今日だと、宗教はカルト信者や気が狂った人が行うというイメージですが、家の中で祈ることで、波動も良くなり、感謝の気持ちを表現していたのだと思います。

とても小柄な祖母でしたが、武士の血を引くだけのこともあり、凛としたイメージがありました。

堂々とした態度は内面の中に神がいたから、それが今風のご利益とか利己的な祈願ではなく、日本人に誇りを持っていたからだと思います。

人生の危機に直面したとき、人は本来の個性が現れます。

愛する人を失ったとき、病気になったとき、人間関係の崩壊等、私たちは「なぜ?」「なぜ?自分だけ?」と問いかけるでしょう。

その裏には、人生にはすべて自分の理解できる理由があるはずだ、という思いがあり、自我は物事の起こる理由を必ず理解出来るという無意識の概念がそこにあるからです。

しかし、多くの場合、人生は自分が到底予想出来なかった方向へと展開して行きます。

このような危機とは、人生は自分ではコントロールしているという理解が、実はそれは「妄想」だったと気づく瞬間なのです。

私たちは生かされているのです。

だからこそ、危機に直面したとき、多くの人は計り知れない何かの存在に気づくことが出来るのです。

それこそが、日本人が忘れていた「氣づき」なのです。

「妄想」を手放す時期が各々に到来して来ることでしょう。

そして、多くの人々が不思議な現象を肉眼で見ることが出来ることが出来るようになるでしょう。

高次元の存在にすべてをゆだねる事で、学ばされることになることでしょう。

最後に神様が望んでいることは、「1.思考停止をしてはいけません。2.与える人になりましょう。3.愛なくして、生き延びることは出来ない。」

準備が出来ている人は、「光の存在を信じること」は、英語で言えば、ライトワーカーを意味しているのでしょう。

完璧な愛はすべての悪を破壊することが出来るでしょう。

愛という言葉は、神の意志(心・ま心)を受け入れることで、明るく、素直に生きて行けることでしょう。

神様を身近に感じることにお金は掛かりません。

美しい夕陽や日の出、浄化された綺麗な自然界の風景、ゆらゆらと飛び回る蝶々や咲き乱れている花たちを立ち止まって見て下さい。

よく見る事です。

そこで見える物の輝きを感じ取って下さい。

美はあらゆる場所に存在しています。

そして、あなたの心を癒し、あなたの魂を喜ばせ、思考を元氣にして、人生に喜びと光を齎してくることでしょう。

悲しくなる出来事がある人ほど、自然界に足を運んで下さい。

このような世界規模で困難なことがないと、私たちは時間という妄想とともに、神様の存在までも忘れて来たことでしょう。

思い出して下さい。

あなたがなぜこの世に生まれて来たのか。

ありがとうございます。

愛を込めて、女神アフロディーテの生まれた国より

shaman-slavic-20.jpg

butterfly.jpg

いつもありがとうございます。

ありがとうございます。

自然界では春爛漫で彩りが美しく、甘い香りとともに、鳥たちの囀りが心を和やかにしてくれる時期です。

しかし、2020年の今現在、世界の半分の人口はロックダウンや外出禁止令によって、外に散歩をすることも出来ない国も少なくありません。

ちょっとした買い物と言っても開いているのは、スーパーマーケットとぐらいですが、そこに買い物に行くことで、新型コロナウィルスに感染してしまうのではないだろうか?と、いう不安とともに、行くことになります。

私が住んでいるパフォスはキプロスの中でも感染者が多く、その背景には、イギリスに留学していたキプロス人がパフォスに帰国し、家族や親戚と交流したりして、クラスターとして、人から人へと感染したケースや前回のブログにも書いておりますが、集中治療室で治療をしていたイギリス人の友人達がお見舞いに病院に行き、お医者さんや看護師さんが感染してしまいその方もコロナウィルスで亡くなってしまいました。

つい先日までは、海外ではマスクはしなくても大丈夫と言っていましたが、先ほどのアメリカのニュースでは、すべての人にマスクをするように要請していました。

欧州も実のところマスクを勧めたいところですが、マスクがありません。

中国の春節頃から武漢から新型コロナウィルスが流行り始めた時期から、世界中のマスクを買い占めが始まったのは、僅か2か月前でした。

もしも、世界のリーダー達が楽観的ではなく、もっと、強く、マスクを着けることを促していれば、衝撃的な感染者数を抑えられたのではないかと思います。

命よりも経済的な打撃の方が、ダメージが大きく心配だからという理由で、普段通りに生活をさせていた国さえも、慌てて、ロックダウンにした国もあります。

早い段階でロックダウンにした国を見てみると、女性が大統領や首相の国が多いのは、偶然でしょうか?

ロックダウンを強いられて強制的に家にいなければならない人口は今現在で34億人だそうです。

なぜ?このような病気がこの2020年に起きたのでしょうか?

スピリチュアルや精神世界に興味がある人は、ゆっくりですが、この地球が3次元から5次元へと変化しつつあることを事前に理解していたことだと思います。

地球に住む人々の中には、生まれる前に遣らなければならない目的を無視し、物質的重視で目覚めないため、強制的に魂を揺さぶられている状態です。

「自分は大丈夫だから」と思っていても、他人に病原菌を移している可能性があります。

数百年前であれば、船に乗っている人の中に1人でも病原菌を持つ人がいれば、船とともに他に乗っている人も燃やしていた時代もあります。

また、歴史の中には、感染者が出た村人全員を島に連れて行き、長期間、隔離していた時代もありました。

欧州のほとんどの国は早い段階でロックダウンをしていますが、それでも、感染者は増え続けています。

2月下旬から3月の初め頃、大きなイベントを開催した場所から人から人へと感染して行っています。

人から人へと感染して行っているのは、病原菌だけではなく、「インフォデミック」は「インフォメーション(=情報、infomation)」と「エピデミック(=流行)」を組み合わせた言葉で、不確かな情報が大量に広まり、問題の解決を遅らせるような状況の事をいいます。

恐怖やデマなどは、病原菌よりも早く人に伝わるため、「買占め」「差別」「不安」「怒り」「暴力」等で、被害が起きます。

他の病気、怪我や事故で病院に行けば助かる命さえも、救えないことになります。

「自分さえ助かれば」という意識を持っている人ほど、このアセンションに目覚める機会を与えられていることに感謝しましょう。

element-woman.jpg

5次元の地球になりつつ過程で手放す必要があることがあります。

・過去に他人から受けた言動を許す

生きていると他人から言われた発言で傷つき、トラウマになったままの人もいることでしょうが、個々で生活している中で、魂の成長のためには、相手を許すことです。

難しい課題でもあるでしょうが、許すことで、自分を癒すことが出来ることでしょう。

自分を癒すことが出来れば、次は他者に奉仕できる寛大な心を持つことが出来るでしょう。

moonwithgirl.jpg

・成功するために努力が必要であるという信念は不要

5次元は宇宙空間の世界になります。

3次元のように引き寄せの世界ではなく、思い浮かべた物はもう手にしているということになります。

夢の中で見た物が現実にあることになります。

成功とは何だろうということを一度、考えて欲しいです。

それは他人との競争ではないでしょうか?

物質的なモノを多く持つ時代が終了してしまったら、その多く持つモノよりも、波動が高い人の方がより心が豊かであることに気づくことが出来るでしょう。

あなたのエネルギーをすり減らしてまで働き、心が乏しいままでは、アセンション後を楽しめません。17世紀の時代はある権力者達のために、パン1個のために朝から晩まで働き続けました。

でも、時代は変化しています。あなたが信じること、あなたが思い描くこと、あなた好きなことを遣っていける時代です。

5次元は、自分は不十分だからとか、お金がない、学歴がないから諦めることはない時代になります。

あなたがあなたらしく自分を大切にしていれば、未来は明るい、正しいタイミングで、すべてが開花することになるでしょう。

そのためには、今、幸せになることです。

yellowlight.jpg

・正しくハートフルに生きよう

5次元の地球で生きたいと思うのであれば、頭で考え過ぎたり、他人の意見を鵜呑みにしないで、「ハート・心」で生きるようにして下さい。

古い価値観を手放すことです。

「こうあるべきだ!」という誰かに支配された生き方は、あなたの心を知らずして自由を奪っています。創造の世界はあなたの感性を自由に表現出来ます。

ネガティブな批判的なコメントは忘れて下さい。

エゴ的な生き方は、何度もネガティブに追いやれてしまうことでしょう。

古い価値観はもう通用しなくなります。

もちろん、しばらくの間は、我慢が必要になることでしょうが、その後は、わくわくする気持ちは春爛漫のような穏やかで明るい世界になることになることでしょう。

人類にとっても、あなたにとっても変容のチャンスだと受け止めて、恐れと向き合い、デモやメディアの情報に踊らされることなく、落ち着いて暮らして下さい。

地球に住む人達が同じように同じ方向を向き、愛と調和とともに行動できることが出来る事が出来れば、どんなマイナスなメッセージや兆候も防げることでしょう。

それまで、耐えて下さい。

愛と込めて、女神アフロディーテが生まれた国より

カズコ

kazuranai33.png

canstockphoto38719111

※こちらの記事は3月中旬に霊界サロン☆カズコにて掲載しましたが、占いブログに掲載するのを忘れていました。

いつもありがとうございます。

ありがとうございます。

2019年の終わりから重たい空気が地球を覆っていました。

今の空気は以前よりも綺麗になりました。

しかし、見えない新型ウイルスが世界各国で流行り出し、他人事のように笑っていた人達さえも、もう笑えない状態です。

去年から私に届くメッセージは霊的に言えば素晴らしいことですが、現実的な生活をしている上では、かなり重たいメッセージでした。

煽らないようにすこし柔らかくメッセージを届けました。

長年景気が良かった豪州の国土は日本の16倍ですが、人が住める場所は10%と言われています。

私が住んでいたときは、人口1600万人でしたが、急激に人口が増え、2400万人になっています。

豪州の国土にて、森林火災で影響があった場所は韓国国土と同じぐらいと表現されています。

あの森林火災を見て、生き方を変えようとした人もいたことでしょう。

しかし、人間は慣れてしまった環境を急激に変えることは困難です。

日本では、大震災後、新しい世代の人達は、物質的な生き方よりも、精神的な生き方を求める人が増えて来ました。

あの世に持って行けないものよりも、経験を大事にする人が増えたことでしょう。

地球がアセンションを迎えるためにも、人々の魂の浄化が必要だと霊能力者は繰り返し伝えています。

そのメッセージを受け取り、しっかりと心に刻んだ人達は、次のステージに移行するための準備をしています。

canstockphoto13307861

世界各国がこの新型ウイルスによってナーバスになっています。

それは、仏教の「極楽と地獄の食事風景」の画像のようです。

極楽では、長い菜箸で相手の口に食べ物を運んであげ、みんながにこにこしています。

地獄では、長い菜箸で相手のハラワタを突き刺したり、少ない食べ物を奪うためにそれを武器にして、人を傷つけています。

豪州のトイレットペーパー騒ぎで、弱者の人達が持っていたトイレットペーパーを後ろから奪っていく人もいました。

スーパーマーケットの棚には、保存が利く食べ物が無くなったと嘆いている人達が大勢いました。

欧州の中でもイタリアは早い段階でパスタがなくなっていました。

第二次世界大戦を経験した人達でさえも、これほど食料が一日で無くなってしまうことはなかったと言っていました。

日本では今現在、ロックダウンはされていませんが、これも時間の問題でしょう。

すでに、イベントの中止があるということは、オリンピックの視聴権限を持っている団体(アメリカ)が時期を見て、中止とするか、延期にするかどうなるかはイースター明けには発言されることでしょう。

その後は、ロックダウンされることでしょう。

すでに、欧州の大都市で世界のハブとして年間8000万人の人々が利用するというフランスでもロックダウンされています。

夏の期間だけでも3000万人の人々が訪れるスペインもロックダウン、イタリア、ギリシャはテロが起こっていなかった国なので、この数年間は欧州の中でも大人気の国でしたし、観光客で経済も潤っていました。

ハンガリーは去年行きましたが、物価が安いし、アジア人の観光客が少ないので数十年前ののんびりした場所で若い人に人気があると言われていました。

今年に入って、マイケルの写真の展示会がパフォスの5つ星のホテルで開催されました。

雨も降っていたので、私は見送りました。

人が集まる場所には行かないようにメッセージがあったため、その後、私の顔を見ると、「中国人」と言って、逃げる人もいました。

いやいや、中国人よりも、欧州人の方がマスクもせずにうろうろしているけどと、思いつつ、いつもはカーニバルに行くのですが、密集しているので、見送りました。

マイケルは写真が撮りたかった様子でしたが、人と人の距離が近いので、何度も止めておこうとマイケルに言いました。

ニコシアからパフォスのカーニバルを見に来ていた甥っ子と姪っ子家族たちとは、お茶だけしました。

いつもなら一緒に食事と誘うのですが、人が集まるところは感染しやすいでしょうし、つばが飛ぶと、危ないので、見送りました。

カーニバル終了後ぐらいから、イタリア北部で新型ウイルス感染者が増え始めました。

欧州ではほほにキスする習慣があるのと、地中海人は意外と感情的な人種ですから、手ぶり素振りで自己表現します。

つばがあちこちに飛んでも、マスクをしません。

私もマスクをしたいのですが、マイケルにマスクをすると、感染者だと思われるから、隔離されてしまうというのです。

キプロスでもパフォスが、一番感染者が多いです。

その理由はイギリス人が多く住んでいるからです。

国営の病院で入院しているイギリス人に会いに友人達が訪れた次の日に、お医者さんや看護師、その病院で入院している人も感染してしまいました。

今は閉鎖されている様子です。

その後は、学校閉鎖、レストラン、劇場、カフェ・・・。

閉鎖され、今週末からホテルも閉鎖される予定です。

さらに、パフォスとリマソールを繋ぐトンネルを封鎖するとの話もあります。

マイケルの会社も閉鎖しました。

今年は会社を退職して、日本に移住を考えていたのですが、今のところ、空港も閉鎖される予定でいるので、鎖国状態になりそうです。

食べ物は日頃から、備蓄しているのですが、なくなってしまう可能性があるので、買い出しに行きました。

薬局とスーパーマーケットぐらいしか営業しない様子です。

数週間前ぐらいにマスクを買おうと薬局に行ったら、すでにどこもない状態でした。

中国人がギリシャ、キプロスのマスクを買い占めたらしく、そのときは、こんなになると思っていなかった様子です。

使い捨てのマスクが1箱1500円ぐらいだった様子ですが、今では、一枚が150円ぐらいになっているらしいです。

日課のウォーキングはネコの餌やりもしているので、キャットフードをマイケルが20キロ袋を5つ買い込んで来ていました。

そんなに買い込んでもというと、すべて海外からの調達だから、品切れになる可能性があるから、早めに買い込んでおいたと言います。

1日に2キロほど近所の猫にもあげたり、去勢したり、病院に連れて行ったりして、いくら使っているのかは分かりませんが、野良ネコには罪はないので・・・。
今年になって、野良ネコがさらに増えていて、その中には、「黒猫」がいます。

canstockphoto33230423

今年のカラーは「黒」ですから、なでたり、抱いたりしても、嫌がりません。

欧米では黒い猫は不吉というイメージがありますが、日本の江戸時代には「黒猫を飼うと結核が治る」といううわさが広まり、人々の間で黒猫を飼うことがブームになったこともあるそうです。

結核の特効薬がなかった江戸時代には、"福猫"である黒猫に病気平癒のご利益があったのかもしれませんね。

ウイルス予防?としても、なでたりしています。

プライベートな話ばかりになりつつあるので、これから、どのような心構えが必要がお伝え致します。

ロックダウンに備えて、2か月ぐらいの食料を用意しておくことです。

トイレットペーパーなども必要でしょう。

近所のレバノン人の人にトイレットペーパーがスーパーマーケットからなくなるかも知れないから早めに買い出しに行くと良いと、マイケルが言うと、日頃からトイレットペーパーは使わないからと返答が、ギリシャ人の知り合いがその家を貸していますが、バスルームはどんな状態になっているのでしょうと、心配してしまいます。

パニックになってはいけませんが、食料危機が訪れる可能性があるので、食料も出来れば備蓄しておきましょう。

その後、キプロスでは2013年に起きた、預金封鎖が各国で起こることでしょう。

現金も手元にある程度、また、キャッシュレス化させて、引き出せなくなる可能性もあります。

世界で同時に行う可能性もあります。

ブランド品、ファッション関係の会社は人々が買い物をしなくなるので、倒産する会社も増えます。

1929年の世界大恐慌の年と同じ、または、それ以上の危機です。

ですから、株で持続してお金儲けをしようとしている人は気をつけた方が良いでしょう。

その後は動物達のウィルスなども起こる可能性があるので、出来るだけ、動物は食べないようにすると良いでしょう。

私が個人的に欧州で新型ウイルスが拡大したのは、豚ウイルスがひそかに起こっていたのではないかと思います。

人間同士でも感染しますから、動物が感染しても不思議ではありません。

2020年になって沖縄では豚ウィルスで豚を処分していました。

イタリア、スペイン人が前菜で好む、生ハムですが、ウィルス感性していたことを知ってか知らずか、加工していたものを食べていたら、感染が強くなってしまった可能性もあります。

イスラム教徒は豚を食べません。

ユダヤ人も豚を食べません。

足が4本ある動物の肉は食べないことです。

今まで自由に行き来できた場所でも、今後は、簡単に行き来出来なくなる可能性もあります。

もしも、すでに感染者になってしまっていたら、国によっては渡航拒否される可能性もあります。

red-dress-girl

さらに、次は、「5G」によって、脳障害が起こる危機が始まります。

見えない電磁波は至る所が、電子レンジの側にいるような状態です。

自然の中で生活するのが一番ですが、令和から昭和に戻る生活は出来ませんから、出来るだけ悪影響を受けないように自己防止をすることです。

今まで、あなたとエネルギーが同調する人と思っていた人も、この混沌とした変化の中で、変わりつつあります。

魂が磨かれて行けばいくほど、俗世界の生き方や価値観に魅力を感じなくなることになります。

行きたい場所も変わって行くことでしょうし、聴きたい音楽や志向も変わることでしょう。

それによって、寂しさを感じることもあるかも知れませんが、霊性向上の上では大事なプロセスであり、本当の意味での、「悟り」への第一歩です。

canstockphoto16939245

これからの未来は、一度、リセットされることになるでしょう。

それは、宿命を全うするために、私たちがこのゴールデンタイムに共に生き、お互いを助け合うために、共存し合おうと設定して来ているのを無視し続けているので、宇宙が強制的に本来の目的を果たすために、シフトして行っています。

準備して来ている人と、準備して来ていない人とに分かれるだけになります。

しばらくの間は混乱が続くことでしょうが、諦めてはいけません。

最終的に、地球に住む人達がひとつの家族のようになれることが、神様からの願いです。

ストレスが蓄積され、心労で辛い思いをしている人も、人があまりいない自然界に足を運び、光に満ちた空を見上げて下さい。

きっと、胸がジーンとして来ることでしょう。

あなたは神様に愛されていることを実感出来るでしょう。

愛と幸福の源である神様と繋がることができれば、人類の悩みは一夜にして解決することでしょう。

人間は本来持って生まれた「意識を向ける対象と波動的に同化する」からです。

一人、1人が、極楽で住む霊界の人達のように、愛を込めて、分かち合うことが出来るようになれば、この困難を乗り越えることが出来るでしょう。

愛を込めて、ありがとうございます。

ありがとうございます。

dm_angels.jpg

2019年の年末から、地球は重たいエネルギーに覆われています。

2020年という数字は、2+2=4にて、カバラの社会年数運では、暗い雰囲気の年回りになります。

そのため、混乱や激動が起こりやすい不安定な年です。

例えば、明治維新の前年の1867年も「4」の年にあたります。

2020年の前の年に蒔かれたトラブルの種が芽を出すことが多いときです。

不安や苦労が多く、新しいものが生まれそうで生まれない、発展しそうで発展しない、また、別の障害が生まれてしまうときです。

今年の日本は「オリンピックイヤー」ですが、社会年数運で見ると、世界は不況になりやすい特色があります。

経済的には、倒産する会社や企業が増えるでしょうし、失業者が増える傾向があります。

一昔の例をあげれば、1929年の株価大暴落で始まったといわれる世界恐慌が、日本に深刻な状況を齎したのが1930年でした。

その後、1957年には、前年に上昇したように見えた日本経済が停滞し、不況になりました。

そして、昭和のバブルが弾けた年で、平成不況で、リストラという言葉が生まれたのは、1993年です。

この1993年には、令和天皇陛下、皇后様のご成婚が盛大に行われました。

社会年数の「4」の年は、世相に漂う雰囲気は暗くなるため、現実逃避の気持ちが強くなります。

number4.jpg

そのため、海や川、リゾートに出かけたくなります。

さらに、精神的な喜びを求める若者が増えます。

同時にファッションに興味があった人達さえも、精神的な救いを求め、スピリチュアル的な生き方を求める時でもあります。

自然災害は今年も大型台風は避けられないでしょう。

また、9月から続いている豪州の山火事も、2020年に突入して拡大しています。

不安定な年には、飛行機事故、火災などが頻繁に起こると言われています。

悪い事が続くような不安定な年回りですが、「4」の要素だけでなく、「22」の要素が社会の中に流れる場合は、「平和」を目指して、気持ちが高揚するときでもあるので、無理をしたり、人と争う気持ちが低下する時期です。

過去3年間の生き方や過ごし方を反省したり、自制しようとする気持ちが高まるときです。

どちらのエネルギーを受け取ることが出来るのか?

それは、アセンションの最後の年になる2020年にあなたの波動が決めることです。

道徳的な生き方を望んでいる場合は、目覚めている証です。

若い世代の人達が多くの社会運動に興味を持つ人も増えるときです。

ベトナム戦争終結の1975年は、世界的に平和を願う気持ちがあふれ、多くの人が、平和を叫んだ時期でもあります。

必ずしも、悪い年ではないでしょうが、両方のエネルギーが世界の経済や思考さえも影響していることは確かでしょう。

今年になって拡大した豪州の山火事で、コアラが炎の真っ只中で立ち往生をしている姿を画面を通じて見た方も少なくないでしょう。

コアラもアニマルスピリットの一員です。

animal8.jpg

厳選した数種類の木のユーカリの葉しか食べないコアラは、他の動物には不十分な栄養源から栄養を取ることが出来ます。

実の所、コアラは、ほとんど水なしで生きられる動物なのです。

オーストラリアの先住民の言葉で、コアラ(DHARUG)は「水を飲まない」を意味しますが、映像では、負傷したコアラはゴクゴクと水を飲んでいましたね。

ですから、水なしで生きられるのかは、定かです。

一昔は涼しかったり、程度に雨が降ったりしていたから、水を飲まないでも生きることが出来るイメージがあったことでしょう。

そのコアラと、アセンションとの関係がなさそうで、あるのです。

コアラはぼっーとユーカリの木ですやすやと寝ているイメージがありますが、餌のユーカリが必要になれば、移動します。

コアラから、与えられた能力に感謝することで、自分自身の中でそれを目覚めさせることが出来、その真の価値を認識して、自分の持てるものに感謝することが出来れば、あなたはさらに強くなれることでしょう。と、メッセージを送って来ました。

感謝は人生に対する見方を変えることで、満足と喜びの中に生きることへ向かう道を示してくれます。

抜け出せないような暗いトンネルにピッカと光るスマートフォンのライトを見ただけでも、心の中で、「助けて下さい」と願うことでしょう。

感謝なくして、この時代には生き延びることは出来ないでしょう。

また、コアラが食べるユーカリの葉っぱには、高いレベルの毒性物質を含んでいますが、コアラの肝臓はそうした物質からコアラを守っています。

このコアラからのメッセージは、他人の有毒な言葉に毒されるのを防ぐ方法を教えてくれています。

自分を知る事によって、心身に対するそれらの破壊的な影響を防ぐことが出来るのです。

コアラの一日の睡眠は22時間らしいです。

起きている時間はたったの2時間となります。

コアラはまた、群れないアニマルです。

空に近い場所で、コアラはひたすら休息し、眠り、夢を見て、ほとんどの時間を過ごします。

ひとりを好み、意識はほとんど常に内側に向いています。

コアラはマイペースで、のろのろとゆったりした動きで木に登ります。

コアラは、どうやって内面を見つめるか、そして、夢を見るのか教えてくれています。

あなたが「自分自身を知る」ことが出来れば、このアセンション、目覚めることがきっと出来ることでしょう。

そして、長い間の希望を叶えることが出来るでしょう。

目覚めたいのであれば、呼吸、瞑想、食事、感謝、内省を意識して生活して下さい。

ありがとうございます。

heavenpath.jpg

j4.jpg

今朝、聖母マリア様と大天使ガブリエルからメッセージが届きました。

「愛の存在を確信して、覚悟を決めて、黄金時代を生き抜いて下さい」

大人になるにつれて、人生で歩むべき本当の道を見つけられないで、迷路に迷い込んでしまい、「なぜ?」「今の自分とは?」という疑問を持ち生き続けてしまう人は少なくないでしょう。

このような観念が根付いてしまった原因は、幼少時代に周りにいた人々によって、間違ったキャリアに進むように促されて来たからです。

魚座の時代は、権力、物質を多く持つことが勝利者である風潮が2000年も続きましたから、権力者、お金持ちである人が偉いという意識が根強く、その時代の末期に生まれた人々が現役で牛耳っている世界では、新星人は、戸惑って生き、理解できない感覚で生活していると、行き詰ってしまいます。

本当の自分の才能を見つけると、人生の輪が動き出します。

ストレスや苦境、さらには、絶望を感じるとき、多くの人々が神様、天使の助けを求めることでしょう。

助けを求めるときには、必ず、あなたの側に見えない存在者がいます。

また、辛い事を乗り越えた後には、大きな転機を迎えることになるでしょう。

あなたはもしかすると、創造性を活かした才能を持っている人かも知れません。

それは、あなたがまだ知らないだけで、その才能を開花させる時期に来ているかも知れません。

さらに、人によっては、海外を旅したり、移住したいと考える人も2020年の後半には増えて行くことでしょう。

スピリチュアリストの魂を持っている人は、自給自足で生活をしたいと願う人も増えることでしょう。

Age_of_aquarius_by_tropicalfairy.jpg

あなたが望んでいる生き方が、形になることになります。

その夢の実現を果たすためには、覚悟が必要になります。

このアセンション中、神様や天使たちに救いを求める気持ちが強くなるような出来事が各々の国で増えることでしょうし、個々でも、体感することになるでしょう。

私たちは、「愛」について考える機会が一生を通じて訪れます。

しかし、その「愛」というモノを見たという人は、1人もいません。

愛とは、それを手にとって、「ここに愛があります」ということは出来ません。

しかし、愛は、確かに存在するものです。

私たちは人種や宗教が異なっていても、その愛の存在を信じています。

「愛の存在」を、求めて、生まれ変わり、愛する人と出会い、愛する人のために何かしてあげたいという気持ちは、神様や天使達が私たち人間に向けて、想っていることと同じなのです。

愛とは、神様に似た存在ではないでしょうか。

bulee.jpg

あなたが困ったとき、苦しい時、きっと、「神様、助けて下さい」という気持ちが浮かんで来ることしょう。

古代から、多くの人々が神様を語り、多くの人々が信じて来たはずですが、これが神様ですという具合に箱から取り出すことは出来ませんでした。

古代から、多くの偉人たちが神様について語り、宗教、哲学、ポエム、文学が存在していますが、誰一人、神様の存在を証明することは出来ていません。

あのキリストでさえも、死を直前として、人々に神様の見せることは出来ませんでした。

創造性を形にして人々に見せるとき、いつの時代においても、人間にとって大事なものは、存在証明に繋がらないものが多く存在します。

《神様、愛、勇気、ヒーリング、叡智、善、優しさ、美、調和、慈悲、真心、無私》

moonwithgirl.jpg

これらはすべて、宇宙に存在するモノです。

光の世界において、これらの言葉を知らない人はいないでしょう。

しかし、この地球では、誰一人として、そうしたモノが、確かな存在だと証明することができないため、自分が進む道を他人の感性で決めてしまい、辛い気持ちを持ちながら、もがき、苦しむことになります。

アセンション後、遅くても、2030年以降からは、五次元の世界に生きる人々は、本当の意味で水瓶座の時代を生きることになります。

2020年という新しい時代の幕明けはもうすぐになります。

今後のこの地球に生まれて来る魂達の中には、「1」と「9」という数字がない子供たちが存在することになります。

カバラ学の数字で「2」という数字は、感受性や直観力、情緒を表しています。

もともと、「2」は、主体と客体、自分と相手など二つのものがあって成り立つ数です。

その意味は、コミュニケーションと深く関わりがある数字です。

大天使ガブリエルはコミュニケーションを司る役割があります。

murasaki-sun.jpg

また、「導き・覚醒・浄化」が大天使ガブリエルの役割です。

遠い昔、キリストは人々にこのようなことを言っています。

「神は愛なり」GOD is LOVE.

「神様は、その存在を証明するべきものではない、敢えて、神様に似ているものをあげよというならば、それは、愛である。その愛は、その存在を何びととも証明しえないではないではないか。何人も証明しえないにも関わらず、人々は愛の素晴らしさを知っているではないか。愛の良さも知っているではないか。そして、愛を手に入れんと努力し、その愛の力を信じているではないか。・・・。注:もっと、興味がある人は、ナザレの地で語ったキリストの愛の話をお読み下さい。」

混沌とした時代だからこそ、自分自身で歩む道を決め、目覚める覚悟を持つことです。

目覚めることで、自分の生き方が見えて来ます。

特に、芸術的な才能を繰り越して生まれた魂は、生き難い時代だからこそ、覚醒の時期である黄金時代を選択して生まれて来ています。

しかし、目覚めるということは、決して、生易しいことではないことは覚悟しておいて方が良いでしょう。

最初は辛いと感じることも多くあるかも知れません。

他人に批判されたり、理解されなくて、困惑するかも知れません。

もしも、本気で目覚めたいのであれば、執着やエゴ、そして、ネガティブな感情などを捨て、生まれ変わることです。

マイナスのエネルギーは波動が低いため、目覚めることは難しいです。

目覚めることを心から求めるならば、必ず、宇宙からのサポートが届くことになります。

それは、見えない形であなたの元に奇跡を呼び寄せてくれるかも知れません。

あなたが注いだ愛の量だけ、確実に、多くの祝福を受け取ることになります。

直ぐに、形にならなくても、諦めてはいけません。

絶妙なタイミングであなたの元に、奇跡が起こることでしょう。

愛のある言動を基本に、あなたの本来、進むべき道を歩んで行く事で、魂を輝かして下さい。

愛は永遠です。

pink-sky-33.jpg

愛は過去にあり、現在(いま)にあり、未来にあります。

愛は言葉です。

言葉なくして愛なく、愛なくして言葉はありません。

愛はよき言葉であり、よい想いであり、よき波動であり、よき調べです。

神様は言葉にてこの世界を作り出しました。

そして、愛は言葉にて人を作るのです。

愛に相手がどんな姿であっても、心が通じ合うのであれば、それは、調和です。

さらに、愛は祈りです。

愛なくして祈りなく、祈りなくして愛はありません。

神様は愛なり、愛は神様なり。

祈りによって私たちは存在しています。

私たちは愛の力を最大に発揮することが出来ることを知っています。

愛を込めて、メリークリスマス!

ありがとうございます。

israel27.jpg

kabbalah-numerology.jpg

2019年12月3日、3時21分に「幸運の惑星」である木星が山羊座に移動します。

山羊座は、冬至点から始まる四番目の四半期の最初のサインです。

牡羊座からの個人の育成であり、蟹座からの3つは人間性の育成です。

天秤座からの3つは社会的な人格、社会性の育成がテーマでした。

4番目の3つの組は、定着を示す「4」という数字であるということから、これまでの3つのグループの総合的な完成や定着を意味しています。

木星(Jupiter)は「幸運」「発展」「寛大」「成長」「繁栄や成功」「知識」「学問」「哲学」「宗教」「善の意識」などの司る天体です。

木星のホームランドであった射手座から、2番目にあたる山羊座に移行したことで、「お金」「職業」に関わる事柄に変革が訪れることになります。

さらに、2020年12月22日という日には、水瓶座0度始まりの位置にて木星と土星が重なりグレート・コンジャンクションが訪れます。

「グレート・コンジャンクション」とは、およそ20年ごとに起きる木星と土星の会合の事です。

木星と土星の会合が起こることも偶然ではない2020年という年周りに生き方や環境が変わる人も増えることでしょう。

山羊座の木星の特徴は、健全な常識感覚を持ち、それらが社会的な活動において有利に働きます。

山羊座はローカルで狭いモラルを意味するので、規制から外れた活動には抵抗を感じる雰囲気を齎すことになるでしょう。また、山羊座の支配星が「土星」という事もあり、木星と土星が会合する時期は、例えて言えば、「陰陽」的なドラマチックな組み合わせになります。

山羊座の星座を持つ人は、12星座の中でも、一番、真面目さが強調されます。

何事にも責任感を持って遂行して行くので、周りの人や家族にも持って貰えます。

しかし、その真面目さが強すぎると、堅苦しく、石橋を叩き過ぎて、渡ることが出来ないことになるため、チャンスを逃がすこともありますが、大きな組織の中で中心的な働きをするリーダータイプにも多いのは、本来持っている真面目さが安心するからでしょう。

山羊座の象徴は、ギリシャ神話では山羊脚のパーン、バビロニアでは大洋に住む羚羊(れいよう)で、太古より大洋から幾度も出現したと伝えられています。

地球上で幾度も起こった陸地と陸起と陥没に関係があるとも言われています。

「山羊座」は現世の象徴であるとともに「最後の足場」を意味しています。

同時に、それは人生で登りつめた絶頂点を暗示しています。

「草を食べならが、地面に目を向けたまま山頂に到着する」のが、山羊の天性であり、厳しい現実感覚に裏付けられての「地上の王国」の建設が、山羊座の使命であると言えるでしょう。

支配星である土星は、ギリシャ神話の農業神のクロノス(英名サターン)にちなんで名付けられています。

icon30.jpg

また、2020年には、木星の山羊座の時代を迎えると、「木星」「金星」「土星」「冥王星」の4つの惑星が山羊座の位置に集結し始めます。

4つの惑星が山羊座に滞在することになります。

美を司る金星、社会性やルールなど基本を見直す土星、破壊と再建や絶滅と再生の冥王星、幸運の象徴である木星が山羊座に滞在することは、思いがけないことが次々と起こりそうです。

特に、2020年木星・土星・冥王星が山羊座に位置するトリプル・グレート・コンジャンクションが起こります。

この3つの星が同じ星座に位置していたのは、1681年以来の出来事になりますし、この時は蟹座で起きたトリプル・グレート・コンジャンクションでした。

この3つの星が同じ星座に滞在するのは、340年ぶりになります。

1680年から数年間の歴史を探してみると、1680年 徳川綱吉が5代将軍となる。

1681年 江戸時代 堀田正俊が大老となる。

1682年 江戸時代 木下順庵が幕府儒者に登用される。

1682年 江戸時代 井原西鶴が『好色一代男』を著す。

欧州では、1681年 フランスで竜騎兵(ドラゴナード)によるプロテスタントの迫害。

1682年 宮殿の完成に伴いフランスの宮廷と政府がヴェルサイユに移動する。

その後のフランス革命の象徴と言える華やかな宮殿が完成したのがこの時期にも意味があったことでしょう。

予想外のことが起こると同時に伝統的な秩序を見直すことになりそうです。

そんな木星の山羊座時代は、2020年の12月19日まで続きます。

木星が射手座時代のときに破目を外し過ぎた人にとっては、規制が多くなったり、新たな法律や小さな地域や仲間内でさえも、ルールを正しくしようとする正義感に燃える人も増えそうです。

そのため、教育場面では、やや古風な価値観の中で生きる傾向が出て来ます。

堅い職業に就く人も増えることでしょう。

あれこれと夢を追っていた射手座時代の木星とはことなり、ゴールをしっかりと定めて頂上を目指して行く事になるでしょう。

さらに、集合性が幸運の鍵になるかも知れません。

つまり、孤立して何かをするのではなく、グループで社会貢献を目指す人も増えることでしょう。

Horus_3.jpg

プライベートでも、山羊座の星座を持つ人が、社会貢献や規制を正したいという使命感を強く出して来ることになりそうです。

きちんと決めたことを守ることで、最後まで着実に進めていくのが山羊座の木星時代なのです。

怠けていると、残念ながら、2020年は運気の気流に乗れず、出遅れてしまうことになるでしょう。

また、どんどん偽物は排除され、本物だけが生き残っていける時代になっていきます。

やぎ座は、とても厳しい性質を持っているため、自他共に厳しい星座です。

世界的にも、金融関係や不動産等で容易に今までに荒稼ぎして来た商品なども、不製品や欠陥物件だったという情報が表に出て来てしまい、市場を騒がせるニュースも増えそうです。

山羊座に滞在することで、景気が悪くなることでしょう。

景気が悪くなると人々は哲学や論語などに興味を持つことになります。

さらに、古い歴史や書物などに注目が集まることでしょう。

古代遺跡が残る世界遺産の場所に旅に出かけることで、雄大な感性を宇宙から受け取ることが出来るでしょう。

そのときに、「生きるとは?」「自分とは?」「無とは?」などをあなた自身の魂に問いかけて下さい。

きっと、あなたにとって本当に大事な物が見えて来ることでしょう。

また、それと同時に何が必要なのか?

射手座の影響も引き継ぎながら、さらなる魂の成長が出来る事でしょう。

グレートコンジャンクション、トリプルコンジャンクション、そして、アセンションも含め、山羊座の木星時代は光と影、良くも悪くも努力が大切になって来る時期です。

スピリチュアル時代のゴールデンタイムで一番の試練になるかも知れません。

でも、試練を求めて生まれて来たのは、あなた自身なのです。

ryuunoko-dragon2.jpg

その試練を乗り越えたとき、あなたの魂は「自立」出来る事でしょうし、人間的な風格が増すことでしょう。

神様は、あなたに乗り越えられない試練は与えませんから、きっと、乗り越えたときには、二回りも大きくなっていることでしょう。

もしも、分からないことや疑問があれば、本を読むことです。

その学びを知る事で、あなたの魂は成長して行くことが出来るのです。

「正しく、努力して頑張った人」には、多くのご褒美が用意されている時代が、山羊座の木星時代なのです。

中途半端ではダメな時代の到来です。

嫌なことを長く続けることは難しいでしょうが、好きなことを思い切り遣る事です。

だからこそ、本当の自分は何をしているときが一番なのかを知る必要な時期です。

他者が楽しそうにしているから始めても性に合わないことは早めにやめましょう。

遠い昔、あなたが生まれて来る前に、あなたの魂が輝くには何をしているときか、思い出す時期です。

その答えを見つけるためにも、自分と向き合うことです。

「あなたらしさ」とは、何だろう?

きっと、見つかるはずです。

射手座の木星時代前後では、「断捨離」と、いう言葉が流行りました。

この言葉は、ヨガの言葉から来ています。

不要なものを極力減らし、生活や人生に調和を齎すということですが、ヨガの行法に「行」「行」「行」の頭文字を合わせたものです。

不要な物は、物質的なモノだけではなく、物への執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れるということです。

つまり、何事に対しての「執着」を捨てることです。

内面からの豊かさや知識はなくなることはありません。

不必要なプライドや、地位や権力、そして、物質的なお金よりも、大事なことを思い出すことです。

「無知の知」という言葉は、ギリシャ人の哲学者ソクラテスの有名なフレーズです。

2020年は日本ではオリンピックというビックイベントが開催されます。

お祭りが終わった後、日本がどうなるか分かっている人達も少なくありません。

外側に意識を向けすぎると、内側のあなたを成長させることが難しくなります。

内観をするには、深い沈黙と、「いま、ここにいる」と、いう感覚が大事です。

物質的に満たされていても、それは完全ではありません。

そうした物はいつか、捨てなければならなかったり、変化して離れていきます。

心が落ち着かないときこそ、読書や語学を学ぶと良いでしょう。

古い語源を通じて、その歴史や文化を知る事も出来ます。

英語よりも、ラテン語、ヘブライ語、ギリシャ語などが、良いでしょう。

そして、その場所を訪れる機会があれば、真理に繋がる永遠の豊かさを手に入れられることでしょう。

2020年12月22日のグレートコンジャンクションまでに、真の悟りを得て、本当の豊かな人になれることが出来ることをお祈り致します。

最後に、山羊座を象徴するパワーストーン&ハーブを山羊座の木星時代に活用すると、心身が緩和されることでしょう。

ハーブ・精油:サイプレスやサンドルウッド、ひのき

パワーストーン:ヘマタイト、オブシディアン、オニキス、ソルト、ブラックトルマリン、アメジスト、スギライト

幸運を招き寄せるアクション:山、砂漠、森に行くと良し、古代文明があった場所であれば尚更よし。農業関係、古代文明、読書、神社仏閣、アンティーク

ありがとうございます。

エフハリスト・パラ ポリ ♪ Eυχαριστώ πάρα πολύ

kaz-2020-mail-mini.png

2020年の運勢メールリーディングをお申し込みをご希望の方へ

dryad_and_dragonfly.jpg

2020年という節目の年に福運を招き入れるためにも、与えられた運命をどのように活用するかは、あなた次第です。

吉兆に安心しきらず、また、凶兆の年だからと言って、不服を言わず、謙虚に、素直に、生活をして行くことです。

鑑定結果を読んで終わるのではなく、身近に神様のお陰を頂き、日々、生きていることを感謝することで、福運を授かることが出来る事でしょう。

2020年はアセンションの年と何度も申し上げています。

意識変化が大きく変わる大事な時期です。

この時期は、例えて言えば、夏休みも終わりに近づき、夏休みの宿題を終わらせていなければならない時期です。

その宿題とは、あなたが生まれ変わると決めたとき、過去世からの繰り越しのカルマの清算、そして、現世でプラスのカルマ(陰徳)を積むために、他者の役に立つことを行う必要があります。

神様が尋ねていらっしゃいます。

「後回しにしていることを遣り終えましたか?」

心当たりがある人は、この2020年には、是非、後回しにしていることを終わらせて下さい。

解決できるかどうか分からなくても、後回しにしていることを遣ろうという気持ちが大事です。

心に引っかかっていることがあるならば、この年に遣って下さい。

気分がすっきりすることでしょうし、遣った後の生活環境の変化が訪れ、運命の輪を動かすことが出来るでしょう。

運勢は1人1人異なりますが、国運は日本人として、どのような振る舞いを未来に向けてして行くかということを想うイベントが多い時期だからこそ、冷静に判断できる時間を設けることをお薦めしまし。

2019年の11月~2020年の11月までは、日本に住んでいると、「忙しい」という気持ちが強くなります。

ですから、他者に尋ねられた質問や疑問には真摯に向き合わないままでは、相手は理解できません。

特に、お子さんがいらっしゃる人は、「なんで?どうして?」と執拗なまでに尋ねてきたり、無邪気に質問をして来ることでしょう。

内心うんざりすることや答えに窮することもあるでしょうが、五月蠅がって無視したり、邪険にしていると、子供の成長の芽を摘むことになります。

この機会に、良い感情で他者と対話できるように研鑚して下さい。

あなたが慈悲と愛を持って生活して行く事が出来るのではあれば、必ずや福運多き一年を送れることでしょう。

最後になりますが、いつも応援して下さる方々へ、心から感謝を捧げます。

ありがとうございます。

カズコ

合掌

healing hand.jpg

詳細ページ

http://uranaikazuko.main.jp/2020-mail-unsei/

パソコン

https://ws.formzu.net/fgen/S54647340/

スマホ

https://ws.formzu.net/sfgen/S54647340/