愛の存在を信じることで、地球と共に、魂を目覚めることが出来る光の時代に突入して行きます

j4.jpg

今朝、聖母マリア様と大天使ガブリエルからメッセージが届きました。

「愛の存在を確信して、覚悟を決めて、黄金時代を生き抜いて下さい」

大人になるにつれて、人生で歩むべき本当の道を見つけられないで、迷路に迷い込んでしまい、「なぜ?」「今の自分とは?」という疑問を持ち生き続けてしまう人は少なくないでしょう。

このような観念が根付いてしまった原因は、幼少時代に周りにいた人々によって、間違ったキャリアに進むように促されて来たからです。

魚座の時代は、権力、物質を多く持つことが勝利者である風潮が2000年も続きましたから、権力者、お金持ちである人が偉いという意識が根強く、その時代の末期に生まれた人々が現役で牛耳っている世界では、新星人は、戸惑って生き、理解できない感覚で生活していると、行き詰ってしまいます。

本当の自分の才能を見つけると、人生の輪が動き出します。

ストレスや苦境、さらには、絶望を感じるとき、多くの人々が神様、天使の助けを求めることでしょう。

助けを求めるときには、必ず、あなたの側に見えない存在者がいます。

また、辛い事を乗り越えた後には、大きな転機を迎えることになるでしょう。

あなたはもしかすると、創造性を活かした才能を持っている人かも知れません。

それは、あなたがまだ知らないだけで、その才能を開花させる時期に来ているかも知れません。

さらに、人によっては、海外を旅したり、移住したいと考える人も2020年の後半には増えて行くことでしょう。

スピリチュアリストの魂を持っている人は、自給自足で生活をしたいと願う人も増えることでしょう。

Age_of_aquarius_by_tropicalfairy.jpg

あなたが望んでいる生き方が、形になることになります。

その夢の実現を果たすためには、覚悟が必要になります。

このアセンション中、神様や天使たちに救いを求める気持ちが強くなるような出来事が各々の国で増えることでしょうし、個々でも、体感することになるでしょう。

私たちは、「愛」について考える機会が一生を通じて訪れます。

しかし、その「愛」というモノを見たという人は、1人もいません。

愛とは、それを手にとって、「ここに愛があります」ということは出来ません。

しかし、愛は、確かに存在するものです。

私たちは人種や宗教が異なっていても、その愛の存在を信じています。

「愛の存在」を、求めて、生まれ変わり、愛する人と出会い、愛する人のために何かしてあげたいという気持ちは、神様や天使達が私たち人間に向けて、想っていることと同じなのです。

愛とは、神様に似た存在ではないでしょうか。

bulee.jpg

あなたが困ったとき、苦しい時、きっと、「神様、助けて下さい」という気持ちが浮かんで来ることしょう。

古代から、多くの人々が神様を語り、多くの人々が信じて来たはずですが、これが神様ですという具合に箱から取り出すことは出来ませんでした。

古代から、多くの偉人たちが神様について語り、宗教、哲学、ポエム、文学が存在していますが、誰一人、神様の存在を証明することは出来ていません。

あのキリストでさえも、死を直前として、人々に神様の見せることは出来ませんでした。

創造性を形にして人々に見せるとき、いつの時代においても、人間にとって大事なものは、存在証明に繋がらないものが多く存在します。

《神様、愛、勇気、ヒーリング、叡智、善、優しさ、美、調和、慈悲、真心、無私》

moonwithgirl.jpg

これらはすべて、宇宙に存在するモノです。

光の世界において、これらの言葉を知らない人はいないでしょう。

しかし、この地球では、誰一人として、そうしたモノが、確かな存在だと証明することができないため、自分が進む道を他人の感性で決めてしまい、辛い気持ちを持ちながら、もがき、苦しむことになります。

アセンション後、遅くても、2030年以降からは、五次元の世界に生きる人々は、本当の意味で水瓶座の時代を生きることになります。

2020年という新しい時代の幕明けはもうすぐになります。

今後のこの地球に生まれて来る魂達の中には、「1」と「9」という数字がない子供たちが存在することになります。

カバラ学の数字で「2」という数字は、感受性や直観力、情緒を表しています。

もともと、「2」は、主体と客体、自分と相手など二つのものがあって成り立つ数です。

その意味は、コミュニケーションと深く関わりがある数字です。

大天使ガブリエルはコミュニケーションを司る役割があります。

murasaki-sun.jpg

また、「導き・覚醒・浄化」が大天使ガブリエルの役割です。

遠い昔、キリストは人々にこのようなことを言っています。

「神は愛なり」GOD is LOVE.

「神様は、その存在を証明するべきものではない、敢えて、神様に似ているものをあげよというならば、それは、愛である。その愛は、その存在を何びととも証明しえないではないではないか。何人も証明しえないにも関わらず、人々は愛の素晴らしさを知っているではないか。愛の良さも知っているではないか。そして、愛を手に入れんと努力し、その愛の力を信じているではないか。・・・。注:もっと、興味がある人は、ナザレの地で語ったキリストの愛の話をお読み下さい。」

混沌とした時代だからこそ、自分自身で歩む道を決め、目覚める覚悟を持つことです。

目覚めることで、自分の生き方が見えて来ます。

特に、芸術的な才能を繰り越して生まれた魂は、生き難い時代だからこそ、覚醒の時期である黄金時代を選択して生まれて来ています。

しかし、目覚めるということは、決して、生易しいことではないことは覚悟しておいて方が良いでしょう。

最初は辛いと感じることも多くあるかも知れません。

他人に批判されたり、理解されなくて、困惑するかも知れません。

もしも、本気で目覚めたいのであれば、執着やエゴ、そして、ネガティブな感情などを捨て、生まれ変わることです。

マイナスのエネルギーは波動が低いため、目覚めることは難しいです。

目覚めることを心から求めるならば、必ず、宇宙からのサポートが届くことになります。

それは、見えない形であなたの元に奇跡を呼び寄せてくれるかも知れません。

あなたが注いだ愛の量だけ、確実に、多くの祝福を受け取ることになります。

直ぐに、形にならなくても、諦めてはいけません。

絶妙なタイミングであなたの元に、奇跡が起こることでしょう。

愛のある言動を基本に、あなたの本来、進むべき道を歩んで行く事で、魂を輝かして下さい。

愛は永遠です。

pink-sky-33.jpg

愛は過去にあり、現在(いま)にあり、未来にあります。

愛は言葉です。

言葉なくして愛なく、愛なくして言葉はありません。

愛はよき言葉であり、よい想いであり、よき波動であり、よき調べです。

神様は言葉にてこの世界を作り出しました。

そして、愛は言葉にて人を作るのです。

愛に相手がどんな姿であっても、心が通じ合うのであれば、それは、調和です。

さらに、愛は祈りです。

愛なくして祈りなく、祈りなくして愛はありません。

神様は愛なり、愛は神様なり。

祈りによって私たちは存在しています。

私たちは愛の力を最大に発揮することが出来ることを知っています。

愛を込めて、メリークリスマス!

ありがとうございます。

israel27.jpg